独り言 その六百九十七

 大きいだけの鈴蘭です。

 2015年9月1日。
 今日は…おそらく、このブログを書き始めて初となる、『PSO2にログインしなかった日』に…なりかけました(´・ω・`)

 …というのも。
 先達て隠居なされた携帯端末様のお世話で、ログイン用のOTPの発行をしてきたのですが。
 今朝、帰宅後にログインをしようとすると…。

  OTPアプリ 『ネットワーク自動調整をお願いします』

  (´・ω・`)あれ?

  OTPアプリ『アプリを終了しますか?』

  (´・ω・`)いあいあいあ…

  OTPアプリ『ネットワークの自動調整をお願いします』

  (´・ω・`)ぐぬぬ…

 …と、こんな押し問答をすること暫し。
 察しの悪い鈴蘭に、朧気に分かったことといえば。
 このアプリって、定期的に時間情報を更新しないと、起動しなくなる仕様なんですね…;

 OTPの理屈を少しでも考えれば、至極当然とも言えることですが。
 オフラインとなった端末でも起動することをいいことに、面倒臭がって思考停止してしまったため。
 そんなことにも思い至らなかったので、なんの対策もとっていませんでした…;;

 慌てて運営のサポート窓口にメールを送り。
 OTPの解除について問い合わせたい…と、連絡を入れました。

 ここで気が付いたのが、OTPアプリに登録されるニックネームなどの情報の重要性。
 運営側は、この辺の個別の情報を元にして、本人確認をしているんですね。

 以前の独り言でアドバイスを頂いていた鈴蘭は、もちろん抜かりなく…。



  (´;ω;`)嗚呼…嘘…メモがない!?



 …ええ。
 非常に鈴蘭らしい展開ですね…。

 一応は、何も無い状態でも、OTP解除の手続きは可能とは聞き及んでいますが。
 その為に、それに代る本人確認の手続きをせねばならず。
 それなりに面倒…なんだとか。

 コレばかりは致し方ありません…。
 モノグサな鈴蘭が面倒を嫌って、より大きな面倒を背負い込んだ。
 そんな、ただただ間の抜けた話に過ぎず。
 他でもない、鈴蘭自身の至らなさが招いたトラブルです。



 忙しい時期に、余計な手間を増やして申し訳ない、運営さん…(´・ω・`)



ー ◆ ー




 …さて。
 当面は運営さんのお返事待ちとなったところで、問題になるのは。
 この件が解消するまで、鈴蘭のアークス業をどうするか…という点です。

 しかし、こういう時、PSO2のマルチプラットフォームの強みが出ます。

  (´・ω・`)出番だ、PSVita君!!

 早速取り出し、PSO2を起動。

  (´・ω・`)…そういや、Vitaでやるのも久し振り…。

  Vita『アップデートがありますがダウンロードしますか?』

  (´・ω・`)ああ、ですよね…実行っと。

  Vita『ダウンロード完了まで残り2,400分』

  (´・ω・`)…。
  (´・ω・`)……。
  (´・ω・`)………は?

 2,400分…40時間…て。
 …ここで思い出したのが、我が家のWi-Fi事情。
 有線接続を基本とする鈴蘭は、かつてPSP用に設えた、時代遅れの低速Wi-Fi環境があるだけで。
 スマホを買ったというのに、その辺の見直しをしていませんでした;

  (´・ω・`)使わないと思ってたからなぁ…。

 暢気な鈴蘭でも、流石に40時間は待てません。
 大急ぎでルーターを買いに出掛けました。



 給料日直後ということで、多少は財布の紐の緩みがあり。
 アレコレと買い求めて帰ってきてみれば、既にお昼を回っていました。

  (´・ω・`)フレさんとのTAがあったのだけど…無念。

 待たせてしまったかと思うと、申し訳ない気持ちで一杯です。
 イン出来るようになったら、お詫びしなくてはですね…;



 …などと気落ちしながらも、慌ただしく新しいルーターを設置して。
 新しい環境にVitaを接続したところ…。
 
  Vita『ダウンロード完了まで残り300分』

  (´・ω・`)よしよし。

 残り時間が減っていることを確認して、安心したところで就寝しました。
 …いやはや…技術の進歩は目覚ましいモノがありますね…;

