独り言 その五百九十三

 大きいだけの鈴蘭です。

 4月1日。
 年度始めの今日は、世に言うエイプリールフールでした。

 エイプリールフールがどのようにして始まったのか、その起源は明確ではないそうです。
 3つほど有力とされる説があるそうですが、今のエイプリールフールに繋がる確証がなく、どれも伝説の域を出ないのだとか。

 …しかし、不思議なものですね。
 この日、各企業はこぞってエイプリールフールの企画を出しています。

 こうして『当たり前』とされているにも関わらず。
 それは何故なのかを、誰も知らないというのですから。

 …でも、それも良いのかもしれません。

 今に繋がる何故を知るよりも。
 先に繋がる何故を生み出す。

 これはそうしたもの、なのでしょうから。



 しかし…実のところ、冗談というものが苦手な私です。

 その時々の咄嗟の機知…機転というものが乏しく。
 また、感情の起伏が少ない為に、場の雰囲気に同調することもありません。

  ????『布団が吹っ飛んだ!!!』
  鈴蘭『なるほど』
  ????『…いえ、あの…』
  鈴蘭『はい』
  ????『…面白くないでしょうか…?』
  鈴蘭『面白いですよ?』
  ????『(´・ω・`)』
  鈴蘭『(´・ω・`)』

 淡白…というより、冷淡とも言われる由縁であったりします。

 とはいえ。
 苦手ではあっても、嫌いという訳ではなく。
 むしろ、冗談を楽しみにしているのですが…。

 自分が関わるとなると、どうにも…(´・ω・)ムズカシイ



 その場その場、私の不足を言葉で補うには時間が足りません。
 …或いは、それを稼ぎ出す為の『距離』なのかもしれません。

pso20150401_213559_001.jpg
                (C)SEGA

 今日も今日とて。
 こうして流れる時間を眺めるだけ。

 楽しみの中にある喧噪を遠くに聞いて。
 自身を独り、静寂の中に置く。

 …だからこその独り言。



 自分の身の丈に合うのが心地よいのであって。
 自分が服に合わせるばかりでは、息が詰まってしまいます。

 自分なりの楽しみを自分なりに。

 …そんな、マイペースな鈴蘭です。



 …あれ。エイプリールフールのネタは何処行った(´・ω・)?



■コメントのお返事
 続きよりどうぞ。
>ナイトワイズさん
 コメントありがとうございます。

 最初にあたりをつける為に、身体の厚みを限界まで絞ってみましたが…。
 ただ上半身を細くするのではなく。
 下半身とのバランスの中、相対的に細く見せる形の方が、より『らしく』見えるのではないか。
 …そんな風に思うようになりました。

 …このバランスを見付けるのは、容易ではないでしょうが…。
 完成を目指して楽しみたいと思います。



 出来れば、チャレンジブロックでも印象の変わらない造形を目指したいものですが…(´・ω・`)ハテサテ
 
スポンサーサイト

コメント

  • 2015/04/02 (Thu)
    08:21

    新年度、明けましておめでとうございます。今年度もよろしくお願い致しますm(_ _)m
    4/1は『定時で帰ります♪』『またまた、冗談ばっかり☆』というやり取りを5回ほどしました…
    本当に私の定時って何時なんだろ(; ̄ェ ̄)

    ペリシア #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する