独り言 その五百八十九

 大きいだけの鈴蘭です。

 今週はクーナのライブ開催が予定されており。

pso20150326_133200_006.jpg
                (C)SEGA

 こうして、遠目にライブを鑑賞したりもしているのですが…。

 舞台の照明に、桜が色鮮やかに映えるのが美しく。
 …久しぶりの舞台より、桜を見ていた鈴蘭です。



 沈まぬ太陽、明けぬ夜…それが常のアークスシップであり。
 季節は巡り行き、クエストの中での時間の流れ(シームレスウェザー)はあるものの。
 ロビーでの時間は止まったままです。

 先日、そのロビーに春の訪れを告げた桜の樹。

 照明に照らされた姿を美しく感じる一方。
 その姿に、言いようのない寂しさを感じました。



 このアークスシップに在って、変わらない毎日を送る。
 そのための機能を提供するロビーだとしても。

 果たして…人は。
 昼を常とし、夜を知らずにいてもいいものでしょうか?

 夜があるからこそ昼があり。
 昼があるからこそ夜がある。

 そうした変化の中に在るからこそ、目にしたものの新しい価値に気付かされる。
 …そういうものではないでしょうか?



 昨日から、黄金に輝くマガツさんがお越しになられています。

pso20150325_213926_005.jpg
                (C)SEGA

 初日は早い時間のお出ましで、出勤前にこうして参加することが出来ましたが…。
 今晩のところは、遅くにお出ましだったので姿を見ることがかなわず。
 前哨戦にだけ参加して、出勤しました(´・ω・)ヤムナシ




 今回のマガツは、AISに乗って戦うことになっていますが。

 …このAISというものの存在に、ロビーの桜が重なって見えました。



 皆が同じで、変わらないという、その姿。
 ある意味、誰しもが望む一つの理想の姿であるかもしれません。

 しかし…変わらないという怖さ。
 それを形にした姿であるようにも思います。

 桜を美しいと感じるのは。
 季節が巡ろうとも、変わらず桜が美しいというばかりではなく。
 桜を美しく見ようとする、自身が在ればこそ。

 AISに乗るというコンテンツに。
 桜の姿に通じた何かを感じたように思った。
 …そんな鈴蘭です。



 …まとまり切れておらず、意味がよく分からないかもしれませんが;

 自己を確かにする『差』を大事にしてください。
 そして、その『差』を理由に他者を大事にしてください。

 …そんな事を考えたのですが…。
 結局、繋がってるようで繋がってない…。
 考えのまとまっていない証拠ですね…(´;ω;`)




■コメントのお返事
 …また後程。
>白の衣さん
 コメントありがとうございます。

 …別に、後悔する『傷』という訳でもありませんて。
 傷つかないように大事にすることも重要ではありますけど。
 傷がついてこそ、大事に出来る事もあるとは思いませんか(・ω・)?
スポンサーサイト

コメント

  • 2015/03/27 (Fri)
    13:15

    なんとなくわかる気がするよ。

    完全な平等は個の喪失ですからね…

    それを分かった上で
    ・区別を差別するな
    ・差別を侮蔑しろ
    とか思うゆうさんです。

    ゆうじゅ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する