独り言 その八百五十三

 大きいだけの鈴蘭です。

 出勤途中の時間を利用して書いている、このブログ。
 実は、全てを出勤途中で書いている訳ではなく。
 SSのアップロードや、思い付いたことを書き留めたりで、出勤前に手をつけることも屡々であったりします。

 …そんな訳で。
 今日も今日とて、いつもの書き出しを…と思ったところで、地震速報が(((´・ω・`)))オオゥ…!!?

 『熊本県の益城町で震度7』

 非常に激しい揺れです。
 マグニチュード6.4…ということで、地震の規模自体は比較的小さいようですが…。(東日本大震災はM9.0、阪神淡路大震災はM7.3)
 素人には、地震の規模というものは分かりづらいのですけど…マグニチュードの差から言えば、阪神淡路大震災の1/30程度の規模…いえ、もう少し差が小さい…みたいです。

 今回は震源が浅かった事もあって、大きな揺れになった…というのが、テレビで解説していた専門家の見解でした。

 熊本…阿蘇山とか大丈夫でしょうか…;



 こうして書いている間も、余震の情報が入って来ます。
 これだけ大きな地震のあった後ですし、暫くは気を付けないといけないでしょうね…。

 地震の直後、アークスシップでも安否の確認をしましたが…。

 チームメイトは、ほぼ全員のインを確認出来ているので一安心。
 フレさんでは…南にお住まいの方が何人かおられ、少し心配をしています。

 しかし、北にお住まいの方でも、何かで出向いている方がいるかもしれません。



  熊本の皆さんをはじめ、何事も無ければいいのですが…(´・ω・`)



 仕事が明けて住処に帰り着き、ニュースを確認しましたが…。
 地震の規模の割には、人的被害が少なかったようで…。
 しかし、それでも9人の方がお亡くなりになったと。
 心よりご冥福をお祈りいたします。

 週末からは雨模様ということで、二次災害の危険性が高まると聞きます。
 避難生活を送られている地元の皆さんにおかれましては、くれぐれもお気を付けくださいますよう。

 清正公の建てられた、天下の名城も破損したと聞きますが…。
 皆に親しまれているシンボルだけに…こんな時だからこそ、持ち堪えて皆を元気づけて欲しいものです。




■今日のニークス
 
 雑談の中、エリさんに伺ったのですが。
 金曜日から、20日に配信予定のアップデートファイルの先行ダウンロードが開始されます。

  【公式】4/20 “PC”版「分割アップデート」のお知らせ

 『分割』と称しながら、分割数が『1』て…。
 約18GBを一括ダウンロードってことですやん。

  金曜の晩の緊急、カックカクになるんじゃ…(´・ω・`)

 大丈夫ですかね…;
 アップデート当日の負荷を軽減する為に、金曜日の晩が悲惨な事になりそうで…今から不安です。

 通信環境によっては、金曜の晩だけでは済まない人もいるでしょうしね…。
 …まぁ。
 折角の休みにラグが酷くなるようなら…それすらもネタに。
 それ位の気持ちで臨みますかな。



ー ◆ ー




 その翌日。
 今週末の土曜には、定例の『雪割りの花』を開催予定ですが…。

  【公式】ニコニコ生放送公式『PSO2放送局』第41回放送のお知らせ

 …珍しく、ニコ生が土曜日にセッティングされています。
 見れば、土曜の晩は予告緊急がありません。

  …これは…来るな(´・ω・`)

 アンケート緊急枠ですよね、これは。
 個人的には、『雪割りの花』を『話をするための場』と、限定して受け止めて欲しくはないので…ニコ生を見ながら話しつつ、緊急へそのまま…という、日常のままの流れでも構わないと思っています。

 以前に、『そんなことで集まる意味があるのか?』という疑問を呈された方も居ますが…。
 日常と同じことでしかない…というのなら、そうなのでしょう。
 逆に、日常にはないもの…というのなら、それもまた、そうなのでしょう。

 結局は、何を拾い上げて価値のあるものとするか。
 その違いなのではないか…とも思います。

 私としては、些細であれ…何かの『きっかけ』を提供できるのであれば。
 『雪割りの花』を開く甲斐もあるだろう…そう考えています。

 …まぁ。
 堅苦しくは考えず。
 暇なら寄ってもみてください、ということで(´・ω・`)



■コメントのお返事
 …また後ほど。
>黒羊さん
 コメントありがとうございます。

 そうですね、どんな花をつけるか分からない蕾を、信じて待つのは難しいです。
 …一生を賭けて後悔がない、と言い切れるだけの自信があればいいのですけど…なかなか;
 私たちは、今を生きているのであって、歴史を振り返るように、結果を見通すことが出来ませんから。

 今回の話に出した信繁も、信じて待つことの苦しみや不安をずっと抱えていた人だったそうです。
 彼は、青年期から壮年期にかけての長い時間を、流刑地に幽閉されて過ごしています。
 その間に、縁のある人に送った手紙が残されていますが…。
 そこには、先の見えない生活に押し潰されてしまいそうだ…という嘆きがあります。

 英雄といえども、ということなのでしょうね。
スポンサーサイト

コメント

  • 2016/04/15 (Fri)
    19:20

    実はフレンドさんが震源に近かったらしく結構心配でした。
    インしてチャットしてたので余裕はあったんでしょうが、それでも・・・ね。
    アップデートの容量が足りない・・・。
    どうしよう・・・?

    黒羊 #- | URL | 編集
  • 2016/04/15 (Fri)
    19:57

    鈴蘭さんは電車の中で書いてるんですね。うちもそういう時期はあったんですけど、SSが貼れないのでいつしか家で書くように...

    寝る前に書くので読み直しもしないし、早く寝たいーってなるから文章がひどいことが多々(´-ω-`)

    鈴蘭さんの文章は読みやすくて好きです(*´∀`)

    こういうのってただ数書いてれば身に付くものじゃなくて、上手な人の文章の書き方をまねることからはじめるほうが良いみたいって最近おもうよーになりましたョ。

    あいす #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する