独り言 その六百七十八

 大きいだけの鈴蘭です。

 報酬期間が終わりを迎え。
 新たなフィールドに立つことになりました。

 『黒の領域』実装。
 位置付け的には、夏のアップデートの前半戦が終了し、後半戦が始まった…というところなのでしょうか?

 …しかし、アークスの様子を見るに…報酬期間で燃え尽きたような雰囲気を醸し出している人もチラホラ。

  アークスの夏はこれからだよ(´・ω・`)!!

 …などと一人息巻きつつ。

pso20150805_181611_000.jpg
             (C)SEGA

 はてさて。
 私達は、この『黒の領域』に何を見るのでしょうね…。

 漠然とした、期待のような。
 そこはかとない、不安のような。
 言いようの無い『何か』を感じている鈴蘭です。

 …まぁ、なにはともあれ。



  (´・ω・`)らん豚は篭もるわよ…!!



■考えすぎ?
 言葉も考えも足りない自分なので、上手く伝えられるか甚だ不安ではありますが。
 少し、思うことを独り言…。



 何れのネットワークゲームでも抱える問題なのかもしれませんが。
 プレイヤーの『層』の間に横たわる格差…というものは、埋めがたいものがあります。
 
 特に、昨今のゲームにおいては、この『層』の差を敢えて利用して、『利』を求める傾向にあるようにも思います。

 その『利』は、『時間』を金銭で贖う形に通じており。
 『時間』の積み重ねが無くしては、語るべきも無い…という体を成して、新規のプレイヤーの前に、越え難い壁のように立ちはだかっているのではないか…と。

 しかし、壁を壁として放置していては、世界は狭くなってしまいます。

 それを危惧してのことでしょうか。

 『☆11・☆12武器&ユニットGETキャンペーン

 運営によるキャンペーンが始まりました。



 このキャンペーンを見て。
 玩具を強請り、泣く子供にとっての最善とは何だろうか。
 …ふと、そんな疑問を連想しました。

 『足りない』という嘆きに対し。
 ただ与えることが、答えとなるのでしょうか?

 その場その場を凌ぐ為に与えるだけでは。
 やがては泣くことばかり、嘆くことばかり上手くなった、子供のような大人を育てるだけではないか。

 ただ与えるのではなく。
 どうすれば得られるかを、教え諭すことも必要ではないか…。

 自身を省みて。
 そんなことを考えた鈴蘭です。

 …皆さんは、どう感じられたでしょうか…?
スポンサーサイト

コメント

  • 2015/08/06 (Thu)
    07:37

    おはよーでーっす!!
    やっぱなんかみんな燃え尽きた感じがしてきますよねw
    まぁ私もなのですけれdも(´ω`)やる気でねー

    黒の領域は果たして、鈴蘭さんのらん豚のペルソナを外すほど楽しませることが出来るのか!?

    というかなんで☆11・☆12武器&ユニットGETキャンペーン今更出すんですかね~運営さんよぉ~
    プレミア無しの初心者さんにも報酬期間に強化させてあげればいいのに・・・

    かれん #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する