独り言 その五百四

 大きいだけの鈴蘭です。

  ようこそ新世界へ(´・ω・`)ゞ

 …そんな文句が頭に浮かぶかのような。
 日常の変化の訪れを感じさせる日であったようにも思います。

 EXHにULTの実装。
 しかし…これに関しては、いま言うべきことはありません。

 かねてより、一つの試金石になるのではないか…という見方をしていた鈴蘭でしたが。
 今日、実際に自分自身の目で見て、手で触れて、それらを踏まえ考えて。
 某かを得ることが出来たように思います。

 …後は、周囲の状況を注意深く見て。
 これが向かうべき先なのか。
 これが越えるべき壁なのか。
 これが忌避すべき枠なのか。
 それを鈴蘭なりに判断したいと思います。



■今日のニークス
 今日のアプデでは、インターフェイス関係の改善もなされました。
 個人的に特筆すべきは、フレンドリストの機能拡張でしょうか。

 同一ブロックに居るフレンドのオンラインステータス『PT参加希望』や『離席中』を、リスト上から確認できるようになったり。
 ログインコールの受信設定をしているフレンドに、リスト上にシンボルマークが表示されるようになったり。
 リスト上のフレンドに、5色の管理用フラグを付けることが出来るようになったり。
 今まで、ありそうで無かった機能が実装されました。

 特に、管理フラグの実装は切望していた…と、言っても良いでしょう。
 『フレンド』と一括りにしても、その全ての人と等距離に付き合いがある訳でもありません。
 フレンドリストに並んだ人達とは、それぞれに違った距離があるのです。

 それを視覚化できる。
 予め仕分け、グループ化することができる。

 …それは、きっと便利に違いありません。
 インして早速、フレンドリストに色を乗せていった鈴蘭です。

 この人は赤。
 この人は青。
 黄色はこの人。
 この人は青の人と親しいし、青で。

 ただ…こうして色を着けて、その便利さを感じながらも、一方で思ったのです。

  『これは本当に便利で…そして、正しい分け方なのだろうか?』と。

 グループ分けといって…明確に分けられる人というのは、果たしてどれだけ居るのか。
 鈴蘭が『赤』としたこの人は、果たして赤一色で語れる人なのか…。
 そんな疑問を感じたのです。

 ソート機能を切望していたことに違いはありません。
 …しかし、実際にこうしてグループに分ける中で痛感したのです。

  『これだけでは足りない』と。

 …顔の見えないフレンド関係ばかりであれば、むしろ良かったのかもしれませんが。
 鈴蘭がリストに色を乗せる度。
 その色と、フレさんの持つ筈の『色』との差を感じました。

 …細やかな要望に応える機能というのは、考える以上に実現が難しいものですが。
 出来れば、今後も改良を重ねて、より実像に近い『色』をリストに表せるようにしていただけたら…と、思います。



■コメントのお返事
 …また後程。
>ナイトワイズさん
 コメントありがとうございます。

 …トナカイですから(`・ω・´)!!
 脱色でも染色でも、植毛でもありません。
 トナカイは、新たなステージに立つのですよ…(´・ω・`)フハハーン



 …あ、お祝いありがとうございます。
 宜しければ、今後ともお付き合いくださいませ。



>erythさん
 コメントありがとうございます。

 私も、サンタ服を着たトナカイを切望していましたよ…。
 白いトナカイの実装には、ガッカリもしましたが。
 …でも、トナカイに罪はないん…(´;ω;`)

 今年のクリスマスは、心の目でトナカイを見てください…。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する