独り言 その五百三十三

 大きいだけの鈴蘭です。

 松の内も明け。
 正月休みも今日で終わり…という方も多いのではないでしょうか?

 今日でPSO2の年末年始ブーストも一段落。
 振り返ってみれば、よく遊んだようにも思いますが…。
 その実、クエストそのものには、あまり行かなかったようにも思います。

 折角のブースト期間。
 休み前には『ULTにでも通おうかなぁ…(´・ω・)』などと考えてもいたのですが。
 欲求というには、この気持ちは足りなかったようです。

 殊更ULTに足を運ぶこともなく。
 この正月休みを終えました。



 元より、道具としての武器や防具に関心が強くない鈴蘭です。

 数値的な優劣で武器の評価が分かれるとしても。
 『評価が高いから欲しい』、『高性能だから欲しい』と、進んで掘りに行く事は殆どありません。

 相対する敵を打ち倒すのに必要な手段を揃える。
 その中には、より良い道具を求める…という選択肢も当然ありますが。
 鈴蘭の中でのそれは、優先順位がずっと低いのです。

 強い武器で、高いダメージを出すことに惹かれない訳ではありません。
 しかし、それを如何にして『活かす』のか。
 道具を使う人間の工夫にこそ、楽しみを見出だしているのです。



 以前、チームメイトの一人が言っておられたのですが…。

  『ただ幸運であることには憧れない』

 …この言葉を聞いた時、その通りだと得心した鈴蘭です。

 幸運であることを羨むことはあるでしょう。
 しかし、幸運であること自体を敬う訳ではないのではないでしょうか?

 手にした武器が何かを齎すのではなく。
 手にする人が何かを為したからこそ、齎される。

 自分自身の不運を歎いても。
 自分自身の幸運を誇っても。

 今という時間の自分自身を作るのは、運だけではない筈です。

 運に拠らない、思考と試行の果ての積み重ね。
 …それが、人の基を作っているのではないでしょうか?

 積み重ねを無しに幸運を望んだとして。
 そこに不思議の幸運が齎されても、それは幸運と成り得るのでしょうか?

 ともすれば、それは当人にとって不運になるのではないか。
 …そんな風にも思う鈴蘭です。



 
スポンサーサイト

コメント

  • 2015/01/05 (Mon)
    20:59
    あけましておめでとうございます♪

    今更のご挨拶で失礼します(^^;
    今年もお邪魔させていただきますね♪

    年末年始はリアル優先でまったりPSO2でしたw 貯まったデイリー消化したり、マター進めたり…

    書きたいことはたくさん有りますが、書ききれそうにないので今日はご挨拶だけでw

    それでは、ご機嫌よう♪

    追伸
    4サーバの住人なので年越しイベント参加に行けませんでした。いつか機会があれば遊びに行ってみたいかもw

    ペリシア #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する