独り言 その七百四

 大きいだけの鈴蘭です。

 今日、フレさんに…
   
  『ブログ七百回おめでとー!』

 …と、お祝いを頂き。
 我が事ながら、『ああ、確かに…(´・ω・`)』と、何処か他人事のように思い出した鈴蘭です。

 折々で触れたように、自分のブログを『続けること』が目的ではなく。
 変わらず『続くこと』が、有り難いと思っています。

 PSO2のブログとしていますが、直接それに触れているのか、よく分からない話題が少なくありません。
 読んだところで、利になるものではないでしょう。

 …ただ、この仮想に限らず。
 自身の何処かに、通じるものがあるのではないか…と。
 そんな事を思い、呟き続けています。

 祝辞を頂ける事よりも。
 読んで下さる皆さんの、日々の何かのキッカケになれば幸いです。



 遅まきながら。
 七百回まで、ありがとうございました。
 そして、これからも宜しくお願い致します(`・ω・´)ゞ



■今日のニークス

 台風一過 【たいふういっか】
 台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。 出典:デジタル大辞泉

 幸いな事に、私の住む地域は『なんか、雨が降ったね(´・ω・`)』という一言で済ませられる程度で。
 台風通過後の曇り空を見上げて、『台風一過とはいかんか…(´・ω・)=3』と、溜め息を漏らしたくらいでした。



 しかし…北関東では、台風の影響で河川が氾濫し、一帯が水没する事態にまでなっていると聞きました。

 チームメイトには、北関東から東北にかけてお住まいの方もおられます。
 実は、お一人…浸水被害の出ている地域付近にお住まいの方がいらして、随分と心配をしていたのですが…。

 鈴蘭が起床してインした20時頃には、その方はアークスシップに乗船されており。
 取り敢えずの無事は確認できました。



 一先ず安心…と、安堵したのも束の間。

 間もなくして、その方が唐突に落ちられたのです(´・ω・`)



 色々と調べたエリさんのお話では。
 被災地域では救助活動中の安全確保の為、送電が停止されるケースがある…とのことで。
 被災地域に近いと思われる、この方の家も送電が止められたのかもしれません。

 …こうなると、いかに便利とはいえ。
 インターネット…仮想の繋がりも、無力なものですね…;



 無論、打てる手は打ちますが。

 インフラが復旧するか。
 或いは、周辺事態が落ち着いた頃に、またお会いできればと思います。

 …今はただ。
 いつもの場所を、鈴蘭なりに見守りつつ。
 無事を祈って、お帰りを待つのみ…です。



 台風は遠く過ぎ去ったものの。
 鈴蘭にとっての台風一過は、まだ先の事ですね…。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する