独り言 その七百六

 大きいだけの鈴蘭です。

 先日の大雨の件で心配していたチームメイトは、幸いにして大過なかったようで。
 北関東以北に住む、メンバー全員の無事を確認することが出来ました。

 他の地域のメンバーにも被害らしい被害はなく。
 どうやら一安心、といったところです。



 …ただ、被災地域では未だ水が引かず。
 行方不明の方の捜索も続いていると聞きます。

 いつものように台風が通過する。
 その程度の認識で。
 ここまでの災害が起こるとは、想像もしていませんでした。

 こうした時にボランティアで行動できる方は、本当に凄いですね…。
 自分の事で手一杯な私では…いえ、そんな事を言ってる時点で、ダメなんでしょうね;



 近所のコンビニなどでは、義援金の受付も始まっていましたし。
 せめて、今の自分に出来ることだけでも、やっていきましょう。



〒 〒 
(・ω・`)
(つ⑩と )

困ったときはお互い様なのよ




■考えすぎ?

 空を見上げて、目にする事のできる白い雲。
 手の届かない高みに在るそれに、憧れのようなものを感じます。

 子供の頃に思い描いた『雲に乗った自分』を、大人になった今でも夢想します。

 乗れないことを知識で得たとしても。
 其処への憧れが、消えてなくなった訳ではありません。

 …夢は、夢として在り続けているのです。



 …現実には、決して叶わない事ですが。
 仮想であれば、そうでもないのですね。



 先日のアップデートで、夢に触れる機会を得ました。

pso20150913_222100_001.jpg
           (C)SEGA

  おお…雲の上だ…(´・ω・`)

 高みから見下ろす景色は。
 普段見慣れたそれとは、まるで違います。

 この景色は仮想に過ぎませんが。
 きっと現実も、こんな風に見えるのでしょうね…。



 …ただ。
 この風景は望んでいたものであり。
 何処か、望んではいなかったものであるのかもしれません。

 雲の連なりの行き着く先。
 其処に至り、見下ろして。

 『帰ろう』と思った。

 憧れていた、この高みではなく。
 見上げてばかりいた、あの場所に。 

 …乗ったことで分かったこと。
 それが、あの景色にはあったように思う鈴蘭です。



 みなさんは、高みに在って何を感じたでしょうか…?



■コメントのお返事
 …また後ほど。
>リオ@THSさん
 コメントありがとうございます。

 新品のスマホで、モデルとしてもリリースから半年程度の型なので、バッテリーが劣化している訳でもないと思うのですが…。
 …初期不良とかだったら嫌ですね…;

 まぁ、システムのセルフチェックでは『良好』と出てるので、大丈夫だろうとは思います。

 節電の設定を見直して、今では随分と保ちも良くなったので、暫く様子見する事としまする(`・ω・´)ゞ



 クエストの姿は『今』に過ぎず。
 『先』を示すものではない…とも思います。

 今後も期待していきましょう(´・ω・`)
スポンサーサイト

コメント

  • 2015/09/15 (Tue)
    00:31

    in率の高い親しいフレンドが突然ぷっつりとinしなくなったらビビりますよね(その友人は別ゲーに流れてて超元気でしたw)
    私も今回の災害の規模が尋常ではなかったので
    フレンドは巻き込まれてないか不安ではありましたが、私が気に病んでも彼らの無事に繋がる訳ではないので『そのうちひょっこり現れるだろう』位の気概で行く事にしました。悪い予想が当たってしまっても困りますからね。
    被害に遭った方々に関しては気の毒に思っております。

    擬似人格 #- | URL | 編集
  • 2015/09/15 (Tue)
    02:29

    らんらん「どれ……今日は下界で例の3位がライブしとるかの? ……してないとは何事じゃ!失望しましたクーナのファンやめます」
    ネ申らんらんの一幕であった。

    みう #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する