FC2ブログ

独り言 その九十一

 大きいだけの鈴蘭です。

 最近サブのちび鈴をゆっくり育てています。
 …と言っても、クエストに行く時間も余りありません。
 メインキャラで金策のTA、GJ、メール、お話…これで一日が終わります。
 クエストに行く週末の休みもフレさんとご一緒する事が多いので、ちび鈴はお留守番。
 こうなってくると、専ら作業中にマグに餌をやるだけ…。
 なんとも辛気臭い育ち方をしていますw


 そんなちび鈴ですが…今朝の事です。
 少し時間に空きがあったので、コフィーの開放オーダーを進めようとクエストに出かけました。
 
 しばらくすると、別ブロックでフレさんと遊んでいたチームメイトから『手伝おうか?』との申し出。
 フレさんは先週末に作ったばかりのサブが居ます。
 聞けばLv.12になったところとか。
 ちなみにちび鈴はLv.22です。
 なるほど、確かに一緒に回るに不都合はありません。
 ただ、チームメイトには適正レベルの職やキャラが居ません。
 手伝う…という申し出は有り難いと思いつつも、お断りしました。

 『(自分が)面倒だろうし手伝うよ』→人に手間掛けさせるのが、そもそも嫌です。
 『一緒にしていると楽しいからさ』→前に別件で書いた気もしますが、自覚の無いことで期待をされても困ってしまいます。
 
 …こうした個人的な感情を別にしても。
 考え方の問題でしょうが…。
 こうしたものは、親しい間柄でもフェアであるべきだろうと思っています
 厚意に甘えていては、何れその関係も腐ります。
 お互いが望み望まれて…であったとしても、ある種の線引きが必要と考えるのが自分です。
 
 『楽しそうだし』と言われて、その期待に返せるアテがなければ自分はお受け出来ません。
 なんとも偏屈…と思われるかも知れませんが。
 これが自分なりのこだわりです。



 でも、こうした自分の屁理屈を超えてくる人には弱いんですよね…w







 noutさん、フィオナさん、ご一緒できなかったのは申し訳ないが…。
 そんな自分なのさね。
 呆れていただけると幸い…かな。

スポンサーサイト



コメント

  • 2013/03/20 (Wed)
    04:42
    【速報】

     先ほど、自宅警備保障代表の1号氏が辞意を表明。
         後任に2号氏を指名した模様。

      当局は2号氏の活動について監視をしており、
    1号氏の関与が明るみに出れば、追及は免れられない。
                      (識者談)
     当局の本格的な介入も時間の問題とみられている。



             提  供
       
        『自宅警備、入ってますか?』
            自宅警備保障

    鈴蘭 #- | URL | 編集
  • 2013/03/20 (Wed)
    08:22
    No title

    奇遇ですね、私も「利害が一致しない貸し借り」「一方的な好意」は
    あまり好きではありません。
    先日もとある方にお金貸してー><と言われましたが
    該当金額を渡し、不要分は返してもらった後に
    私「じゃあ○○で」相手「えっ」
    と、ある種の理不尽を借金の変わりに背負わせましたテヘペロ
    (その後「それだけじゃちょっとアレなのでコレ(9m分)あげますねと
    結局○○の部分よりオーバーしてるじゃないですかーやだー;
    というオマケつき)

    「一緒にしてると楽しいから」友達と回るのに、私としては
    これ以上の理由は基本的にありません。利害?かなぐり捨ててやんよ
    でも敢えてそこに理由をつけるのであれば…
    「このご時勢、明日何があるか分からない世の中で、
    仲良くしている友達と共に過ごす時間は、
    ただそれだけで、価値がある。」そう思っています。
    「向かった先でおもしろい事が起きる「かもしれない」」。
    「意外と知らなかった姿を見ることが出来る「かもしれない」」。
    私はその「かもしれない」が大好きな人間です。
    そこにレベルの括りなんて存在しません。
    (´・ω・`)まぁそれでも相手が遠慮するなら踏み込まないようにするけど
    また呼びますね(ゝω・)(ェェー

    えっと、更正させる会の郵送先は…
    (エネタン(投擲仕様)を50個程荷造りしながら)

    フィオナ #- | URL | 編集
  • 2013/03/20 (Wed)
    18:42
    No title

    「一緒にいて楽しい」
    これは特に何があるからって事じゃなく
    ただ単に文字通りの意味でしかないと思うけどな

    だから気負うことなくそのままでいいと思うよ
    っと思ってる今日この頃の桜です
    壁|ョ・ω・)

    桜 #G6c7C4cw | URL | 編集
  • 2013/03/20 (Wed)
    19:47
    No title

    適正lvじゃないと気を使ってしまってなんだか遊びにくいです(´・ω・`)
    楽しさとは難しいですねー

    白ノ衣 #- | URL | 編集
  • 2013/03/21 (Thu)
    04:35

    >フィオナさん
     コメント有り難うございます。
     『遊びたいから遊ぶんだ』…という主張には抗えませんねw
     『一緒に居ると楽しい』と言われてもピンと来ませんが、単純に『遊びたい』と希望されるのは、鈴蘭には分かりやすいです。
     期待されるのが心苦しいんですよね…w
     
     状況に慣れてしまう…というのは怖いです。
     いつの間にか、それと知らずに逸脱してしまうこともありますからね…。
     これも付き合いの深さで変わるのかもしれませんが…出来れば距離を保って行きたいものです。


    >桜さん
     コメント有り難うございます。
     うん、『一緒にいて楽しい』…と感じてくれるのは嬉しい限り。
     …反面、何を楽しみにしてくれているのかが分からず不安、というのは常にあるんですねw
     
     据わりの悪さがどうしても…^^;
     小心者の考えと思ってくださいな。

     そんな鈴蘭でも、また誘っていただければ幸いです。


    >白ノ衣さん
     コメント有り難うございます。
     そうですね。いかに気にしないと言っても、レベルの差というのは遊びの幅を限定する要因です。
     そんな理屈を越えて遊ぶ。
     それが出来るのが『楽しい』…のかも知れませんね。
     
     自分には難しそうですが…w

    鈴蘭 #- | URL | 編集
  • 2013/03/21 (Thu)
    07:02

     ※コメントの補足

     『一緒にいて楽しい』と言われて嬉しいのは確かです。
     ただ、おっしゃるご本人がどういった『楽しさ』を感じているのか。
     鈴蘭には、それが分かりません。

     鈴蘭にそれを求められても、提供できる確証がない。
     …不安なんですね。期待を裏切らないか。

     お分かり頂けないかも知れませんが…w
     それが鈴蘭です。

    鈴蘭 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する