独り言 その五百二十三

 大きいだけの鈴蘭です。

 JRの駅のホーム。
 寒風に吹かれ、寒さに震えながら携帯に打ち込んでいます(((`;ω;´)))サムイ!!

 幸いというか…自分が乗車位置と決めている場所には、駅員の詰め所的なものがあり。
 こうした風よけがある分、吹きさらしの他所よりマシなのかもしれませんが…。

  それでも寒い(((´;ω;`)))!!

 そうして、風を避けて詰め所の陰に隠れた所。
 AED(自動体外式除細動器)を収めた箱が設置されているのに、目が留まりました。

 …ふと。
 先日のニュースで、AEDの構造的な弱点について取り上げていたのを思い出しました。

 一般的なAEDの動作環境気温は0℃~50℃とされ。
 氷点下での動作は保証されていないのだそうです。
 自衛隊や山岳救助隊の人達が冬場に持ち出すときは、AEDを保温ケースに入れたり、携行する人が防寒着の中に入れるなどして、運搬中に冷やさないよう注意しているのだとか。

 大阪でも、ともすれば氷点下の冷え込みを記録しているかもしれない今。
 目の前にあるAEDを見て、不安を感じました。

 …もしもの時に、命を救ってくれるかもしれない機械が動かないとしたら?

  こんな日は。
  こんな事は。
  滅多にあるものじゃないから…。

 危険に対する備えは、そうしていつも軽く見られがちです。



 寒さに震えながら、AEDの収められた箱を見て。
 何とは無しに、心まで寒くなったかのような…そんな冬の夜でした。



■今日のアークス
 今日のメンテナンスは2時間前倒しの上、終了時刻も2時間延長しての対応となりました。
 大型アップデート…『禍津』の配信を前に通信障害が発生したこともあり、大事をとっての事かもしれません。



 そんなメンテスケジュールとは関係なく、いつも通りに出勤前のイン。

  (´・ω・`)こんばn…

 …と、挨拶と同時に響く緊急警報。

  (´・ω・`)あら…20時予告…?

 取るものも取り敢えず、手近な過密ブロックへ移動。
 半端な時間でもありましたし、あまり期待もせずにマルチに入ってみれば。
 どうやら、630エラー(『ロミオ』なんて言いますが)で落とされた人が集まって来ていたらしく…。
 予想に反して、あっという間にメンバーが揃いました。

 ポーターが起動するまでに、マルチのメンバー間で簡単な確認。
 既に動画の事前情報が出回っているのか…破壊手順や進行に関しては、早くもある程度のお約束が出来ている風です。

  初回の挑戦だというのに…早いなぁ(・ω・;)

 感心半分、呆れ半分でクエスト開始です。



  ……戦闘中……



 一戦終えての感想は…。
 いやはや…禍津は大きいですね;

 近接では、まず取り付くのが一苦労ですが…幾つかのポイントを押さえれば、道筋は見えるようにも思います。

 難易度的には、エッジ付近の人には『簡単』と評されていると聞きますが。
 しかし、鈴蘭には不当と感じるほどのバランスでは無いように思いました。

 ただ、禍津が進行する中で発生するEトラがランダムとは言え。
 極論すると『禍津に如何にダメージを蓄積させるか』というところにまで単純化出来てしまうクエストではないか…とも。

 この点を指して、エッジ付近の人は『簡単』と評したのでしょうね。

 今『越えるべき壁』としては適当でしょうが、将来エッジ付近に立つ人が増えたときにどうなるか…。
 …それが鈴蘭の『禍津』の印象です。



 初回の達成ゲージは7%足らずでした。

 何れ、慣れればクリアが当たり前ともなるのでしょう。
 しかし、そこに至るまでが『簡単』であろうと、楽しみの中にあって欲しいと思います。

 面白さ、楽しさ…それは一様のものではないのですから。



 達成ゲージに関しては、仕様の把握が追いついていないので今の段階では鈴蘭から言うべき事はありません。
 ただ、幾つか伺ったお話から、期待と不安を覚えています。

 これらに関しては、また改めて…。



■コメントのお返事
 …また後程。
□独り言 その五百二十二
>白ノ衣さん
 コメントありがとうございます。

 プレイヤーが最後に辿り着く場所。
 それがチャレンジクエスト…。

 自分が何処まで出来るのか。
 それを追い求める趣味人の遊び…というと、言い過ぎかもしれませんが;

 ポータブル版では、同じ内容でも遊ぶ相手によって色々とやり取りが変わるクエストだったので、やり甲斐を感じて遊ぶことが出来ました。

 さらに、当初はチャレンジクエストの成績優秀者だけが『ヒャッカリョウラン』という武器を持つことが出来たので…。
 随分と頑張りましたねぇ…(´・ω・)

 此処でのチャレンジクエストも、同様のやり甲斐を感じさせてくれると嬉しいのですが…。

 私も楽しみにしておきたいと思います(´・ω・`)



>ハスワリさん
 コメントありがとうございます。

 売れるから…ですか。
 その裏付けが、『同時接続数』という数字なんですよね…(´・ω・)
 その数字は、PSO2というタイトルの住人の評価と等号で結ばれるものではない筈なんですが…。

 今というのは。
 その数字の伸びが、商品の良さとして喧伝されているような状況にも思えます。



□独り言 その五百二十一
>ペリシアさん
 コメントありがとうございます。

 おー…、三国志がお好きな方(?)がいらっしゃった(´・ω・`)
 お気に召して頂けたのなら嬉しい限りですが…生憎と、自分はそこまで詳しい訳ではないのです;

 好きで多少かじった程度で、深くは知り得ないのですが…。
 それでも、こういうエピソードが出てきたりするのが、三国志の面白いところなのかな…とも思っています。

 …良い機会かもしれないし、何か新しく三国志関係の本でも読んでみようかのぅ(´・ω・)



 こんなブログで良ければ、またお越しくだされ(´・ω・`)ゞ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する