FC2ブログ

独り言 その六十八

 大きいだけの鈴蘭です。

 先日の記事に関して、自分が怒っている…という点に関して、幾つもご意見をいただいたので、個別にお返事する…という形以外に、記事として纏めさせて頂こうかと思いました。
 
 結論から言えば、新人さんの扱いに関してはその後フォローが入ったので、チームとして交流をないがしろにするような事態にはなりませんでした。
 DF戦があったせいもあるとはいえ、みんな呼んだら戻って来て頂けましたしね。
 そうした状況を放置するような人たちではありませんし、その点は本当に良かったと思っています。
 
 チームの内での交流と自分のやりたいことの両立が出来ない。
 体のいい口実で、常日頃チームとは離れて行動している自分です。
 たまたま居合わせただけに過ぎない自分が、そうした憤りを覚えるのは虫が良いでしょう。

 実装されたばかりの新コンテンツ、やりたいという気持ちは分ります。
 自分だってやりたいと思いますしね。
 状況によっては…というか、こうして記事を書いている当人が率先して行ってしまうことだってありますし。
 どうしても個人の都合が優先されてしまう…というのは、わが身を見れば良く分ります。
 自分に出来ていないことを誰かに求めるのは、それこそ身勝手です。

 チームのために、個人が犠牲になるというのは歪です。
 とは言え、個人の都合だけではチームは成り立ちません。

 ただ、その時一言でいい。
 新しい仲間に「いっしょにやらない?」という言葉が欲しかったと思いました。
 小さな積み重ねが人との繋がりを作るのだと思います。
 自分がままならない分、仲良くしている皆には間違えて欲しくはない。
 少々、過敏に反応し過ぎていたのかもしれませんが…それが率直な気持ちです。

 ブログに掲載するという形にしたことで、ご批判も頂きましたが。
 日常起こり得る事として皆に知ってもらいたい、と記事にしました。
 こうしたやりようが気に入らないとという方には、随分不快な思いをさせてしまったかもしれません。
 この辺は今後の教訓にしたいと思います。
 わざわざコメントしてくださった皆様、有難うございました。
 また、自分の短慮で不快な思いをされた皆様、申し訳ありませんでした。

 些細な行き違いから、取り返しのつかない事になるのが人との繋がり。
 このブログのコメントを含め、今回のことは色々と教えていただけました。
 ご心配をおかけした皆様には、本当に申し訳ありませんでした。
 
 

■考え過ぎ?
 先日実装されたアドバンスクエスト。
 周回を重ねることで、敵のブースト率が上がりレアドロップ率が上昇するという新コンテンツです。
 レアアイテムコレクターには待望のシステム…と言えますが。

 交流を目的とする場合、決して喜んでばかりもいられないんですよね。
 クエストに行くには、対応するカプセルが必要となります。
 このカプセルがないことにはクエストにいけない訳ですが、救済措置として店売りもしています。
 ただ単価が高く、中堅以上の資力がないことには、そうそう買うことも出来ません。
 
 また、最大4人PTのシングルエリア限定というのも交流を目的とする人からは敬遠されがちです。
 より多くの人とマルチエリアで楽しみたいと言う人からは、シングル限定で、かつカプセルの都合もあって、いつも同じメンバーで固定化しちゃ詰まらない…といったお話を聞きます。
 
 効率も交流もバランスよく出来る形…というのが望ましいんですが。
 今回のアドバンスクエストに関しては、より多くのメンバーを抱えるチームなどでは扱いに苦慮しているようです。
 特に同じ交流を求めるにしても、ライト層とヘビー層が別れてしまう…という形になるのは望ましくないですしね。
 もう少し、カプセルに余裕が出てくれば、状況に変化が出るかもしれません。
 ただ、それにしてもPSO2の持つであろう魅力を生かした形とは言えないように思います。
 
 PTメンバーを固定化する…というのは状況によっては、交流を深めるのにいいと思います。
 ただ、ルールによって拘束されているんじゃないか…と感じてしまう鈴蘭です。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する