独り言 その八百九十五

 大きいだけの鈴蘭です。

 今日は定期メンテナンスの日。
 各種アップデートに併せて、ファッションアップデートが実施されています。

20160615s.jpg
                             (C)SEGA

 今回はヒューナルさんのなりきりセットですか…。
 【若人】にしろ【巨躯】にしろ…アークスに人気がありますし、首を長くして待っていた人も少なくないでしょうね。

 しかし、今回は【若人】【巨躯】【仮面】の三人だけ。
 【双子】が無いのは、どちらか一方では成り立たないから…ですかね?
 それに、実装しようにも両方同時に実装すれば、景品の数が増えすぎてしまいそうですし…;

 人気者の【敗者】は…以前にレコーダーズの実装がありましたし、今回はお預け?

 …ああ、いや。

 【敗者】は18日からの『しまむら』での営業があるから出られないんですね、きっと(´・ω・`)!!



 …ところで。
 今回のスクラッチはスタージェム(SG)に対応した、新方式なんですね。

 景品表示法の改正と、業界団体の対応。
 それに、運営の収益形態の見直しに伴うもの…でしたか。
 今後の方針では、スクラッチへの収益依存を減らす、という事だったと思いますが…。

 SG導入で、どう変わって行くのでしょうね…。

 まぁ…先のことなど、世情に昏い私には分かりかねます。
 まずは目に見える変化から確かめていきましょうか。



 あ…排出率が明記されるようになったんですね。
 ええっと…コスは…一律1.562%…ですか。

  …。(´・ω・`)

 …これって、高いのか低いのか、素人には今ひとつ分からない数字ですね;
 50回引いて、狙いの服が一着出るか出ないか。
 …そう言われると低いような…高いような???

 目に見えるものでも、理解するにはもっとモノを知らねばならないようです…;



― ◆ ―




 今週末には、月一の『PSO2放送局』の放送が予定されています。

 これに合わせて、質問コーナーで扱われる質問を、Twitterで募集していましたが…。
 『男女別のスクラッチには出来ませんか?』『強化素材などは別にしたスクラッチには出来ませんか?』などの、半ば要望と言ってもいい質問が多いらしいと聞きました。

 …まぁ、気持ちは理解できますね;

 ユーザーからすれば、『なんでこんな…』というものを手にしても扱いに困ってしまいます。
 出来ることなら、欲しいものばかりが並んでいるスクラッチであって欲しい、というのがユーザーの正直な気持ちでしょう。

 …でも。

 そこから一歩引いてみれば、流行りものの、人気のアイテムさえあれば経済は成り立つものなのか、という疑問があります。

 経済は運営の仕事…ではありますが。
 私達にとって何が良くて、何が悪いのか。
 意見すること、希望すること…その一つ一つを私達自身でも考えねばならないのでしょうね。

 運営が器を作るものではありますが。
 そこに何を入れるのかは、私達の判断に委ねられているのですから。



■考えすぎ?

 …ふと、思うところがあって独り言。

 他山の石、以て玉を攻むべし 『詩経-小雅・鶴鳴』

 他所の山から出た粗悪な石は、そのまま飾るには不向きでも、それを砥石に利用すれば、自分の玉を磨くのに役立つ筈である。

 故事として日本でも『他山の石』と知られていますが、最近は『人の良い面を手本にする』という意味で使用している誤用が多いのだとか。
 本来は『他人の誤りであっても、自分の修養の役に立てること』を指す言葉なのだそうです。

 中国最古の詩集である『詩経』が出典とされ、原文には以下のようにあります。



 鶴鳴于九皐 聲聞于天
 鶴九皐に鳴いて、声天に聞ゆ。
 魚在于渚  或潜在淵
 魚渚にあり、あるいは潜んで淵にあり。
 楽彼之園
 楽し、かの園
 爰有樹檀  其下維穀
 ここに樹檀あり、その下これ穀。
 佗山之石  可以攻玉
 他山の石、以って玉を攻むべし。



 …元々、この詩は同義の二つの詩から成るそうで、『他山の石』という言葉自体はここから生まれたものの、故事としては、詩が出来た当時に既に存在していたのではないか、とも考えられているのだそうです。

 冒頭の鶴の鳴く様は、『優れた人物は隠れ得ない』という事を比喩しているそうで、雑木であれ良い檀木(仏像製作に用いられる香木)を育てるのに必要なように…と続き、優れた人物にとっての『他山の石』の有為さを歌っています。



 …ここで、少し考えた鈴蘭です。



 『朱に交われば赤くなる』という言葉があります。
 良くも悪くも、人ととの付き合いの中で影響を受け、感化されて行く様を指す言葉ですが…。
 『他山の石』も、人ととの付き合いの中で、自身が変わって行く様を指すとするなら、一見、似た言葉のようにも思えます。

 しかし、この二つは、似て非なるものではないかと思うのですね、私は。

 自身の周りにいる一人一人が『他山』とするなら。
 何を『石』として持ってくるのか。
 その『石』を用いて、如何にして自分を磨くのか。
 …自分が、どう選択して、どう行動するのか。
 自分と『他山』を明確に分けて考えられるからこそ、『石』は『他山の石』になるのであって。

 『朱に交われば赤くなる』ように、自分と周囲を同一視し、自分の意志とは無関係に、自然と染まってしまうようなものではないと思います。

 ただ一人の相手とのことであれ。
 パーティの中でのことであれ。
 マルチの中のことであれ。
 チームの中のことであれ。
 もっと大きな括りの中であれ。

 『他山の石』であるのか。
 『朱に交われば赤くなる』のか。

 今の自分は、どちらであるのか。
 …どちらを望んでの、今なのか。



■コメントのお返事
 …また後ほど。
スポンサーサイト

コメント

  • 2016/06/16 (Thu)
    20:19

    また難しいこと考えてますねー(*´∀`)
    1.5って普通っぽい?
    前の排出量表記の時はコス0.68ってかかれてました(´´)
    SGの一回引くときの料金はACの2倍って考えるとちょっと高め、になってるのかな。

    そんなことよりもっとシステム回りをですね...
    アイテムパックのじょうげんを300くらいにしてください(°▽°)

    あいす #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する