独り言 その七百七

 大きいだけの鈴蘭です。

 現在、セガでは東京ゲームショウとSympathy2015に合わせて、セガID利用者を対象としたアンケートを実施しているようです。

tgs_sega.jpg
              (C)SEGA

  アンケートに答えるとPS4が貰えるんか…(´・ω・`)

 今度、PSO2がPS4でも出るという話も聞きます。
 今のPCから乗り換える事は考え辛いですが、PS4を持っていない鈴蘭としては、『これを機会に』というのも…。

  本体価格も引き下げられたしのぅ(´・ω・`)

 関心が高まっているのは感じるのですが、いざ買うとなると踏ん切りがつきません;
 先ずはアンケートに応募して、夢に手が届くものか。
 ここは一つ、運試しといきますかな。



■考えすぎ?
 ここ最近。
 ゲームへの『飽き』を口にする人を見掛ける機会が増えたようにも思います。

 曰く『やることがない』…そんな嘆きを。



 ゲームの何処に価値を見出すのか。
 それは人それぞれに違いがある為、主観的なモノの『有る』『無し』で計れはしないと思います。

 その人にとって、有価値と評するに足るモノが無い。
 …その嘆きは、他者には容易に知り得ないでしょう。

 例え同じモノを前にしても。
 人が持つ、モノの価値は一様ではないのですから。



 …ただ、それでも敢えて…と言うのなら。



 アメリカの詩人、サミエル・ウルマンという方が書いた『青春』の詩というものがあります。
 太平洋戦争終結後、日本にやってきたマッカーサー元帥が座右の銘とした事で有名な詩なのだとか。

 その一節に、こんな言葉があるそうです。



   人は信念と共に若く 疑惑と共に老ゆる

   人は自信と共に若く 恐怖と共に老ゆる

   希望ある限り若く 失望と共に老い朽ちる



 …鈴蘭なりの解釈ですが。
 『青春』とは、多感な青少年の時間、その一時期を指す言葉ではなく。
 精神の在り方を指す言葉であって。

 前向きである限り、人の精神は若々しく。
 前向きである限り、人の精神は老いることが無い。

 これは、そんな意味であるのかもしれない。
 …そんな風にも思えます。



 私達が普段親しむ仮想の世界においては、肉体の老いはなく。
 どれだけ時間が過ぎようとも、キャラクターの姿形は変わりません。

 ある意味これは、形の上では永遠に『青春』を謳歌することに通じるのかもしれません。

 それは、現実の時間の流れとは違います。

 …しかし。
 現実に生きる私達の『青春』の終わりは、肉体に老いの無い仮想において、則ちキャラクターの『老い』…ひいては、『死』に通じるのではないでしょうか?



 コンテンツが。

 …それは原因に挙げられるでしょう。
 しかし…『飽き』とは、果たして全て其処に起因するものなのでしょうか…?



 私は、触りの良い言葉で、私の中の別の『何か』を都合良く隠しているのではないか。
 …そんな事を考えた鈴蘭です。



■コメントのお返事
 …また後ほど。
>疑似人格さん
 コメントありがとうございます。

 昨日までの当たり前は、今日も、明日も続く…と、疑いもしない。
 しかし…何かの拍子に、ふと。
 自分の当たり前が、本当は当たり前でない事に気付かされる。

 いやはや。
 いつもいつも、気付いた時には遅いというのに、学習できないのは私だけでしょうか(´・ω・`)



 心配しても、変わらない。
 変わらないから、心配しない。

 それを口にできるのは、根拠のない当たり前ではなく。
 信頼の表れなのかもしれませんね。



>みうさん
 コメントありがとうございます。

  私を陥れようというのかね(´・ω・`)!?


             (C)SEGA

  雲の先には、当の3位さんがいるんですよ(´・ω・`)!?

スポンサーサイト

コメント

  • 2015/09/17 (Thu)
    02:00

    実際問題、「進める」コンテンツが全くありません現状。

    かつて、ノーマル火山フリーを20分以内にSランククリアで砂漠解放、なんて頃がありました。
    コモン武器の属性をチマチマ上げ、少しでも早く雑魚を片付けられるようにプレイスキルを上げ、障壁Eトラが出ない事を祈りながらやってました。

    大変だったけど、「ここを突破すれば先に行ける」というのがモチベーションの源泉でした。

    今はそんな物ありません。アドバンスSHをリスク最大でクリアしても、エクストリーム70階をクリアしても、アルティメットをクリアしても、チャレンジを踏破しても、「その先」が無い。

    何かを突破しても、それで得られるものは、変わり映えしないアイテムのみ、「目指す物=次のコンテンツ」などどこにも無い、ではやる気が起きようもありません。

    名無しさん #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する