独り言 その七百七十七

 大きいだけの鈴蘭です。

 今年も残すところあと僅か…。
 今年の冬は、例年の冬に比べて冬らしさが感じられないようにも思っていましたが。
 ここ数日は冷え込みが厳しく、なんとも『年の瀬』…という感じになってきました。

 冬が冬らしくなったのは、良い事とも思いますが。
 この天気の急変で、体調を崩している人もチラホラ。

 …本当に、気を付けてくださいまし(´・ω・`)



 一方、外界の天気とは無縁のアークスシップ。
 週末には、Esuteruさん主催のファッションショーに参加してきました。

クリスマスファッションショー2015in横丁
            (C)SEGA

 他所の鯖からの参加者さんもおられ。
 今が旬の緊急の裏での開催でしたが、結構な人数の方がおいでになられました。

 イベントの模様については、主催されたEsuteruさんのブログを見て頂くこととして…。
 ここは、私なりに簡単に感想を。

pso20151226_232814_007.jpg
            (C)SEGA
二次会的に、参加者で終焉突撃(`・ω・´)!!



 …年の瀬とあってか、インする方は多いのですが。
 用事が立て込み、時間が取れず。
 行きたくとも、イベントに間に合わなかった…という方も、少なくないようでした。

 …ただ、思うに。
 ホームパーティのように催される、こうしたイベントにおいて。
 大事なのは、『相手との距離の近さ』ではないかとも思います。

 イベントは規模が大きくなるにつれ、相対する個人の存在が不確かになっていきます。
 賑やかにするには、規模が大きいに越したことはありませんが。
 ただ、それは『街の雑踏』を求めるようなもので。
 イベントによっては、その趣旨から大きく外れてもしまいかねません。

 『間に合わなくて残念』

 その言葉の意味を。
 そう言って、イベントの終わった会場に足を運び、腰を下ろす人の存在を。
 それをこそ。
 …そう思う鈴蘭です。
 


■考えすぎ?

 昨今のマルチについて…少しばかり、思うところがあっての独り言となります。
 時間がないので、考えをまとめて後ほど追記もしていくつもりです。
 …が、まとめきれるか自信はありません…;
 いつにも増して、読みにくいかと思いますが…ご容赦下さい。

 ※28日00時00分の投稿段階では書きかけとなります。
  28日05時50分に追記しました。




 事を起こすに当たっては、事前の準備が必要となりますが。
 その準備に相当する考え方を表すに、二つの言葉があります。

 戦術 せんじゅつ 【出典:Wikipedia
 戦術(せんじゅつ、英: Tactics)は、作戦・戦闘において任務達成のために部隊・物資を効果的に配置・移動して戦闘力を運用する術である。そこから派生して言葉としては競技や経済・経営、討論・交渉などの競争における戦い方をも意味するようになる。

 戦略 せんりゃく 【出典:Wikipedia
 戦略(せんりゃく、英: Strategy)は、一般的には特定の目標を達成するために、長期的視野と複合思考で力や資源を総合的に運用する技術・科学である。



 主に軍事の分野で使われる言葉になるでしょうが…。
 仮に、PSO2の中…クエストにおいて、この戦術・戦略を当て嵌めるとすれば、どうなるでしょうか?



 鈴蘭の認識においてお話すれば…。

 一個人レベルの話で言えば。
 防衛戦で言うところの、各WAVEでの注意点の確認。
 マップ内での担当、登場する敵の倒し方、クリア目標の設定など…。
 自身のキャラクターを如何に使いこなして、クエストを攻略するのか…という部分が、戦術になるでしょうか。

 それに対して。
 クエストに臨むより前の段階において、個人個人の能力を必要なだけ育成する。
 参加条件のレベルにまで引き上げ、相対するであろう敵を倒すだけの武器を調え、敵の攻撃から身を守る防具やアイテムを調える。
 …これらの事前の準備が、戦略になるでしょうか。

 …ただ、これはあくまで一個人の話で。
 マルチにおいては、自分一人だけの話では済みません。
 マルチにおいての戦術とは、マルチの参加者全員の戦い方を意識せねばなりませんし。
 マルチにおいての戦略とは、マルチの参加者全員の戦力要件を意識せねばなりません。
 


 ここで考えたいのが…。
 非固定のパブリックマルチにおける戦術と戦略です。



 マルチのメンバーがどのような戦術や戦略をもって参加するのかは未知数です。

 クエストのクリアに必要な戦術的、戦略的な要素があるとして。
 それを自分自身で満たせないまま、クエストに臨むというのなら。
 そのクエストの失敗は、別に不思議な事ではありません。

