独り言 その八百五十二

 大きいだけの鈴蘭です。

 ホームで電車を待っていると…。
 最近は、色々なラッピングを施された車両が走っているのを見かけます。
 大阪環状線では、USJ関連のラッピング車両はお馴染みになっています。
 ホームで車両の写真を撮っている外国人観光客の姿をよく目にするのですが…こういうものは、他の国では珍しいんでしょうかねぇ…。

 そして今も…

  お、真田丸か…(´・ω・`)

 3月頃からでしょうか。
 大河ドラマ『真田丸』のラッピング車両が運行しています。

 歴史物が好きな鈴蘭なものでして…。
 今年の大河ドラマの『真田丸』は、結構楽しんで観ています。
 重厚な歴史物を希望している人には、少し…受け付けない内容であるかもしれませんが。
 歴史上の偉人といったところで、同じ人。
 時代が変わっても、現代の人と変わらない心がある…という切り口のドラマであるように思います。

 これはこれで、大変面白いです(´・ω・`)ウム



 …ところで。
 『真田丸』の主人公は、真田昌幸、信幸、信繁の親子となるのでしょうが…。
 歴史を後から一望できる現代の人にとって、真田信繁(幸村)という人は、戦国武将の中でも特筆すべきヒーローのような存在でしょう。

 第一次、第二次上田城攻防戦、大阪冬の陣、夏の陣…事あるごとに徳川家と対立し、これを退けた一族。
 これらの働きから、同時代の戦国武将が『真田(幸村)は日本一の武将』と称賛したと伝えられます。

 …実のところ。
 江戸幕府体制下においては、徳川家に敵対した豊臣家を称賛するような出版物の制作は禁止されましたが、真田については、この限りでは無かったそうです。

 一説には、『真田がこれだけ凄かったから、徳川が負けたのも仕方がない』と、間接的に徳川家の権威付けをするためのものだった…とも言われています。

 そのお陰で、江戸時代以降、軍記物や講談で華々しい活躍が語り継がれ、私達の時代にまで至っている訳ですね。



 …しかし。



 大阪冬の陣で活躍するまで、信繁は無名の存在でした。
 世に数多ある物語の英雄らしく、生まれながらに…という訳ではありません。

 むしろ、当時は信繁の父である昌幸の活躍こそが有名でした。

 徳川家康と対決する事を決めた豊臣家の呼び掛けに応え、信繁が大阪城に入城した際。
 『大阪城に真田が入城した』という一報を受けた徳川家康は、跳び上がって驚き、家臣に『まさか昌幸か?』と、恐る恐る訊ね返したそうです。

 実は、この時には昌幸は既に他界していたのですが…徳川家康は、それも自分を陥れる昌幸の陰謀ではないか…と、疑っていたようですね。
 家臣から『子の信繁が入城したようです』と言われ、『信繁? 驚かせるな』と、あからさまに安心したのだとか。

 徳川家康に侮られていた無名の信繁が、大阪冬の陣に臨んだ時。
 彼は既に四十七歳となっていました。



 『人間五十年』などと言われていた時代。
 本当に、遅咲きの英雄だったんですね。



 しかし…遅く咲いても、花は花。
 早く咲かねば勿体無い…というのは、人の我儘なのでしょう。 

 かくあれかしと望んだからこそ、大輪の花が咲いたならば。
 そこに遅いも早いもなく。 
 私たちは、それが在り難いと思うからこそ、ただ『美しい』と思うのではないでしょうか?



 果たして、皆にはどんな花がつくのだろうね…(´・ω・`)



■コメントのお返事
 …また後ほど。
>Kまめこさん
 コメントありがとうございます。

 まぁ、開店自体は随分前の事になるのですけど…;
 お忙しいのか、当のご本人のインが不確かで、あまり絡みには行けていないのですが。
 それでも、週末などにカフェにおられるのを見掛けたりします。

 以前に、何故ここを選んだのか…伺ったことがありますが。
 『何があるわけでもなくても来てくれるのが3鯖』…と。

 出来れば、応えてあげたいものですが…(´・ω・`)ハテサテ



>黒羊さん
 コメントありがとうございます。

 やっておられるようですよ(´・ω・`)
 …私自身、あまり機会がなくて足を運んでいないのですが…;
 何かの時にでも、訪ねてみてはいかがですかな?



 相手に伝えるに、何を大事とするか。

 …と言っても、そう大袈裟なことでもなく。
 結局のところは、黒羊さんの感じている…その『足りない』という思い、そのものとも思えます。
 それを自覚すればこそ、より努力しようともするのでしょうからね。
 
スポンサーサイト

コメント

  • 2016/04/14 (Thu)
    18:28

    花が咲くならその時期がいつでも構わないと考えている人は多いんじゃないかと思います。
    ・・・ただ遅い場合、このまま咲かないんじゃないかと焦ったり、そのまま諦めてしまったりもするのかなぁと・・・。
    成果が出ないのに出ると信じ続けると言うのは難しいですからね~。

    黒羊 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する