独り言 その七百八十四

 大きいだけの鈴蘭です。

 今年の正月は暑いくらいの陽気で。
 関西圏では、新宮の方で日中の気温が20℃を超えたこともあったとか。

 20℃…春を通り越して、初夏を思わせる陽気ですね;

 …かと思えば。
 週間予報で見ると、明日からは『冷え込みが厳しくなる』そうで…。
 着るものに困る天気ですね…本当に…;

 ただ、この冷え込み。
 正月の暖かさから一転…というニュアンスでのことで。
 平年で見ると、3月くらいの陽気だとも聞きました。

 どうやら、大した冷え込みではなさそうですが…。

  はて、冬は一体何処に…(・ω・`三´・ω・)?



 まぁ…現実では、近所に出掛けるにも色々と考えねばならない陽気でも。
 仮想では、正に別世界のお話。

ニークスの朝(´・ω・`)
           (C)SEGA

 緊急事態発生のアナウンスが流れ、緊迫した空気が漂うロビーの片隅で。

 フレさんと三人。
 寒風吹き荒ぶ雪山に、モンスターを狩りに出ていた鈴蘭でした。



  …やはりトナカイさん、暖かさが違うな(´・ω・`)!!



■今日のアークス
 チームメイトのミウさんが、PSO2の装備品強化に関しての、解説動画を作られました。

 『おしえて、さがせんせー

 この動画から、改めて感じる鈴蘭の疑問…。

 強化とは…求める『強さ』とは何か。

 PSO2というゲームにおいて、常日頃からこの疑問を感じるのは。
 個人的には、このゲームの大きな魅力であると同時に、大きな問題だと…そう思います。



 個人個人の『強さ』が集まって出来上がるマルチ。

 本来、こうしたマルチの形成とは、このゲームにおいての一つの終着点ではないか…そんな風に考えている鈴蘭です。



 12人のアークスが集まったマルチの『強さ』は、現状のPSO2においては『暴力』と言っても過言ではありません。

 マルチに登場する敵の多くは、アークス達の『強さ』に抗う事は叶わず。
 多少の戦理戦術など、圧倒的な火力の前は消し飛んでしまいます。

 立ち会えば、ただ打ち倒すのみ。
 その『暴力』の如き『強さ』。

 しかし。
 それは、個々の『強さ』というものではなく。
 それは、集団の…数の『強さ』です。

 今のPSO2においては。
 数の『強さ』を、クリア評価などの数字で知る機会はあっても。
 個々の『強さ』を実感する機会は、少ないようにも思います。
 
 キャラクターや装備品のステータスは、個々の『強さ』を数字にして示していますが。
 その数字の意味を、果たしてどれだけの人が、実感を伴って把握しているでしょうか?

 それを知らずとも楽しめる。

 それは大きな魅力であり。
 そして…問題であるでしょう。



 近く、一人用のEXクエストが実装されると聞きました。

 ネットワークゲームにおいて、一人用の遊びなどナンセンスではないか…という向きはありますが。
 人と遊ぶ…そんな風に捉える事のできる、ネットワークゲームだからこそ。

 マルチにおける数の『強さ』だけではない、自分自身の『強さ』を知る機会が必要なのかもしれません。 

 それは、自分自身という個の『強さ』の為。
 …しかし。
 それが通じて、マルチという数の『強さ』にもなるのでしょうから。



こうして追記を重ねる日々…(´・ω・`)

 …こうも遅れるようなら、投稿時間をずらす事も考えるべきかもしれませんね…;



 
■コメントのお返事
 …また後ほど。
 
 
>黒羊さん
 コメントありがとうございます。

 自分はマルチにとってどういった存在であるのか…。
 個人の『強さ』が曖昧なPSO2において。
 自分が自分を誇れる。
 相手が自分を認めてくれる。
 そんな証があれば…とも思います。

 …そうすれば、自身の存在を疑う必要もなくなるのでしょうから。



 ただ、こうした証は…人と人の間に引かれる線にもなり得ます。
 証は証として。
 何れ求めるべきは何であるのか…考えねばならないことではないか、と思います。
スポンサーサイト

コメント

  • 2016/01/06 (Wed)
    15:06

    私は新エクストリームを待つまでも無くソロ冒険をして自分の実力を確かめてますよ~。
    ヴォルにやられてますよ~。

    ・・・装備の問題じゃなく、緊急行っちゃいけないと、こういう時思います。

    黒羊 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する