 失敗したというのであれば、それは理解の及ばない、不思議な失敗ではなく。
 失敗するべくして失敗したのであり。

 成功したというのであれば、それは自身に拠らない、幸運な成功であり。
 他者の努力が齎した成功とも言えるでしょう。
 
 …例えて言えば。

 パブリックマルチにRaが不在だったとしても。
 それは、嘆きべき不幸な偶然ではなく。
 他でもない、自分自身がその要件を満たしていないからこそ招いた、必然でもある…ということです。
 
 不運を嘆く前の段階で、自分自身に出来る事がなかったでしょうか?
 
 戦術や戦略の要件を調えるには、固定マルチが一番でしょう。
 それが難しいというのであれば、パーティメンバーで。
 それも…というのであれば、せめて自分自身が。

 …くじに当たることを、ただ願うような遊び方ばかりではなく。
 自分自身が果たすべきを果たす…そうした遊び方も、あるのではないでしょうか…?



 自分自身が設定した戦術、戦略の結果の今。
 その今が導き出すであろう、最終的な結末。

 …それは因果の連なりです。

 マルチに背を向ける前に、マルチのメンバーと共にすることの意味を。
 他人のこととしてではなく、自分自身のこととして考えてみてはどうか。
 …そんな事を考えた鈴蘭です。



■コメントのお返事
 …また後ほど。 
>黒羊さん
 コメントありがとうございます。

 いや…私も知らなかったのですよ;
 日々、新しいことに触れる…無知な私なのでした(´・ω・`)
スポンサーサイト

コメント

  • 2015/12/28 (Mon)
    02:34
    戦略と戦術

    あくまでPSO2での状態に限定した話です。

    戦略はクエスト受託前の行動とクエスト中に何をすべきかを決めること、クエスト中の行動は全て戦術に相当します。

    具体例としては採掘基地防衛戦がわかりやすいのでここに当てはめてみましょう

    どちらかというと戦略(クエスト受託前に行っておくこと)
    ・開催される種類(侵入や終焉など)を確認し、参加するかどうかを決める
    ・参加する場合、一人で他の11人に加わるかあらかじめ12人で徒党を組むか決める(1個分隊か4個分隊か決める)
    ・徒党を組む場合、クラス編成を調整する
    ・事前に戦術の打ち合わせを行う
    ・達成すべき目標を決める
    ・作戦終了後、次回に備える

    どちらかというと戦術(クエスト受託後に行うこと)
    ・どの塔を担当するか決める
    ・各分隊の受け持ち範囲を決める(東の端から中間線まで、とか)
    ・防衛行動を実施する
    ・A.I.Sを使用する(タイミングの決定も含めて戦術)

    こんな感じでしょうかね。。。

    すかいふらっっしゅ #- | URL | 編集
  • 2015/12/28 (Mon)
    11:08

    おはようございます

    私の認識だと
    戦術:戦闘場所での勝つための方策とその為の部隊運用
    戦略:国家単位での、戦争をどう進めて、どう終わらせるかの為の方策
    と思ってます。
    アークスとしてだと、戦術は防衛をSクリアする為の各人の行動内容と指針
    戦略は、シャオとか上層部がどうDFとの戦いに決着をつけるか

    各人の装備を整えたりレベルアップ、wiki等での情報収集は戦術以前に準備しておくものかなぁと

    鈴さんが書かれている内容はアドバンスや防衛実装あたりから、某スレッドで何度も議論されていて
    Raでとか適正な職と装備で行きましょうと言われる一方、職指定しないでという一派も

    プレイヤーにより全職カンストという方もいる一方、好きな職、好きな武器だけ遊んでいてとか、フレさんがほとんどいない、PTに参加したくないという方もいます
    このあたりはシステムが許容している上に、個人の感情論まで入ってくる為、自分自身でできる事を、というの自体も難しい内容だなと思ってます

    ナイトワイズ #- | URL | 編集
  • 2015/12/28 (Mon)
    19:21

    こんばんわ熊(*´ω`)ノ

    イベントタイムキーパー役
    お疲れさまでした!そしてありがとう(*'ω'*)

    イベントに関しては、
    まだまだ反省点も多く、他のイベント塔等でも
    学ぶ事は多く、日々勉強!

    次回があるかはわからないけど、その時は
    また頼むかも!

    イベントお疲れさまでした(*´ω`)ノ

    Esuteru #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する