独り言 その八百三十七

 大きいだけの鈴蘭です。

 今日、和歌山県の桜の標準木に、五輪の花がついたそうです。
 ついに、関西にも春がやって来ました(´・ω・`)

 昨夜は肌寒く、ビックリしましたが。
 明日は小春日和というに相応しい、穏やかな陽気のようですし…。
 冬物も、そろそろお役御免なのかもしれませんね。



 …一方。
 画面の向こう…アークスシップを見渡してみても、未だ冬の気配が色濃く。
 春の便りは、もう少し待たねばならないようです。

 思えば、四季を当たり前にする日本人にとっては、こうした移ろいに何の不思議もありませんが。

 外国の人にとっては、どうなんでしょうかね…?

 常夏の国の人から見れば、このロビーの風景は仮想そのもの。
 浮世離れした光景に、ただただ物珍しさが先に立ってしまい。
 風情…というものは、感じ難かったりはしないのでしょうか?

 PSO2は、外国でのサービス展開もしていると聞きますし。
 機会があれば、そうした違いについて伺ってもみたいものです。



 異国間共通鯖とか…出来ないものですかのぅ(´・ω・`)



■今日のニークス
 大阪の感謝祭において目撃した、リアルトナカイさん。
 先日の有明にも行かれたようで…。
 ご当人が、Twitterにて踊っている様子を動画に収め、公開されていました。

  【動画】噂のトナカイさん

 …この姿を、ブログに動画を埋め込んでしまいたいところですが…。
 勝手をしてはマナー違反ですし、ここはリンクで我慢です(´・ω・`)

 しかし、こうして動画を見ると…心なしか、大阪で見た時よりも耳が萎れて、元気が無いようにも見えますが…。
 大阪―東京間を移動している事を思えば、草臥れもしますよね…;
 お疲れ様でした…本当に;

 またの機会に、今度こそ間近に見られれば良いのですけど…(´・ω・`)



ー ◆ ー




 少し前のことになりますが…。

 あるゲームのβテストの開始について、話題になっていました。



 私達が、常日頃から親しくしているオラクル。
 そこには、仮想と現実の区切りのない、価値を見出しているかと思いますが。
 しかし、如何に仮想現実といっても現実に身を置く我々が、五感で感じるものは限定的で。
 仮想であっても、現実とは言えず。
 仮想での出来事を、現実の私達が想像して補うことで、世界を作っているように思います。 

 そうした今の仮想現実から踏み出して。
 仮想現実が、本当の現実と変わらないものとなる可能性が、身近になりつつあるという…。

 技術の上では進歩です。
 …しかし、人にとっては…どう、なのでしょうね…?

 現実と遜色のない、五感に訴えかけるものがあればこそ、といったところで。
 結局は自身が、それを尊重しようとしなければ。
 如何に技術が進もうとも、価値など生まれようがないのではないでしょうか?

 何が変わろうとも人の為す事。
 相手を思い遣る心に、時代も技術も無い。

 …それだからこそ。

 そう思う鈴蘭です。



  まぁ…あれです。
  何が言いたいかと言えば。

  トナカイさんは良いものなのだよ、と(´・ω・`)



■コメントのお返事
 …また後ほど。


スポンサーサイト

コメント

  • 2016/03/23 (Wed)
    12:14

    トナカイはいい物だー!!
    (`・ω・´)トナー‼︎

    うにゃ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する