独り言 その九百五

 大きいだけの鈴蘭です。

 現在、開催中のイベント『ARKS ORDERS RUSH』の企画の一環として、アークスに関する様々な数字を調査した報告書が、公式サイトに公開されています

ぱてぃえんてぃあ(´・ω・`)
            (C)SEGA

 年に一回公開されている、プレイヤーの動向に関する調査報告。
 私達が日頃、体感的、経験則的に計っている身近な事柄も、具体的な数字にされると、意外な結果を見せてくれたりします。



  …さて(´・ω・`)



 気になる『身長2m台の女性』の割合は…。
 …。
 グラフだけで、具体的な数字が出てませんけど…低そうですね…。
 2,3%…くらいなんでしょうか、これは。

 まぁ…サービスイン間もなくの頃は、『ほぼ0%』と言われていたことを思えば、随分と増えたものです。

 今は、ぐるりと周りを見渡せば…大柄な人をそこかしこに見掛けるようになりました。
 かつては倉庫端末に人が並ぶと、鈴蘭一人が飛び抜けているのが当たり前でしたが…;
 最近では、鈴蘭と目線がほぼ同じ人も珍しくありません。

 …サービスインから間もなく満四年を迎えるPSO2。

 この変化は、その長い時間の中で、アークスの多様化がそれだけ進んだということで。
 それだけ、この世界が豊かになった事の表れではないかとも思えます。

 個性的なアークスの姿形。

 これだけの多様な需要に応えるだけのコスチュームが増えた…その点だけを見ても、それが伺えますから。

 その変化…時間の流れには、感慨深いものがあります。



 しかし…。
 そんな感慨の一方で。

 この数字の重みは、何処にあるのでしょう?

 …そんな事を思った鈴蘭です。



 私たちの目に映る、この数字。
 アークスとしての私たちにとっては、数字以上の重みがある…と、思うのですね。



 例えばの話。
 調査報告書の『クエスト』の項目に『クエスト受注率』なるものがあります。

 期間中、アークスが最も多く受注したクエストは何か…その比率の一部が示されており。
 フリーエリア最多は『森林探索』、アークスクエスト最多は『ザウーダン討伐』となっているのが見て取れます。

 この数字だけ見れば、ナベリウスの低難易度のクエストが人気…とも、思えそうですが。
 では『何故』それが人気なのか。
 その部分は、この数字だけを見ても分かりません。

 恐らく、この『クエスト受注率』だけではなく、『クエスト達成率』の項目でもあれば見えても来たのでしょうが…。

 緊急クエストの受注に際しては、ロビーのカウンターからの受注は、瞬間的に多くのプレイヤーからのアクセスが集中するために、通信の遅延が発生しがちです。
 これを避ける為に、古参プレイヤー等は予め適当なクエストを受注しておき、キャンプシップ内で待機。
 時間になったら、キャンプシップ内の端末から緊急クエストに貼り替える…そうした通信遅延の回避策をとっています。

 この、待機に使うクエストの多くが『森林探索』であり、『ザウーダン討伐』であるんですね。

 きっと…受注率に比して、これらのクエストの達成率は、極端に低くなっているんじゃないかと思います。

 隔絶した存在として、私たちの手の届かない処に数字が在るのではなく。
 私たちアークスが、日々の行動の中で積み上げて来た結果が数字になっているのです。

 この数字には、数字以上の意味がある。
 …それが分かるのは、私たちが私たちであるからこそ。

 アークスとして。
 ユーザーとして。
 運営として。

 私たちの重み付けは、正しく出来ているでしょうか?



 …などと、あいもかわらず、くだらない事を考えていた鈴蘭ですが…。



 考えてる内に、この報告書…別の部分も気になってきました。

 TOPを飾るパティエンティアの姿…。
 この絵を見ていて、引っ掛かるんですね。

 今のところ、『プレイヤー』と『クエスト』の2つの報告書が公開されていて。
 そのそれぞれでパティエンティアの二人が案内を担当しています。
 冒頭の絵はクエスト編のもので…

ぱてぃえんてぃあ(´・ω・`)2
           (C)SEGA

 こちらが、プレイヤー編のものになりますが…。



  …ホント…(´・ω・`)



  気になるんですね…(´・ω・`)



  …パティの腕の位置が…(´・ω`・)



  もしや、これが姉の気遣いか(´・ω・`)?
  毎回、ネタになってますしね…ティアの胸…。



■コメントのお返事
 …また後ほど。
>すかいふらっしゅさん
 コメントありがとうございます。

 あー…WindowsNT…。
 なるほど、ニューテクノロジーですか。
 恥ずかしながら、その発想は全く頭にありませんでしたね…;
 新世武器の説明を見るに、『次世代の』とありますし…新しい技術で作られているのは確かなようです。
 もしかすれば、すかいふらっしゅさんの仰るとおりなのかもしれませんね。

 …ただ、そうすると…。
 広報隊についたNTはなんなのだろう…(´・ω・`)?



>黒羊さん
 コメントありがとうございます。

 私は、最初は『新世』と使っていたんですけど…。
 何かの時に、フレさんから『新生』というフレーズを聞いて以来、ずっと『新生』で通してました;
 言われて改めて見てみると、『新世』が正しいみたいですね。
 ご指摘ありがとうございました(`・ω・´)ゞ

 『NT』は、外国語の何か…とは思うんですけどねぇ;
 思えば、アークスの言葉のベースって英語のはずなのに、文化的には無国籍なのが…改めて思うと不思議だったり。
 今日の記事でパティエンティアに触れましたが…。
 パティが戦闘不能から復帰するときのオートワードが、『川が見えたよ』な訳で。
 いや、三途の川とか…貴女は何処の人ですかと(´・ω・`)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する