独り言 その七百六十三

 大きいだけの鈴蘭です。

 今日は12月7日。
 朝方、職場から家に帰る道すがら。
 スマホ様の画面に映し出されるニュースを、ジッと見詰めていました。

 宇宙航空研究開発機構が、5年前に打ち上げた金星探査機『あかつき』。
 主エンジンのトラブルにより、最初の金星の衛星軌道への投入に失敗して後、太陽の周りを今の今まで周回していました。

 それが今朝方、姿勢制御用の小型エンジンで、探査機に残る燃料の全てを使い、最初で最後の金星の衛星軌道への遷移に挑戦したのだとか。

 設計寿命を過ぎて、動くかどうかも分からなかったエンジンは、予定通りに噴射を行ったという事で。
 どうやら、金星に向けての移動はできたようです。

 果たして探査機が、金星を観測できる形で軌道に乗ったのか。
 それがハッキリするのには、まだ二、三日かかるそうです。

 ただ、まぁ…。
 探査機から送られてくるステータス情報によれば、機能は十全という事ですし…。
 たとえ、期待通りの軌道に乗っていなかったとしても。
 今の『あかつき』が見る、宇宙の姿を見せてくれるだけでも…とも思います。



 5年越しの挑戦。
 そんな話を聞いただけで、嬉しくなれたのですから。



■考えすぎ?

 今日の出勤前に、マイルームを訪ねて来てくださったフレさんと、少しばかりお話する時間があり。

 『悩みってありますか?』

 …そんな事を聞かれました。



 それほど大した人間ではない鈴蘭のこと。
 人様に比べて、『悩み』と言えないような悩みであれば、いくつもあるように思います。
 ゲームの事であれ、リアルの事であれ、悩みらしい悩みというと…。

 …はてさて(´・ω・`)

 悩みが多い事はネガティブに捉えがちですが。
 ただ、一方で。
 その事柄の大小に関わらず、悩みを持つこと自体は、人が自身を成長させる絶好の機会ではないか…とも思います。



   We could never learn to be brave and patient,
   if there were only joy in the world.


    もしもこの世が喜びばかりならば、人は決して勇気と忍耐を学ばないだろう



 日本では『奇跡の人』とも言われる、ヘレン・ケラーの言葉です。 

 今の自分では成し難いと思うからこそ、今の自分を省みて。
 今の自分から変わろうと望み、考え、実行するのだ…と。



 何事においても…そうしたものではないでしょうか?



 悩めば全てが解決するわけではありません。
 結果の伴わないことも、当たり前のようにあります。

 …それを、ただの失敗としてしか見ないのであれば。
 決して、それ以上のモノは得られないでしょう。

 しかし。
 失敗の中、自身がどのように考え、実行したのか。
 その経験は、ただ成功するだけでは得られないもので。

 それを大事にするからこそ、自分というものの形を、確かに作ることが出来るのではないか。
 …そんな事も考えた鈴蘭です。



 そう、それがゲームであれ…。



■コメントのお返事
 …また、後ほど。
>黒羊さん
 コメントありがとうございます。

 ヴォルフィードさんも、褐色集会を開くまでにアチコチのイベントに参加して、運営上の注意点などを研究しておいででした(´・ω・`)

 ただイベントに参加するだけでなく。
 自分が開くとすれば、どうするか…そういった『違う視点』を意識してみると、見えてくるものもあるかもしれませんね。
スポンサーサイト

コメント

  • 2015/12/08 (Tue)
    12:47

    やほぉぉ♪久しぶりのコメントだっちゃ(^3^)/♪
    たしかに嬉しいことだけじゃ人は成長しないよね(´Д`)♪
    いいことがあった時に飲むお酒は美味しい♪
    でもいいことがない時に飲むお酒もまた美味しいものですよ(^3^)♪きっとこれがちょっと成長したことになるのかな(´Д`)♪
    私はいつでも元気無限大\(^o^)/♪

    ランラン♪ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する