独り言 その七百九十七

 大きいだけの鈴蘭です。

  今日の大阪は大変に寒い一日でした…(´・ω・`)

 スマホ様から自分の住む地域の気温が確認できるのですが…。
 体感気温が『-10℃』とか…。
 こんな数字、大阪で見た記憶がありません;

 今日は西日本各地で観測史上最低気温の記録を更新したと聞きます。
 九州で雪が10cm以上積もったり。
 沖縄ですら霙が観測された…とも。
 今年は暖冬、という言葉がウソのようです;
 
 しかし…。
 来週は一転して暖かくなり。
 聞けば、20℃を超える陽気にもなる見込みなのだとか。

  一気に30℃も上がりますか…(´・ω・`)

 2月の札幌、大阪、東京でのファンタシースター感謝祭。
 今から当日の天気が心配になってきました…;



■考えすぎ?

 7分間の新幹線劇場 Tokyo's seven minute miracle

 これは、新幹線の清掃作業を請け負う会社…JR東日本テクノハートTESSEI…の清掃チームが携わる、新幹線の清掃作業の手際の見事さを賞賛する言葉なのだとか。

 旧国鉄において車両の安全管理に携わっていた矢部輝夫氏が異動となり、清掃チームを率いることになったそうですが…。
 異動した当時は、良い仕事の出来る職場環境…とは言えない状態だったそうです。

 安全管理の専門家である矢部氏曰く…

  『これだけはやらなくちゃいけない』
  『これだけやっていればいい』

 …そんな意識では事故がなくなることはなく。
 もし『マニュアルさえ守っていればいい』というだけで事故がなくなるのなら、とっくの昔に事故はこの世から消え去っており。
 いくらルールを決めたり、安全システムを作ったりしても事故がなくならないのは、機械を操作しているのが『人間』であればこそのこと。
 その大元の人間の『やる気』を引き出したり、集中力を高めたりすることができなければ、事故を防ぐことはできはしない。
 …それが矢部氏の持論なのだそうです。

 …では、どうやって『やる気』を引き出すのでしょう?



 多くの人が作業に携わる現場においては。 
 現場で働く人、一人一人が当たり前のことを当たり前にすることで成り立っており。
 必ずしも、一部の優秀な人間が現場を支えているわけではない、ということ。

 それを皆が理解し、それこそ優秀な人間ではなく…当たり前のことをしている人をこそ認め、尊重する。
 そうして、自分が当たり前にしていることが周りに認められることで、ただの行為だったものに意義が生まれ。
 『人のためになっている』という実感が、当たり前の行為を『自分の役割』として、誇りを持って果たすに足るものにするのだろう…と。



 …大袈裟に聞こえるかも知れませんが。
 でも…人と何かをする、という何事にも通じる話ではないだろうか…と、感じた鈴蘭です。

 アメリカの大学では、経営学の教材として使われているという、このお話。

 成すには難しい事ではあるでしょうが。
 成すために難しく考えることはないのではないでしょうか?

 とかく、何かにつけ『この程度、出来て当たり前』と、人を下に見がちです。
 …しかし、それは。
 その人の『出来ていること』を、正しく評価するに相応しい言葉でしょうか?

 当たり前、を低く見て。
 当たり前が当たり前であることの有り難さを、見過ごしてはいないでしょうか?



 自分にも出来る筈の簡単なこと。
 そんなことの積み重ねが、皆を一つの方向へと導くのではないか。
 …そんな風にも思えます。



■コメントのお返事
 …また後ほど。
>黒羊さん
 コメントありがとうございます。

 そうですね。
 手に入れてしまえば、一つに定まってしまいますが。
 手に入れるまでは、すべての可能性を並べて。
 それぞれについて色々と考える…そんな楽しみがあります。

 …あるいは、実際には何も手にしないほうが、先への楽しみを持ち続けることが出来るのかもしれませんね。

 イベントではお世話になりました。
 今回を3問『しか』…と、捉えるのか。
 はてさて、皆はそうは思っていないのかもしれませんよ(´・ω・`)?

 …何よりも、『質』を求めてのことでしょうから…ね。
スポンサーサイト

コメント

  • 2016/01/26 (Tue)
    18:51

    ・・・温度差がひどすぎる・・・。
    本当に体調にはお気をつけてください。

    誰でも出来る事をやっていく。
    意外とこれが難しかったりしますよね~。
    実はバイト先で思い当たる事があって反省してます。
    気をつけねば!

    黒羊 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する