独り言 その五百六十九

 大きいだけの鈴蘭です。

 『医者の不養生』
 医者は患者に養生の大切さを説きますが、得てして自分自身の事を疎かにしているものだ…という諺です。
 平賀源内が著した書物には、『医者の不養生、坊主の不信心』とあるそうで。
 こちらでは、『不養生の医者だからといってヤブ医者とは限らないが、不信心の坊主は名僧には成り得ない』という意味で使われているそうです。



 水曜日にオラクルで新規開業した歯医者さんが、初日から休業と相成りました(´・ω・`)

  『 「アポス・ドリオス」撃破達成率の効果が適用されない場合がある

 コレを受けて、オラクルでは臨時メンテナンスを実施することになった訳ですが…。

 メンテナンスは兎も角として。
 腑に落ちないのは、お詫びとして配布されるトライブースト+100%です。

 今回は3個が配布される事になりました。
 この内の1個…『臨時メンテナンス実施に対するお詫び』とする名目は理解できるのですが。
 『「アポス・ドリオス」撃破達成率の効果が適用されない場合がある不具合のお詫び』として配布される2個が、鈴蘭にはよく分からないのです。

 XH敗者に関しては、メンテ明け直後のランダム発生枠の中、5鯖で発生したと聞いています。

 このお詫び。
 5鯖の敗者に参加した人にとっては『不具合のあるコンテンツで遊ぶことになってしまい、申し訳ありません』という内容になり。
 XH敗者にまだ触れてもいない我々にしてみれば、『不具合を発生させて申し訳ありません』という内容になります。

 前者の人にとってみれば、トライブースト+100%は敗者で消費したであろうアイテム類の補填…という意味があると思うのですが。
 後者の人にとって、このトライブースト+100%はどういう意味があるのでしょう?

 『補填』…では有り得ません。
 私達は、この不具合で物理的に何かを失った訳ではないのですから。

 …とすれば。
 謝罪に臨む上で示す、形に見える『誠意』という事なのでしょうか…?



 それが『誠意』とあれば、受けたく思うのです。

 しかし…。

 この『誠意』は何処から生じて、何処に向いているのか。
 それが見えて来ないようにも感じます。

 『詫びたから謝罪になる』

 …それは、そうなのかもしれません。

 ですが。
 そう考えている内は、相手に『誠意』は伝わらないのではないか、とも思います。

 何故なら…形に示されたそれにこそ、価値がある訳でもないのですから。



 不養生になるほどに相手を思うというのであれば。
 今を大事という気持ちをこそ抑えて。

 医者と患者。
 双方が長く相手と向き合うことを望み、自身を養うべきではないか。
 …そう考える鈴蘭です。



■告
 昨日触れた、『フリーマルチ交流会』に関して告知がなされましたので、改めてお知らせを致します。

 …とはいえ。
 鈴蘭の方で書くべき事は、大方書いてしまったので…。

 雛さんのブログ『もののあはれ』にて丁寧に告知されていますので、ご興味のある方はそちらを参照のこと!

 …という丸投げをします(ノ・ω・)ノ スプリットフィンガー!!



 今回は、前回と違う場所から。
 鈴蘭が無思慮に同じことを繰り返すだけでは。
 腐敗を嫌う、鈴蘭自身が腐らせてもしまいますから…ね;

 …面倒とか思ってへんで(・´ω`・)?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する