独り言 その七十九

 大きいだけの鈴蘭です。
 
 SAF2開催まで、告知用として最上段に記事を置いてますが。
 カウントダウンの表示は手作業での更新となっていますので、ブログ更新をお休みしている週末は表示がおかしくなってます。
 残日数は『だいたい』で見てください。
 このいい加減さが、『大きいだけの』由縁です。

 

■考えすぎ?
 チャットでの意志疎通。
 顔の見えない相手との、文字だけでのやり取り。
 相手の心情が声の調子や表情、態度で見て取れる現実と違い、ほぼ文字だけで全てを賄わなければなりません。
 それだけに、相手に伝えるべき言葉を誤れば、容易に誤解を生んでしまいます。

 βテスト当時、『顔文字使用の是非』について論じている方がいらっしゃいました。
 あの当時はあまり深くは考えなかったのですが、自分なりに思うところがあって、独り言…。

 表情を文字で表現する。心情を伝えるツールとして、顔文字は有効であろうと思います。
 同じ文面でも、顔文字を加えることで、どういった心情から発言されたのかを、相手に伝えることが出来ます。

 便利…と思いつつも、これを安易に使うのは個人的には避けたいと思っています。
 テンプレートとして辞書に登録された顔文字を、ただ選択して使うだけ。
 使うことに慣れてしまうと、本来ならば自身の心情を表現するためのツールが、陳腐化することでその人自身の持つユニークを失わせてしまっているのではないか…そんな風に思うのです

 意志疎通を図る上で、会話のテンポというのも重要です。
 しかし『便利さ』『速さ』を求めて、テンプレートの感情表現に依存してしまっては、その人自身が見えなくなってしまわないでしょうか?
 人からテンプレートの反応をされたとき、『この人は自分とのやり取りの手間を惜しむ人なのか…』と感じる事があります。
 多用されればされるほど『それにどれだけの意味があるのか?』と疑ってしまいます。
 文章が稚拙であろうとも、入力が遅くとも、その人が自身で考え、手間をかけたその人自身の言葉が欲しい。
 …そんな風に考える鈴蘭です。

 …古い考え方でしょうか?

 ですが、気心の知れた相手であろうとも、普段の意志疎通に手間を惜しむような事になれば、そのうち相手が見えなくなりはしないか。
 文字だけで伝えなければならないからこそ、惜しんではいけないところがあるのではないか。

 普段ご一緒する方達が、ご自身の言葉を使われる方だからこそ、感じるのかもしれません。
 顔文字を自己表現の一つとして使うのはいいと思います。
 ですが、知らず自分が使われてしまってはいないか。

 …などと考えてみたりしました。

スポンサーサイト

コメント

  • 2013/03/04 (Mon)
    07:08

     『手間を惜しんだ』=『蔑ろにした』…という風に捉えられれば、相手に不快感を与えかねません。
     同じように考える方が他にも居るからこそ、『顔文字使用の是非』なんて話が出たのかとも思います。
     この可能性がある以上、自分としては出来る限り使用しないようにしています。

     自分のよくお話する方達のお考えを伺ったことはありませんが、たまたまなのか顔文字を使う方がおられないんですよね。
     もしかすると、自分の考えとは別に何か共通の認識でもあるんでしょうか…?

     こうした事情に疎いので、見当違いの事を言っているのかもしれませんが…。
     ただ、顔文字に限らず、コミュニケーションの中のある種の『慣れ』や『思い込み』からくる誤解は怖いものだと思っています。

    鈴蘭 #- | URL | 編集
  • 2013/03/04 (Mon)
    10:39
    個人的には~

    オハヨウゴザイマス
    私は顔文字使う方ですね~ブログもあんなんですし……

    もともと使わない派だったんですけれども、これは失礼とかそういうのではなくて、
    顔文字使う=文章力が落ちる
    という認識だったので、トレーニングのつもりで使わないようにしてました
    でも、オンラインゲームに親しむようになって、顔文字あるなしのチャットを見て色々思うところあって、ここに至ります
    どう色々だったかは、正直忘れてしまいましたけれども……;

    「^^」がムカツク、とか、「w」の数にこだわる人もいるので、難しいものですねぇ

    と、がんばって顔文字使わずに書いてみる……

    keikei #ntbreMG6 | URL | 編集
  • 2013/03/04 (Mon)
    21:04
    No title

    >keikeiさん
     コメントありがとうございます。
     そうですね、自分も効果的に使うと文章の「間」を補う事ができるものだと感じています。
     正直、自分も「それは困ったよね」とか言葉にするより、「(´・ω・`)」とだけ入れたほうが、場に合ったイメージのようなものを、直接的に伝えられているような気がしています。
     言葉不足だと相手に上手く伝えられず、あえてイメージだけをぼかして伝えることで…といった具合でしょうか。

     …ただ、keikeiさんの言われるように、難しい部分もあります。
     記号である以上、相手も同じ価値観を持っている人でないと伝わらない…。
     自分は、初見の人に使うには「怖い」と感じてしまいます。
     
     …ほんとに難しいですね…。

    鈴蘭 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する