独り言 その六百五十七

 大きいだけの鈴蘭です。

pso20150705_223139_007.jpg
             (C)SEGA

 2週間に及んだ対抗戦が、先ほど終了しました。

 1、2位が最後まで競り合う展開で、この争いはスポーツの順位争いを見守るかのような緊張感があり。
 この部分をみれば、随分と楽しめる展開であったようにも。

 ただ、今回は変則的なグループ分けになり、グループ毎の差が大きく出た部分もあろうかとも思います。
 この辺りの調整は、今後の課題…というところでしょうか。



 多くの人が色々と考え、受け止めていたであろう対抗戦。

 鈴蘭も話には聞いており。
 色々と下手な考えを巡らせもしましたが。

 こうして結果発表を終えて。
 ロビーに集まった、見ず知らずの人達の間から口々に

  『お疲れ様』

 の、言葉を聞いた時。

 やはり、自分の持つような考えは、下手なものなのだろう。
 …そう思わせてくれました。



■考えすぎ?

 人の一生は重きを負うて遠き道を行くがごとし。
 急ぐべからず。

 不自由を常と思えば、不足なく心に望み、
 おこらば困窮したる時を思い出すべし。

 堪忍は無事長久の基、怒りは敵と思え。

 勝つ事ばかりを知って、負くる事を知らざれば、
 害その身に至る。

 己を責めて、人を責むるな。

 及ばざるは、過ぎたるより優れり。




 江戸幕府を開いた、徳川家康の遺訓とされる言葉です。

 非常に為になる言葉の数々ですが。
 この中の一節、『怒りは敵と思え』について独り言…。



 怒りの感情は、自分自身を滅ぼす敵になってしまうものである。
 …と、家康は言っています。

 『怒る』ということは、『自分が正しく、相手が悪い』という思いから起こるものです。
 しかし、その自分の正しさは、相手にとっても正しいものであるとは限りません。

 何故ならそれは。
 必ずしも相手が間違っている訳でも、悪い訳でもなく。
 相手には自分とは違う考えに基づいた、自分の正しさとは違う、相手の正しさがあるのですから。

 『怒る』ことで、相手の正しさを頭から否定するだけでは。
 相手にも怒りや恨みの感情が起こり、自身の新しい敵を作るのと同じ結果になりかねません。

 また、腹を立てれば自身の判断力を鈍らせ、正しい判断ができなくもなるでしょう。
 『自分が正しい』…その思い込みが先に立って、相手はおろか、自分自身の事も見えなくなってしまいかねないのですから。

 だからこそ、怒ることは身を滅ぼす敵と思って、慎むことが大切だ…と。



 何かの折りにつけ感じる『怒り』とは。
 相手の不当や、理不尽に対する憤り。

 …そう思い込んで相手を見ないでいる、自身の独りよがりに過ぎないのではないだろうか?

 ふと、そんなことを考えた鈴蘭です。



■お詫び
 先日の『素朴概念』のお話で、サンタクロースの話を出しましたが。
 この記事を読んでくださったフレさんから、素朴概念の例としては適切ではないのではないか、というご指摘を頂けました。

 素朴概念は、自分だけの知識と経験に基づく判断から、自然発生的に自分の中に出来上がるもので。
 伝承に基づくものは、正しく素朴概念とは言えないかもしれない…と。

 門外漢の為に、この辺りの区別が今一つ判然としておりませんで(´・ω・`)

 付け焼き刃では、やはりいけませんね;
 …こうしてご指摘頂けた事に感謝を。

 鈴蘭の拙文で足りない部分は、皆さんに汲んで頂ければ幸いです;



■コメントお返事
 …また後程。
>神村マサトさん
 コメントありがとうございます。

 私の引き合いの出し方が下手であるために誤解を招いてしまっているかもしれませんが…。

 鈴蘭の思い込みで世界を狭くしているだけのことで。
 外に在る多様な価値観を認められるかどうかで、如何様にも変わる事が出来る。
 …そうしたものだろう、と。

 だからこそ。
 鈴蘭は鈴蘭で在る限り、鈴蘭として在り続けたい。
 …そう思えるのです。



 マルチの件は、こちらこそ有り難うございました。
 不慣れな射撃職で、お見苦しい戦い振りを披露することになってしまい…。
 申し訳ありませんでした(´・ω・`)

 また機会があれば、遊んでもやってくだされ。
スポンサーサイト

コメント

  • 2015/07/06 (Mon)
    07:24

    おっはよーっございまーす!!
    そして対抗戦おつかれさまでしたぁー!!(`・ω・´)b
    いやー対抗戦疲れましたね~♪2週間ですもんねそういえば~
    忙しかったですがまぁ楽しめたんでしいかな!
    さぁー1位はどこの鯖になるかな(´ω`)

    かれん #- | URL | 編集
  • 2015/07/06 (Mon)
    21:45

    こんばんはです♪
    アークスシップ対抗戦大変お疲れ様でした。
    グループ毎の差といえば、
    今回は青ラッピーチームが大不振でしたね(・ω・`;)
    シップ1は全シップ中1位、2位を争うほどの大所帯。
    シップ2は時差の関係で深夜帯に強い国外組みが多数。
    この好条件にも関わらず、4チーム中唯一の勝ち点40未満でした(´・ω・`)
    景品に魅力が少ない故にモチベーションが上がらなかったのかしら……。

    ふる☆える #qMv.OBn6 | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する