独り言 その四百六十

 大きいだけの鈴蘭です。

 週末は、『お茶の間』の雛さん主催の○×クイズイベントが開催され。
 鈴蘭も優勝賞金を目指し、参加して参りました(´・ω・`)

pso20140913_214622_010.jpg
                   (C)SEGA


 イベント内容に関しては、リオさんのブログ『PSO2時々○○』や雛さんのブログを『もののあはれ』ご覧になっていただくとして…。
 鈴蘭は鈴蘭なりに、思ったことを独り言。



 予告緊急、それもクーナライブに被るという、ある意味狙い通りのタイムテーブルとなっていたこともあり。
 開始前の賑わいは、予想以上となっていました。

 とはいえ、予告絶望ということでレベリングやレア掘りに向かう見学者の方も多く。
 このイベントの『一回くらい…』というコンセプトは、やはり共有が難しいか…と、一人で嘆息もしました。

 各々が求めるものが、何処に在るのか。
 それは、目に見えているようでいて、ひどく曖昧です。

 形にした『機能』を提供するのは簡単でしょう。
 それによって『利益』を得るのも、難しくはないでしょう。
 しかし、それが自身にとって…周囲にとって『楽しい』ものなのか。

 …見えているようで、見えないものだと思います。

 ゲームそのものを目的とする在り方は、間違いではありません。
 ただ、それだけでは『有り得ない』のが、ネットワークゲームというものではないでしょうか?



pso20140915_124330_006.jpg
                   (C)SEGA


 今、ロビーからは満月を見ることが出来ます。

 決して明けることのない、満月の夜。
 …この満月は、まるで人の願望を形にしたかのようです。

 欠ける事なく、満ち足りたまま続く。
 これは人の…変わらない『楽しさ』を永遠に…という、望みそのものではないか、と。



 何をもって『楽しさ』として。
 何をもって『望み』とするのか。

 イベントの中。
 その事に、改めて思いを馳せた鈴蘭です。



 …この感想、クイズイベントの主旨とは掛け離れているでしょうか?
 確かに、クイズそのものを楽しむのとは、違うかもしれません。

 ただ、イベントを通じて、楽しい時間を過ごせた事には変わり無く。
 鈴蘭の心が、一つ進んだのは確かな事です。

 間違いなく、鈴蘭にとっては良い週末となりました。
 改めて、携わった全ての皆さんに感謝を。
 イベントお疲れ様でした(´・ω・`)ゞ



 鈴蘭も独自イベント開催に向けて、気持ちが定まったようにも感じます。
 …この件に関しては、明日にでも触れられればと思います。



■コメントのお返事
 …また後程。
>藍々(ランラン)さん
 コメントありがとうございます。

 今回のスクラッチで出るもの…と、PVを見た時から信じて疑っていませんでいた。
 いやぁ…気が急いていたんですね…(´・ω・`)HAHAHA

 自分のスクラッチ運はかなり悪いと自負していますので…藍々さんのお申し出は、物凄く有り難いのですが。
 肝心の『交換出来る品』が、入手できるものかどうか…;

 今回ばかりは、気合いを入れて削らねばならないようですな(`・ω・´)



>ナイトワイズさん
 コメントありがとうございます。

 デイリーの金策は、ソロでの消化が当たり前になってしまっているところに、多少の疑問を感じなくもありません。

 確かに、新規層への一定の救済策として機能するかのようにも見えますが…。
 実際のところ、得難い『遊び』の部分を削ってしまっていないか、とも思えるんですね;

 カジノは…シューターでの遊びを広げていけないか、考えています。
 確かに、元手とある程度の時間が都合できるのであれば、協力して遊べるものですし…。
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する