 (´・ω・`)…私が疎いだけか。



 出勤前にはVitaでログインでき。
 取り敢えず、取り急ぎの状況だけを説明して家を出てきました。

 当面は…常とは違う、小さい窓から世界を眺める事にもなりそうですが。
 こうして繋がることができて、何よりの事と思います。

 多少の不便は、繋がることのできる今となっては、大した問題ではありませんから。

 何を大事にしているのか。
 …それを改めて感じた鈴蘭です。 



■コメントのお返事
 …また後ほど。
 沢山のコメントありがとうございます(`・ω・´)ゞ

 しかしながら、お返事を職場での休憩時間を利用して書いている都合上、一度にお返事できかねます。
 そのため、申し訳ありませんが、朝までに時間をおいて、分割してお返事をさせていただきます。

 こちらの都合でお返事が遅くなってしまいますこと、宜しくご理解賜りますよう;



>ゆうじゅさん
 コメントありがとうございます。

 3日連続の事とは予想していませんでした…(´・ω・`)

 別の方のコメントにありますが。
 今回の障害は、PSO2以外のゲームでも同時多発的に発生しているそうで。
 どうやら、セガばかりの問題でも無いようです。

 解除申請が通るのは、或いは障害の発生する時間帯から外れて申請を出している人が多いせいかもしれませんね。
 理屈の上で、ゲームにはログイン出来ないけれども、アカウント管理ページには入れる…というのも妙に思えますし。

 ともかく。
 下手な考えを我々が巡らせたところで、仕方ありません。
 メンテの効果を期待して、此処は待つことにしましょう(´・ω・`)?



>えれんさん
 コメントありがとうございます。

 神様も色々。
 
 色々と言いたいことがあれば、ゲームにて伺いますぞ(´・ω・`)



>疑似人格さん
 コメントありがとうございます。

 かのHDDバーストの際の対応が、行き届いたものであったのか。
 この点に関しては、様々な見方があろうかと思います。

 鈴蘭個人の見方としては。
 ハード…物質的な面における、当時のセガの対応は評価されるべきものだったと思います。
 しかし、ソフト…精神的な面において、まだ打つべき手があったのではないか…とも感じます。

 物質的なマイナスは、利によって贖えもしますが。
 精神的なマイナス…不信や猜疑は、そこを出発点とした信頼関係の再構築によってのみ、癒されるのではないか…と。

 出来るものなのかわかりませんが。
 それでもなお…という姿勢にこそ、何かが見えるようにも。



 口だけの自分には、到底成し得そうにありませんね…;



 私は様付けで呼ばれるような大層な人間ではありませんし。
 ましてや、自身に見倣うべきところがあるとも思えませんが。

 自重、自戒は他人の振りを見て、自身に置き換えた時に生まれるようにも思いますし…。
 私の言葉が、何かのきっかけになったというのなら、喜ばしい限りです。



>神村マサトさん
 コメントありがとうございます。

 同人誌頒布会。
 その運営の基本理念に『(商業的な意味での)お客様はいない』というものだったと、鈴蘭も記憶していますが。

 同好の士が集う場所を、如何にするか。
 その求めるところに、『立場の違い』は無いのではないか。

 個人的には、ネットワークゲームの運営にも、通じる部分があるのではないか…とも思えます。
 とはいえ。
 営利目的の企業が運営する以上、利潤を如何に生むのかを考えなくてはなりません。

 何に対して支払われているお金であるのか。
 何に対して支払われるべきお金であるのか。

 お互いが、その自覚がないままでは。
 『神様のように敬うべき』が。
 何れは『神様のように振舞うべき』に転じていくようにも。



 何事にも、自身に通じる事情がある。

 それを知るに、いい機会であったようにも思います。



>隠居アークスバルサン(さん)
 コメントありがとうございます。

 時々思うのです。
 この仮想の世界では、望めばただの人が神様にもなれますが。
 『なれる』事と『なっていい』事との区別は、現実と変わらず存在します。

 自分が『なれる』ということは。
 誰かも『なれる』ということで。

 自分が『なってもいい』ということは。
 誰かも『なってもいい』ということで。

 ただ一人、自分だけのものではないということ。

 この相互の関係は。
 誰一人の例外なく、携わる人の全てに言えることなのだ…と。
 そう思います。



 営利目的である以上、『ニーズに応える』のは当然のこと…なのかもしれません。
 しかし。
 それは、お互いの利を生むための手段として利用されれば、言葉に『裏』が出来るようにも思うのです。

 対等の関係として、自らの思うところ、望むところを偽りなく示す。
 対等の関係として、相手の思うところ、望むところを疑わずに聞く。

 誰でも思いつくような、青臭く、稚拙で、簡単な事。
 今更何を、という事ですが。

 そこに私達の大切にすべきものがあるようにも。
 

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する