独り言 その八百二十二

 大きいだけの鈴蘭です。

 今日から3月になりました。
 私の住む地域では、もう冬と言うには相応しくない時期です。
 てっきり、このまま暖かくなるのかとも思っていたのですが…。
 昨日今日と、冬の気配が色濃く。
 特に強い寒風に悩まされています(´・ω・`)

 油断していては、体調を崩してしまいそうですね…;

 先日には、天皇陛下がインフルエンザに…というニュースがありました。
 以前から『今年はインフルエンザが大流行している』という話は聞いていたのですが。
 あまり実感というものがなく、『大変だなぁ(´・ω・`)』…と、何処か遠くの世界の話のように捉えていたのですが…。

 およそ罹るとは思っていなかった方の話を聞いて、俄に不安になってしまいました;

 …自分も注意せねば(´・□・`)マスク!!



■考えすぎ?

 最近、東アジアの情勢を伝えるニュースを、よく見かけます。

 政治、経済、思想、民族…それぞれが複雑に絡み合う現代の世界において。
 新しい冷戦構造が構築されるのではないか…という専門家のコラムなどを読むと、大変な時代になったものだと思います。

 日本がこれからどうなるのか。
 私のような無知な人間には、皆目見当がつきません。
 何をどうすれば…という考えなど、思い付きもしないので。
 目にする様々な意見に、ただただ感心し、右往左往するばかりであったりします。

 …ただ。
 色々と見て回ってみて一つだけ。
 印象に残った言葉があり、思うところの出来た鈴蘭です。



 『日本には様々な技術があり、ものづくりの文化がある』



 世界では長らく、日本の『ものを作る』技術の高さが評価されてきました。
 …それは、非常に誇らしく思える事には違いないのですが…。
 その言葉を用いるにあたって、忘れてはいけないことが、疎かになってしまってはいないか。
 …そんな心配をした鈴蘭です。

 『聯合艦隊解散之辞』というものがあります。
 これは、日露戦争終結後に、連合艦隊が解散するときに読み上げられた、東郷平八郎の訓示です。
 司馬遼太郎の『坂の上の雲』にも出てくるので、ご存じの方もおられるかもしれません。

 …長いので、原文からその一部…最後の部分だけを拾い上げますが…。



□原文(一部抜粋)
 飜ツテ之ヲ西史ニ見ルニ、十九世紀ノ初メニ當リ、ナイル及ビトラファルガー等ニ勝チタル英國海軍ハ、祖國ヲ泰山ノ安キニ置キタルノミナラズ爾來後進相襲ツテ能ク其ノ武力ヲ保有シ世運ノ進歩ニ後レザリシカハ、今ニ至ル迄永ク其ノ國利ヲ擁護シ國權ヲ伸張スルヲ得タリ。
 蓋シ此ノ如キ古今東西ノ殷鑑ハ爲政ノ然シカラシムルモノアリト雖モ主トシテ武人ガ治ニ居テ亂ヲ忘レザルト否イナトニ基ケル自然ノ結果タラザルハ無シ。
 我等戰後ノ軍人ハ、深ク此等ノ實例ニ鑑ミ、既有ノ錬磨ニ加フルニ戰役ノ實驗ヲ以ツテ、更ニ將來ノ進歩ヲ圖リテ時勢ノ發展ニ後レザルヲ期セザル可カラズ。
 若シ夫レ常ニ、聖諭ヲ奉體シテ、孜々奮勵シ實力ノ滿ヲ持シテ放ツベキ時節ヲ待タバ、庶幾バ以テ永遠ニ護國ノ大任ヲ全ウスル事ヲ得ン。
 神明ハ唯平素ノ鍛錬ニ力メ戰ハヅシテ既ニ勝テル者ニ勝利ノ榮冠ヲ授クルト同時ニ、一勝ニ滿足シ治平ニ安ンズル者ヨリ直ニ之ヲ褫フ。
 古人曰ク勝ツテ兜ノ緒ヲ締メヨト。


□現代訳 【現代訳:名言格言集 連合艦隊解散の辞
 考えるに、このような古今東西の教訓は、政治のあり方にもよるけれども、そもそもは軍人が平安な時にあっても、戦いを忘れないで、備えを固くしているか、どうかにかかり、それが自然にこのような結果を生んだのである。

 われわれ戦後の軍人は、深くこれらの実例、教訓を省察し、これまでの練磨の上に、戦役の体験を加え、さらに将来の進歩を図って、時勢の発展におくれないように努めなければならない。

 そして常に聖諭を泰戴して、ひたすら奮励し、万全の実力を充実して、時節の到来を待つならば、おそらく、永遠に国家を護るという重大な責務を果たすことが出来るであろう。

 神は平素ひたすら鍛錬につとめ、戦う前に既に戦勝を約束された者に、勝利の栄冠を授けると共に、一勝に満足し、太平に安閑としている者からは、ただちにその栄冠を取上げてしまうであろう。

