独り言 その四百三十七

 大きいだけの鈴蘭です。

 過日。
 350万ID記念キャンペーンの期間中、毎日当日限りでヴィジホン端末から記念品が受け取れる事を、GJでフレさん達にお知らせしました。
 …というのも。
 案外『当日限りの受け取り』を知らなかったり。
 そもそも『受け取れる』のを、知らない方が多かった為です。

 実は、鈴蘭自身が初日の記念品を受け取り損ね、『ああ、こうなってたのか』と体験をもって知った口で…。
 翌日のGJで、皆さんにお知らせすることにしました。

  『キャンペーン報酬は当日限定。ヴィジホンを要確認!』※文は微妙に違います。

  (´・ω・`)よし、GJ送れた…。

 フレさんにお知らせして一安心。
 一眠りして仕事に向かい。
 電車の中、携帯からブログを書いているところで気付きました。 

  (・´ω`・)あ…私、今日の分を受け取り忘れてた…。

 …いつもながらに、詰めの甘い鈴蘭です。



■考えすぎ?
 目の前にプリンがあります。
 生憎と料理に暗い鈴蘭には、このステキお菓子がどのように作られるのかは知りません。
 作り方を知らねば味わえないモノでもありませんし、知らない事に不都合を覚える訳でもありません。
 幸いな事に我々の生活圏では、店に行けば様々な種類のプリンを気軽に買い求めることが出来ますから。

 量産品のプリンの多くは、プラスチックのカップに入って売られていますが。

 小皿を準備して、カップをひっくり返して、底のツメをプチリと折る。
 そうして現れるのは、お馴染みの形のプリン。

  (´・ω・`)…なんというか、幸福を感じる形だなぁ…

 子供の頃、多くの人が思った事に。
 『もっと大きなプリンは出来ないのかな?』…なんてものがあるかと思います。

 聞けば、何処ぞでは『バケツプリン』なる巨大プリンがあるとか。
 しかし実際のところ。
 プリン自体の強度から、大きくしては形が保てずに崩れてしまうそうで。
 大きなモノを作ったところで、幸福な形のプリンは出来ないそうです。

 …でも、考えれば不思議なものです。
 形を崩しても、プリンとしての風味が変わる訳ではありません。
 ですが、カップに入っているものを、誰もが『プリン』と称したとしても。
 カップから出して崩れてしまったそれを、『プリン』と称する人は多くないのではないでしょうか?

 自らのあるべき形が、なんの扶けもなく。
 …それだからこそ、人は認められるのかもしれません。

 カップに入っていなければ、プリンでいられないというのであれば。
 そのカップにこそ、意味が出てきてしまうようにも思う鈴蘭です。

 大事なものはカップでしょうか?
 それとも、中身のプリンでしょうか?



■コメントのお返事
 …また後程。
>白犬わんこさん
 コメントありがとうございます。

 私なんかは、極度の面倒臭がりなので。

  (´・ω`・)…わざわざ会いに行かなくても、ブログ読めるし…。

 なんて考えて。
 動かないままに、無為に時間を過ごしてしまいます。

 鈴蘭からして見れば。
 思い立って動くことのできる、その行動力にこそ憧れるのですよw



>おとうふさん
 コメントありがとうございます。
 こちらこそ、わざわざ訪ねて頂きありがとうございました。
 本当は、おとうふさんのイベントなどにも参加したいところなんですが…。
 盆暮れ正月関係なく、夜に仕事がありまして…。
 なかなか思うようには行きません;

 何かの折にでも、またお相手してくだされ(´・ω・`)ゞ


 …私も『少し派手なブロック移動』という気持ちで動いてみようかなぁ。



>テチさん
 コメントありがとうございます。

  クマの胸像:設置コスト1
  テムジン像:設置コスト2

  (´・ω・`)この違いの意味がわかるわね?
  (´・ω・`)匠の業をもってしても、覆らないのよ?
  (・´ω`・)そこの煎餅蒲団、畳んじゃうわよ?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する