独り言 その七百十五

 大きいだけの鈴蘭です。

 昨日は中秋の名月としたものの…。
 ホントの月の見頃は、今日らしいですね(´・ω・`)

 国立天文台によると、月は、地球の周りを楕円形の軌道を描きながら回っているらしく。
 このため、地球と月の距離は平均では約38万4000kmとなりますが、月が地球に最も近づく時と最も遠く離れた時では、約5万kmもの差が生じるんだそうです。

 5万km…。
 地球の赤道を一周して約4万kmと言います。
 『差』というには…人間にはあまりに大きいスケールですね;

 月が地球に最も近づいて大きく見える満月は、スーパームーンと呼ばれ。
 9月28日の今夜の満月は、今年最も小さかった3月6日の満月に比べて、大きさは直径の比較で1.14倍となり、3割ほど明るく見えるのだそうです。



 …2割3割当たり前か…流石スーパー…(´・ω・`)!!



 …そんなわけで?
 なんとなく、トナカイさんが月を待つ図。

トナカイの日々
            (C)SEGA

  アークスシップからの月は、相変わらずじゃの…(´・ω・`)

 関東では天気が優れないようですが、未明には晴れるそうで。
 普段より大きな月を、直に見ることが出来るかもしれない…との事。

 平日とあって、夜更かしも難しいかもしれませんが。
 たまの『遊び』と思って、望んでみても良いかもしれませんね。



■考えすぎ?

             〒 〒
             (´・ω・)
 フハハハハ
      -=≡⊂⌒っ 熊 )っ
                  Presented by うにゃ

 …最近は空も飛ぶようです。
 ※注:首が離れて見える方は、PC用のブログのテンプレートと、携帯向けテンプレートでの表示の差異によるものです。
 怪奇現象ではありませんので、ご安心ください(´・ω・`)


 トナカイの姿で熊と呼ばれ。
 豚の面貌で人の言葉を操る。

 さて。
 そんな鈴蘭の姿とは一体?



 自ら進んで広めた訳でも無いので。
 時として、腑に落ちないものを感じることもありますが…。

 ただ、鈴蘭の…私の一面を表すものだというのであれば。
 そうして、言葉が当て嵌められていくのは、喜ばしいことでもあるのでしょう。

 言葉だけの、仮想の『私』という…形の無いそれに。
 言葉だけでは無い、形が与えられた。

 それは、『私』が鈴蘭であることの証のようなものでしょうから。



 ただ…。
 これは『私』に紐付く意味であり。
 必ずしも、他人にまで意味があるわけではありません。

 言葉の力。
 それは、たとえ同じ言葉であろうとも。
 受け取る人によって、重みが変わるもの。

 受け取る人だけでなく。
 発する人が、弁えるべきもの。

 『私』だけではなく。
 日々、日常的に使う言葉全てに。
 人それぞれの意味があるということを、忘れないように。

 …そうでなければ。
 遠く響く言葉によって。
 人の間に縁を繋ぐのではなく。
 人の間に壁を作ってもしまうでしょうから。
 

 
スポンサーサイト

コメント

  • 2015/09/29 (Tue)
    17:25

    足跡ペタリ(

    私は関西なのですが昨日は本当に月が綺麗でした!
    綺麗で明るい満月を見ていると何かが起こりそうな気がするのは私だけかなぁ・・・。

    ルーシェ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する