 昔のことわざにも「勝って兜の緒を締めよ」とある。




 …これは、海軍軍人の心構えや、在り方を説いたものですが。
 決して、私達に関係のない…普遍性の無い話ではないと思います。

 最後の一節にある『神明ハ唯平素ノ鍛錬ニ力メ戰ハヅシテ既ニ勝テル者ニ勝利ノ榮冠ヲ授クルト同時ニ、一勝ニ滿足シ治平ニ安ンズル者ヨリ直ニ之ヲ褫フ。』という言葉は。
 
pso20160229_215535_003.jpg
            (C)SEGA

 この仮想世界で過ごす時間の中にも、通じるものがある。
 …そう思う鈴蘭です。



 …っと、時間が。
 また後ほど…と言って、今日はFC2のメンテナンスだったんですね;
 追記が遅くなり申した…(´・ω・`)




 何かの目標に到達する事に、至上の価値が認められている訳ではなく。
 目標を定め、常に自身で前へと進み続ける事にこそ、ものの大事があるのではないでしょうか?

 自分自身で先を望んで、前へと進み。
 そこに周囲の人たちが認めてくれる結果がついてくるのであれば。
 それを喜びとし、楽しみとする。

 自らが楽しむべきを楽しもうとするからこそ、それが遊びとなるのであって。
 自分が立ち止まっている事にも気付かずに、『進まない』と嘆くばかりでは。
 遊びは、遊びの体を成さないのではないか…とも思います。

 仮想世界の遊び。
 遊びのための仮想世界。

 …その在り方は、現実のそれとかけ離れたものでは有り得ない。
 そうは思えないでしょうか?



■コメントのお返事
 …また後ほど。
>月神セレナさん
 コメントありがとうございます。

 不具合が起きるのは、ある意味仕方のない事ではないか…とも思います。
 稼働テストを並行して行っている以上、既存のサーバーにも某かの影響が出てもおかしくないでしょうし。
 それを正式サービス開始までに洗い出すのが、目的にもあったのではないか…と。

 …既存のサービスに影響の出るようなテストはどうなのか…という話はありますけどね;
 個人的には、運営が事前にアナウンスをしてくれるのであれば、そうした協力はしても良いんじゃないかな…とは思っています。
 ゲームユーザーは、運営に尽くされるだけのゲストというわけではなく。
 運営とともに、そのゲームを育てる存在でもあるのでしょうから。



 おー…ベンチマーク、良い数字が出てよかったですね。
 設定6は、綺麗なのは確かなのですが…光の加減が、好みの分かれるところのように思います。
 森林浴気分を満喫するには、いい塩梅かとも思うのですが…。
 ULTとか…ちょっと怖いんですよね;

 お互い、目が眩まないように注意することにしましょう;



>黒羊さん
 コメントありがとうございます。

 無理なく補填…というのが理想ではありますが。
 既存の緊急の消化スケジュールもあるでしょうし…難しいかもしれません。
 個人的には、その時の緊急に参加できなかったのは、残念といえば残念ですが。
 補填のために、ユーザー全体に不便を強いるようになっては…なにか釈然としないものを感じます。
 運営としては、しない訳には行かないのでしょうが…。
 落とし所を別に見つける、発想の転換も必要なのではないか…そう思います。



 待ちに待った設定6環境なのに、手持ちのコスが体験版に持ち込めませんで。
 お褒めいただいて恐縮ですが…自分的には、ちょっと不本意なSSであったりするのです;



>Kまめこさん
 コメントありがとうございます。

 スケジュールの消化…多分、運営上の都合などもあって、『やらなければならない』という決まりがあるのやもしれず。
 穴を開けた以上は、是が非にでも…ということなのかもしれません。
 逆に…そうした都合でないなら、プレイヤーの負担になるほどの詰め込みは、対応としては筋が違ってしまうのではないか…とも思います。
 利を贖うばかりが形ではないでしょうから。

 設定6は綺麗だとは思うのですが。
 戦闘に適したものであるのかどうか…その点に、少し不安を感じています。
 先にも触れましたが、ULTとかがねぇ(´・ω・`)

 今回の体験版でベンチスコアが伸び悩むようなら、グラボを労って設定6は諦めるつもりでした。
 しかし、実際にやってみると思いの外に良いスコアが出たので、ちょくちょく利用しようかと考えなおしています。
 グラボへの負担を思えば控えるべきという、まめこさんの考えに私も賛同しますが。
 …やっぱり、綺麗なSSも撮りたいですしね;

  頑張って、PCさま(´・ω・)ノシ■ナデナデ
スポンサーサイト

コメント

  • 2016/03/02 (Wed)
    19:51

    遊びなんだから楽しければ良いじゃないと言う考えは基本的に正しいと思ってます。
    しかし楽しみ続けるためには実のところ、努力や配慮、我慢も必要じゃないかなぁとも思います。
    他人がどう思おうとどう言おうと関係ないって人は多くは無いと思いますし、積極的に楽しもうと言う姿勢が無くても楽しめなくなるでしょうし。
    案外自分が楽しむって事は簡単な事では無いですよねぇ。

    黒羊 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する