独り言 その八百三十四

 大きいだけの鈴蘭です。

 今週末は、春分の日の振替休日があって、世間様では三連休…と。

  …いえ、鈴蘭はいつも通りですが(´・ω・`)ナニカ?

 この連休中には、有明でアークスグランプリの決勝トーナメントが開催となります。
 このトーナメントも、今年で三回目でしたでしょうか?
 一度は行ってもみたいものですが…。

  近いようで、遠い(´・ω・`)

 新幹線で二時間あまり。
 大した時間的距離ではありません。
 …ただ、その価値は人それぞれで。
 同じ二時間であっても、その重みは全く違うものだと思います。

  少なくとも…私には重いんよねぇ…(´・ω・`)グゥ



― ◆ ―




 …最近。
 テレビの報道番組などを見ることではなく。
 ネットワーク上で、様々な国のニュースを翻訳したサイトを巡ることが、日々の楽しみになっている鈴蘭です。

 現実には数千km離れた土地での出来事であっても、ネットワークを介すれば、一瞬で知る事が出来ます。
 そこには、現実で問題となるような『重さ』はありません。

 世界でどんな事が起きているのか。
 世界の人たちは、どんな風に考えているのか。

 多くのことに、自分の意志で気軽に触れられるネットワークは…本当に楽しいと感じます。

 …ただ、一方で…。

 サイトを眺め、楽しむ中。
 自分自身のものの見方に、ある偏りが生まれているようにも感じています。



 …それは、『見たいものだけを見る』『楽しいものだけを楽しむ』という…そんな偏りです。



 『良い』と思うものだけを選り分けて、それだけを見て事の全てとしてしまう。
 そんな、ものの見方。

 …果たしてそれは。

 正しく、『物事を知る』という行為になっているのでしょうか…?



ー ◆ ー
 



 …一つ、この『偏り』に通じるかもしれない心配事に、心当たりがある鈴蘭です。

 現実の私達が住まう社会は資本主義…自由競争の社会です。

 人に先んじる事で、認められる。

 ニュースの多くが、そうした『人に比してどうなのか?』という優劣で事の価値を計っているようで。
 それらを目にする度、それが…それだけが大事なのだろうか…疑問にも思うのです。

 私の言葉で伝わるものか、自信がないのですが…。
 最近、そうした疑問を感じる度に。
 以前に独り言で触れた、ヤスリ職人さんが思い返されます。

 物事で、人に先んじるばかりではなく。
 物事に長じることに、大事があるのではないだろうか…と。

 自分の信じるものに打ち込む。
 
 それは、他人に認められる為の生き方ではなく。
 自分自身に恥じない為の生き方…というものではないでしょうか?

 結局…人と比べたところで、自分であることには変わりありません。
 人と比べることで、自分が変わるというのなら…それは、多分、良くない変化だと…そう思います。



 『良いものを選ぶ』という行為の中。
 ネットワークの便利さに甘え。
 自分に大切なものがあるように。
 相手にもまた、大切なものがある。
 その、当たり前のことを見失ってはいないか。
 『楽しくしたい』…そんな、自分だけの都合で。



 …考えたようで、まとまりきりませんでしたな…;
 わかりにくい文に付きあわせてしまい、申し訳ないです(´・ω・`)  




■コメントのお返事
 …また後ほど。

 
>オードリーさん
 コメントありがとうございます。

 良かったのかねぇ(´・ω・`)

 別れに際しての後悔…というばかりではなく。
 普段にもっと出来ることがあったのでは…と思うことが頻りなのですね。

 …ただ、仰るように。
 ネットワークでの事であればこそ、弁えるべき線はあると私も思います。



>Kまめこさん
 コメントありがとうございます。

 なるほど(´・ω・`)

 ただ、リアルを含めた付き合いは、人それぞれ…関係を持つ当人同士の問題でもありますし。
 一般論で枠をはめるのも、野暮になる…かもです。

 …とはいえ…一般論になるくらい、枚挙に暇がない事でもあるわけで。
 老婆心が顔を覗かせる話ですよね…(´・ω・`)

 戻るに戻れない…というのは、失礼ながら…まめこさんらしいですね;



>ナイトワイズさん
 コメントありがとうございます。

  チームの籍は残す所存(´・ω・`)

 何れ縁があれば、また会うこともできるでしょう。
 その時を楽しみにしておくことにします。

 帰る場所があれば、思い出してもくれるでしょうしね。
スポンサーサイト

コメント

  • 2016/03/18 (Fri)
    18:56

    ネットの世界だけにとどまらない事かと思いますがネットだと特に顕著な気はしますね~。
    自分が同意できない意見を聞くと言うのは難しい事かと思いますが、同意や共感が出来ない意見の中に頷ける部分を見つける努力はしていきたいものですよね~。

    黒羊 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する