独り言 その四百五十一

 大きいだけの鈴蘭です。

 9月。
 月が変わって、EP3に少し変化がありました。

  □対応状況リスト | 『ファンタシースターオンライン2』プレイヤーズサイト

 …かねてから、プレイヤー間でも話題になっていた『ラグ』。
 処理の軽減を図るために、内部仕様の変更などもされていたと聞きますが。
 それでは追い付かないということで、一部の予告開催の緊急クエストにおいては、開催時間を鯖ごとに分け。
 分割開催…という形が採られるようになりました。

 今回、今週火曜日の予告分にあるエルダーを、新たに分割開催とすることが公式発表されました。
 これが今回限りのことなのか。
 それとも、メンテ明けからのスタンダードになるのかは分かりません。

 ただ、こうした事情に明るい人からは、『ゲーム鯖の問題ではなく、IDを管理している認証鯖の問題かも?』などという推測も伺いました。

 …運営によって度々開催される『新規キャラクター作成キャンペーン』。

 ゲームの進行上、あると便利なアイテム類の複数受け取り。
 或いは、クライアントオーダーのクールタイムの制約緩和。
 これらは、プレイヤー側のメリットとして認識されていますが。
 一方で運営側からすれば。
 アカウント単位で管理される、スクラッチ(アクセサリー、髪型、ボイス等)の売上増。
 各キャラクターの装備等の経費で、メセタの消費拡大を…という部分でメリットがあるのでしょうか。

 …あまり、こうした事情に明るくないので、これが正しくメリット・デメリットの関係にあるのかは分かりませんが…(´・ω・)

 当初は、この関係で成り立っていたものに。
 キャラクター単位での挑戦権が与えられる、緊急クエストが加わって。
 ゴールデンタイムにおける、キャラチェンジによる処理が短時間に集中するようになり。
 プレイヤーの『複数キャラ』というスタイルが、運営にとってのデメリットへと変わっていったように思います。

 売上の上では複数キャラを維持してほしいが、緊急クエストでは複数キャラの挑戦はしないで欲しい。

 それが運営の正直な気持ちでしょう。
 …しかし、言い方は悪くなりますが。
 ゲームとして提供される以上、システム上の穴を見つけ、そこに付け込むのがプレイヤーです。
 そう作ってしまった以上は、落としどころを新たに作るのは容易ではないように思います。。

 『今まで出来たのに、これからは出来なくなる』…そうした不自由に、人は抵抗を感じるものですから。

 …複数キャラを回す。
 そうしたゲーム上の『利益』を求め、楽しさを感じるまでもなく。
 ゲームとしての『面白さ』の中に、楽しさを見つけられる形になってくれれば…とも思う鈴蘭です。



 いつしか『利益』を求めている、外ならない当の鈴蘭。
 今感じている、私の楽しさは、果たして面白いのでしょうか…?



 …今日は、週末にフレさんから伺った別の話を…とも考えていたのですが。
 突如として飛び込んできた、このお話をすることとしました。

 纏まれば、また明日にでも呟きましょうかの…(´・ω・)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する