独り言 その八百十

 大きいだけの鈴蘭です。

 この週末…土日は、全国的に暖かくなるようです。
 『暖かくなる』という予報自体は、既に先週の時点で知らされていましたし、驚くには値しないのですが。

 気象庁のサイトで週間予報が確認してみると…。

 東京では、条件次第では日中の気温が25℃を超え、夏日にもなるかもしれないそうです。
 九州以南では、もう普通に夏日の予想ですね…;

 土日は風が強くなる可能性があり。
 『春一番』が吹くかもしれない、とのことです。

 これでは…暖冬云々以前に、冬が終わってしまいそう。
 春一番が吹き、夏日となる週末。

 『季節らしさ』というものは、何処にあるのでしょうか…;



  …冬を越えてこそ、春の歓びがあるにのぅ(´・ω・`)



■考えすぎ?
 今の私の住処は、大阪の観光スポットの程近くにあります。

 この住処で過ごすようになって、もう随分と経ちますが…。
 住処を一歩外に出れば目に出来るランドマークは、いつも変わらない姿で其処に在り続けています。

 いつの時代も変わらない姿。
 だからこそのランドマーク。

 そのランドマークとは対照的に、いつも人で賑わう街は、時々の流行り廃りで変化しており。
 ランドマークの周りを取り巻く人と街だけが、世相を伺いながら忙しなく動いています。

 ランドマークを中心に街を眺めれば。
 うねるような街の激流の中、ランドマークは静かに佇んでいるように見えるでしょうね。



 近年、街では中国からの観光客の皆さんが大型バスでやって来ては、土産物を沢山買って帰る光景を目にするようになりました。

 英語、ハングル、中国語…年々、街中の店に掲げられる看板には、外国語が増えていきます。

 時代と共に変わっていく様を見ると、街自体が一つの生き物のようで。
 そこに、生きるもの特有の『逞しさ』を感じることが出来ます。



 ただ、そんな街を頼もしく思う一方で。
 街の姿の変わり様を見て…思うのです。

 人気の品を『売れるから』と、仕入れて店先に並べるのが『商売』です。
 それぞれの店が、様々な分野の商品を取り揃えて、お客に提供する。

 お客に満足してもらう為に、不足のないように。
 それが上手な『商売』なのでしょう。

 …しかし…。

 そうして、所狭しと人気の品が並べられた店先には。
 本当に、お客が求めているモノがあるのでしょうか…?



 これは、商売の何たるかを知らない、鈴蘭の素人考えに過ぎないのかもしれませんが。

 お客の為に…と、気を回すほどに。
 得てして、お客が望んでいるものから、遠ざかるようにも思うのです。

 自分とは全く違う文化に触れる。
 …それが、旅の醍醐味の一つであるならば。
 お客を『もてなす』為にこそ。
 敢えて『変わらない』という選択もあるのではないでしょうか?

 見慣れたランドマークを仰ぎ見て。
 ふと、そんな事を考えた鈴蘭です。



 これは。
 PSO2のコンテンツにも、通じるものがあるように思うのですね(´・ω・`)




■コメントのお返事
 …また、後ほど。
>黒羊さん
 コメントありがとうございます。

 フォトン的な何か…なんでしょうかねぇ;
 アークスの組織が管理する、システム上の問題であるようにも思うので。
 或いは、そもそもの『食べる』という行為が、実はアークスにはもっと別の意味を持っているのかも?

 …あれこれと考えて、世界の隙間を埋めていくのは楽しいものです(´・ω・`)


>オードリーさん
 コメントありがとうございます。

 言葉の重み…というものを知るには、良きにつけ、悪きにつけ、得難い機会を与えてくれるツールだと思います。
 ただ…仰るように、不特定の人への曖昧な発言…というのは、まさにその通りでしょうね。

 多くは、誰に向けたわけでもなく呟く、独り言のようなもので。
 本来は、双方向の密な遣り取りを望むものではなく。
 ただただ、思いつきを吐き出すだけのツールなのかもしれません。

 しかし。
 これは、あくまで道具に過ぎず。
 どう使うべきかを人間が考えて使えば、そうそう間違いなど起きないのではないか…とも思います。
 (…楽観にすぎるかもしれませんが;)

 自分が手にしている道具の可能性に、自らで気付くか否か。

 その道具とは、Twitterであり。
 また、自分の言葉そのものである…と思います。
スポンサーサイト

コメント

  • 2016/02/12 (Fri)
    05:59

    お客様の要望を聞き過ぎるとなぜか駄目になったりするって話を良く聞きます。
    そこら辺の兼ね合いは商売をやってる人達も頭を悩ませているところでしょうねぇ。

    黒羊 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する