独り言 その八百八

 大きいだけの鈴蘭です。

 明日は定期メンテナンス。
 アークスシップは、一足早くバレンタイン一色に染まります。

 毎年毎年、この時期に灼熱の洞窟に繰り出すアークス達ですが。
 ただ、場所がアムドの火山である都合上…。
 例年の事として、アークスからの不満が多く出るイベント、という印象があります。

 ドロップ的には、ダガッチャ、ダーカッシュといったダーカーと、火山在住の龍族が多く登場するため、流行りものの装備が出ないという点。

 火山名物の『障壁解除』のEトライアルが多発するため、キー回収にマルチの参加者が分散してしまい、安定したマルぐるが難しい点。

 クエスト開始が、途中参加可能な非ポーター式。
 加えて、マップの降下位置がランダムのため、合流までのロスが発生する点。

 …毎年、何かと問題を指摘されてきた、アークスのバレンタイン。
 その度に修正され…。
 ドロップに関しては、エリア限定のドロップが設定されるようになりました。
 『障壁解除』は、発生しないように門が取り除かれました。
 合流のロスは、マップの形状を工夫する事で軽減されました。

 …そうして年々、姿を変えてきたクエストです。

 改めて思い返して見れば。
 これほど、その時々のアークスの希望を反映したクエストは、他に無いように思います。



 さて…果たして今年は、どんなバレンタインになるのでしょうね…?
 今から楽しみです。



 …一方で、散文的な事を言えば。
 今年は、新職のサモナー実装から間もなくの事もあり。
 バレンタイン緊急はバーストが起きやすく、レベリングには好適のクエストでもありますし。
 各レベル帯で、広く賑わいを見せてくれるのではないか…とは、思います。

 …ただ。

 こうした効率/非効率の話だけではなく。
 後々、振り返ることのできる記憶を求めて、参加をするのも良いのではないでしょうか?

 何故なら。

 楽しさや喜びだけではなく。
 嘆きや悲しみもまた。
 自分自身が感じればこその事。

 正であるか負であるかに、事の大事があるのではなく。
 それを自身が経験する事にこそ、大事があるのではないか。
 
 …そんな事を思う鈴蘭ですから。



■告

 来る2月13日(土)に、恒例の『褐色集会』が開催されます。

褐色集会201602
            (C)SEGA

 今となっては、鈴蘭から特に言うべきことはありません(´・ω・`)

 なにか特別なことではない、特別なこと。
 …そんな『特別』に、ご興味をお持ちになられた奇特な皆様におかれては。
 是非、ご友人とお誘い合わせの上、お気軽にお越し下さいまし。



  今回も門番を頑張りますかな…私は(´・ω・`)



■コメントのお返事
 …また後ほど。
>黒羊さん
 コメントありがとうございます。

 メンテ明けからのスクラッチ更新分で、Ep.4で衣替えしたNPCのコスが配信されるようです。
 今回は、ラボやオペレータの制服がメインのようですが…これらがレイヤリング対応みたいですね。

 こうした形で配信するということは…NPCの衣替えも今後は増えるのかもしれません。
 運営さんも、何か活かす形を考えてくれると信じて…ここは注目していきましょう(´・ω・`)



>月神セレナさん
 コメントありがとうございます。

 ジラードさんについては。
 単にストライプのジャケット…というだけのことなんですが。
 カラーがカラーだけに、某コンビニチェーンを髣髴とさせるものがあります。
 あのコンビニチェーンでも、アニメやゲームとのコラボは積極的に行っている印象がありますが…PSO2はやらないのかな(´・ω・`)?
 他社でやっている以上、別会社でもやることはないんでしょうかね;
 …それはそれで勿体無いようにも思うんですけどねぇ…。



 ベース云々に関しては。
 ロビーのモニターで流れている次回のスクラッチの告知を、全く見ていなかったもので…;
 事前の心構えがなかった分、この方向性には随分と驚かされました(´・ω・`)

 他社のゲームとのコラボの場合、キャラクターコンセプトを逸脱しては意味が無いでしょうし。
 レイヤリングには非対応…というのが多くなりそうにも思います。

 キャラクターの性格付けのために、シンボリックな一張羅を年がら年中着ているのが、主人公というものですしね…(´・ω・`) 
スポンサーサイト

コメント

  • 2016/02/10 (Wed)
    11:56

    なるほど、そういう考え方もあるんですね。
    凄く良い考え方だなぁと思います。
    最初からやっておけ、とか言うより平和ですよね~。

    黒羊 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する