FC2ブログ

独り言 その六百二十五

 大きいだけの鈴蘭です。

 来週には、春の中規模アップデート後半の実装が予定されています。
 多くの人が注目しているのは…アドバンスドクエスト(AD)拡張でしょうか。

 対応レベルの拡大、輝石交換武器の追加、固有ドロップ武器の追加…。
 今回の拡張によって、再びAD熱が高まる事になるのでしょうか?



 …近く、期間限定クエストの実施がなされると聞きました。
  ※2015/05/20 05:45
   後述する夜桜に関してコメントにてご指摘頂きましたので、文を修正しました。


 アルティメットクエスト、チャレンジクエスト…それぞれで産出される☆13を巡り、様々な意見が出されている現状を見ると。
 とかく『人気のクエスト』というものは、☆13の存在を中心にしているのだ…と、感じます。

 入手難度が低いという、AD由来の☆13…夜桜武器。
  ※夜桜のAD入手は誤りでした…勘違いばかり、申し訳ありません;
 入手が容易である分、他のシリーズに比べて性能は控えめだとか。

  『属性強化用には良いかも』

 …夜桜武器の、そんな前評判を耳にします。
 でも、不思議なことに…前評判のその言葉。
 その言葉の響きに、そっくりそのまま覚えがある鈴蘭です。

 ADも限定クエストも。
 後の事を思うと、果たしてどうなるのか…擬えはしないかと、心配でもあります。



 目的に向かって真っ直ぐに。

 …それはスマートな在り方です。
 しかし、最短距離を駆け続けることに喜びを感じているのが、私達であるのか。
 また、改めて考えてみるのも良いのかもしれません。



ss_13.png
            (C)SEGA

 来週には、新しいチーム拠点が実装されます。

 こうした場所で生まれるものにも、形に残らずとも求めるべき価値もあるのではないでしょうか…?



 奇しくもそこは、先人達の夢の成れの果て。
 或いは自身が残すものの幻視…かもしれないのですから。




■今日のアークス
 支援。
 鈴蘭が信条として口にしている、この言葉。
 辞書的には…

 しえん【支援】
 他人を支えたすけること。援助。後援。

 …とあります。

 類義の言葉に『応援』がありますが、『応援』は人やチームを『元気づけて精神的に助ける』という意味であり。
 労力や金銭などの面で、その活動や事業を助ける場合は『支援』という言葉を使うそうです。

 …しかし、このゲームにおける支援とは何か。
 それを思うと…単純なようでいて、難しいものがあると知りました。



 体力回復、復活蘇生、補助付与…それを行う事が支援なのでしょうか?

 辞書的な意味に沿った、分かりやすい『他者の支えになること』。
 それは支援でもあり。
 それは支援でもない。
 …先日、それをフレさんにご指摘頂きました。



 そのフレさんはおっしゃったのです。

 回復の為に窮地にある同行者に近寄るのは、理に適っているのか?

 …と。

 直接的に助ける、という意味では正しいと言えるのでしょう。
 ですが、同行者に接近するということは即ち、同行者の被弾のリスクを上げてしまうことに通じること。
 …その点を忘れてはならなかったのです。

 厚意が徒にも成り兼ねない支援。
 …それでは、本末転倒になってしまうのですから;



 自身の行動のメリットとデメリットを、正しく把握すれば。
 例え、お互いが離れた場所に居たとしても。
 意図の明確な行動であれば、それもまた支援となり得る。

 同行者の窮地を救う支援とは何か。
 …それを思うと、自分はまだまだだと感じた鈴蘭です。



■コメントのお返事
 …また後程。
>神村マサトさん
 コメントありがとうございます。

 プレビュー画面では、異性のモーションを確認出来ないのが珠に疵ですね。
 ウィンドウショッピングをしていると、プレビューの仕様に首を傾げることもあり。
 細かいところですが、痒いところにまで手が届いてほしいと思います。



 モーションの体型依存…。
 仕様としては面白いとも思うものの。
 実際に使用することを考えると、キャラの個性が引き立つと見るか、周りと同じ事が出来ないと見るかで受け止め方が変わってくるようにも。
 初めからの仕様であれば、『当たり前』で済んだことなのかもしれませんね;



 ブログの方には、またお邪魔させて頂きます(´・ω・`)ゞ



>かれんさん
 コメントありがとうございます。

  (;・`ω・´)ばっ…ばっちくはない!!

 …と言いたいところですが。
 どうみてもヨダレにしか見えませんね、コレ。



 制約があるものの、プレビューはちょっとした確認に適していますし。
 なにかにつけ、活用すると良いかと思いますよ。



 ナルトは…かじった程度しか知らないんさ…(´・ω・`)ゴメンネ
スポンサーサイト



コメント

  • 2015/05/20 (Wed)
    04:15

    あれ、夜桜シリーズって新しい混沌でアイテムを集めて交換じゃなかったでしたっけ?
    ライラシリーズが輝石交換だったような・・・

    名無しさん #- | URL | 編集
  • 2015/05/20 (Wed)
    13:52

    新アドの目玉はアプレンティス・ソールと同ドロップ設定の新☆12武器みたいですね~
    更にいえば、指定の3種の大輝石を各15個でライブシリーズ(バイオの色違いの☆12武器?)と交換可能で、
    そのライブ武器の同系統3種の提示でジグさんからDF武器の☆12が入手できるそうです。
    私的には最後のが気になってたり・・・w
    (あまりオススメすべきではないでしょうが、「生涯PSO」に関連記事が各種あがっています)

    支援ですかぁ・・・
    私が嬉しかった支援は2つありますね~

    ギリギリで倒しきれなくて逆にピンチになりそうなタイミングで、遠距離後方から1発の銃弾(WB)が私の戦闘をひっくり返してくれた時。

    大量のヘイトを集めて戦っていて、「ミスった・・・これは死んだな・・・」と思ったときに飛来した一枚の羽根(タリス)が私の戦闘をひっくり返してくれた時。

    中々マネはできそうにないですが、私が目指したい支援のカタチでしょうか?


    ちょっと話を変えて、とある北欧の人命救助のプロの話ですが・・・

    その集団は世界でもトップクラスの技術・能力があるそうで、「死んでも助ける」を自らのプロ意識にしているそうです。

    ところ変わって、日本。

    日本の同業のとあるチームでは「自分の命を担保した上で救え」と言われるそうです。

    先のものと比べると「え?あんたらプロでしょ!?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。
    ですが、その意味としては「隊員が自らの命を捨てるということは、その隊員が生涯をかけて救う予定だったたくさんの命を見捨てたことに他ならない」のだそうです。

    ここまで聞くとどちらも「なるほど」と思えるように思います。これはどちらも正しい考え方だと思いますので、多少高慢かもしれませんが、「自らの正義」を貫いて良い場面かと個人的には思いますね。

    ゆうじゅ #- | URL | 編集
  • 2015/05/20 (Wed)
    18:20

    ヒーラーとか支援職って指揮してなくても指揮官機みたいになるから位置取りが大事。
    効果的な布陣になるような立ち回りをするとそのまま攻撃力になる・・けど、
    効果的な布陣になるとヒーラーが死ぬと総崩れになる可能性があるので、ホント「僕のサンドロック」がイメージとしては最適。

    ただ、そもそもPSO2だと、そういうクエが少ない。
    あと・・こういうので正解は無いとかよくあるけど、
    極めれば何でも正解なんだと思う・・ぐう

    ハスワリ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する