独り言 その五百五

 大きいだけの鈴蘭です。

 …最近。
 ログインの度、チームメイトのミウさんが鈴蘭の入場曲(?)を歌って下さります。
 有名な曲の替え歌のそれは、即興としてもよく出来ていて。
 鈴蘭の為に時間や手間を割いてくれていると思うと、それはとても有り難く、嬉しいことなのですが…。

  …なんで、食卓に上るまでの豚の生き様がテーマなん…(´・ω・`)?

 ええ。
 その一点が疑問なのです。

  (´・ω・`)こうして豚の面を被ってはいますが。
  (´・ω・`)時として人間に身を窶しもしますが。
   〒 〒
  ( /・ω・)/本当の私はトナカイなんですよ…!!



■考えすぎ?
 EXH、ULTの実装から一日。
 周りを見渡せば、足しげくULTに通うフレさん達の姿を目にします。
 ULTの難易度自体は、鈴蘭としては『SHまでで準備をしてきた人には適正』という印象で。
 殊更、身構えるほどに…途方に暮れるほどに…難しいとは感じませんでした。

 …敵と相対して、勝利への道筋が見える…とでも言いますか。
 今までの蓄積があれば、鈴蘭のような適当なプレイヤーでも『コイツには勝てる(`・ω・´)』…そんな確信は得られるように思います。

 そんな感じで…鈴蘭の事前の予想に比べ、かなり行きやすいクエストになっている印象のULT。

 同じ印象を持っている人が多いのか。
 ULT推奨ブロックは、随分と賑わっているように見受けられます。



 …しかしながら、この賑わいに一種の不安を感じる鈴蘭です。



 一つの料理があるとして。
 それを『食べる』事と、『味わう』事は必ずしも並び立つとは限りません。

 生きる上で、人間は食べねばなりません。
 生命活動を維持するのに必要となる熱量、栄養、水分を食べ物から摂らねばなりませんから。
 …これは、生きる上で必要とされる行為…生き物としてあるべき欲求…本能です。

 そんな、必要とされる食事において。
 生命に危険なものを選り分ける能力を身につけた結果。
 …生き物は『味』が分かるようになったと聞きます。

 しかし人は、この能力を楽しみとして『味わう』事をします。
 これは生き物として、ただ生きる上では必要としない行為ですが。
 人として生きる上では、必要ともされる行為です。

 こうした、生き物としての生命維持に必ずしも必要とはされない行為。
 …それを人は、『文化』などと言ったりします。

 一つの料理を、ただ本能のままに食べ尽くすのでは無く。
 楽しみとして味わうことが出来るのが人であろう…と。



 …鈴蘭が、この賑わいに感じる不安とは。

 果たしてこれが、本能的なものなのか。
 果たしてこれが、文化的なものなのか。

 …それが見えないところにあるからなのです。

 ただ『より安全に』『より早く』『より多く』…それを求め、それの充足を快とする。
 『楽しく遊ぶ』というよりも。
 『楽して遊ぶ』というような。
 …そんな、どこか覚えのある陥穽に向かっているような。

 雨雲に追われ、青空の下に出て。
 再び、同じ雨雲の下へと向かっている。

 …いつか見た幻視。
 それをまた、ここで見たかのような…そんな気持ちの鈴蘭です。
スポンサーサイト

コメント

  • 2014/11/21 (Fri)
    00:30

    鈴さんの入場曲と聞いて、某ダースベーダーのテーマが浮かんだのがここに
    ちなみに知る人ぞ知るというので、こんなのがあったり
    https://www.youtube.com/watch?v=V1wA3Z7xrq0

    ULTですが、まだ1回しか行ってません
    エネミーの攻撃はサイキユニットやそれなりに作ってあるユニットなら耐えられのですが……
    さすがにウチのキャスト達が装備しているエクス産ユニット(未クラフト)では耐えるのも辛く
    ジグさん交換品ユニットを手に入れる為に空いた時間で持ちキャラ全員クラフトCOをこなしてました
    今日1セット完成したのでDFXHに投入してみたのですが、中々いい感じでした

    鈴さんが不安がっているのは、以前のアドバンスや現在のフリークエストみたいに早晩飽きられてしまうのでは?
    というのがあるのかな?と思ったり

    ナイトワイズ #- | URL | 編集
  • 2014/11/21 (Fri)
    11:20

    あ、どうも。ノコーナです←

    ULT、XH両方とも一通りプレイしてみましたが、何というか・・・
    難しくするにはどうしたら良いか迷走してる気がしますね。
    敵は固ければ難しい、HPが多ければ難しい、動きが速ければ難しい、攻撃力が(ry

    難易度調整ってすごく難しいんですよね。


    企画書が何万ページあろうと、どんなにグラフィックが綺麗だろうと、ゲームセンスというある種の【輝き】がなければ、そのゲームは沢山あるゲームの中に森の中の木の如く埋もれてしまいます。
    家庭用と違い調整が利くから、1本幾らで売る物と違い基本無料だから、お互い色々と違う部分ってありますよね。
    そういう観点で見ると、家庭用>ネトゲという感じが私の中ではあります。売ってから不具合発覚ではまずいですからね。
    ですが、それは【今まで】の話。ネトゲだって課金があるならしっかり作り込まなければいけません。

    長くなりましたが、鈴蘭さんが漠然と不安に思っている所はこの辺もその一要素なのかなと記事を拝見して思いました。

    何にせよ、何も先を見ずに開発を進めている訳でもないでしょう。とすれば、今がお祭りなら後のリスクを承知で参加して楽しんでみるというのも良いかもしれません。
    先を見て行動するのも大事ですが、あまりに石橋を叩きすぎると渡ってる間に隣に新しい橋が架かる事もある訳で。(大体このパターンですけどね)

    元も子もない言い方をすると、このゲームにおける文化とは『変わらない』という事かもしれません。(←相当言葉を選んで柔らかいオブラートに幾重も包んでみた結果の表現ですw)

    何とも訳の分からないコメントになってしまいました。ご容赦くだされ。

    \アッカリーン/ #- | URL | 編集
  • 2014/11/21 (Fri)
    12:00

    (´・ω・`)なんと、クマの正体はトナカイだったのか!

    ( ・᷄ὢ・᷅ ) ・・・

    ( 'ω' )。о0(鹿鍋やったー

    eryth #- | URL | 編集
  • 2014/11/24 (Mon)
    22:52

    おう、もう実装されたんだ
    よっしゃ遊びにいきまひょ

    サギリ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する