独り言 その四百二十七【中途】

 大きいだけの鈴蘭です。

pso20140727_114744_010.jpg
                    (C)SEGA


 週末、フレさんの部屋にて。
 こうしたセッションも、いいものですね…(´-ω-`)



■考えすぎ?
 先日の独り言で触れた『効率』。
 鈴蘭は、この言葉を『遊ぶ上での手段の効率化』と捉えている訳ですが。
 『効率』を突き詰めるには、手段を最適化するだけでは足りない事も有り得ます。

 防衛戦で例えて言えば。
 12人の人を揃えること。
 近接、射撃、法撃のバランスをとること。
 キャラクターのレベルが高いこと。
 参加者の装備が整っていること。
 参加者の技能が基準以上であること。
 …そうした、前提を整えるところから始めるのが、本当の『効率』です。

 …ただ。
 鈴蘭の中では、この『効率』は『選良』であろうと思っています。

 遊び相手として好もしい。
 …その基準は、何処にあるのでしょうか?

 このアークスシップの中。
 多くの人と乗り合わせた訳ですが。
 数値で見えるところに、遊び相手の基準があるのでしょうか?
 それとも…別の何かに、遊び相手の基準があるのでしょうか?



 目的によって手段が変わるのは当たり前です。
 クエストクリアを目指すのであれば、その為の手段…『効率』を求めるのはおかしい事ではありません。

 ただ…手段の一つとして、友人を変えることが出来るものでしょうか?

 『効率』を求める上の前提。
 それを整えるには、強い人、上手い人が望ましいのでしょうが。
 …しかし、私達はそうした都合で友人を選んだのでしょうか?



 少なくとも、鈴蘭が望む遊びとは。
 そうした『効率』の前提を外れて、友人と『効率』を求めることを指します。

 …果たしてこれは、矛盾なのでしょうか?

 確かに、これでは最高の記録は望めないかもしれません。
 しかし、最良の結果は望めるように思うのです。

 『効率』の前提の為に、友人が要る訳ではなく。
 共に居る友人の為に、『効率』を…最善を尽くす。

 こうした遊びに、満足を覚える鈴蘭です。



■コメントのお返事
 …また後程。
>えれんさん
 コメントありがとうございます。

 ぎゃっぷ…萌えですか(´・ω・`)
 白詰草のキャラに萌えはないのですよ…(´・ω・`)タブン
 期待されても、そのハードルは越えられるかどうか…;

 効率、非効率は選択肢の一つで。
 どちらが良い訳でも、どちらが悪い訳でもないでしょうが。
 楽しさを求める上で、どちらかに偏ってしまいがちになるもののように思います。

 そこから他人を見て『変だ』と言っても…ね(´・ω・)=3
 ある意味、お互い様なんじゃないかな…と、思ってもみたり。

 答えが出そうで出ない問題ですし。
 えれんさんのように、距離を置いて考えるのもアリじゃないでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

  • 2014/07/28 (Mon)
    09:51

    PSO2というゲーム性ゆえなのか、アクションゲーだからか
    はたまたゲームというもの全てなのか…

    効率を求めるというのは自然な姿なのかなと。

    問題はその線引き、どこまでの効率を目指すかによりますよね
    ガチのTAであれば職の組み合わせまで固定する必要がありますし
    レア堀ならば、ボス直かS評価か部位破壊ありなし
    例え武器縛りのような遊びプレイでも、クエクリアを目指す以上
    効率化された立ち回りを目指すものですよね

    各々、プレイヤーによってもクエストによっても
    意識がかわってくるわけで、一体どこまで詰めるのか
    PTを組む以上、この意思統一が必要不可欠じゃないかと思います

    ただ正解不正解などなく、個人の嗜好によるものであるのに
    一部、最大効率を求めないことにダメだしする人もいるのよねぇ
    お互い尊重しあえる関係だといいのですけど…


    なんか書いてて方向性がわからなくなってきたww


    前にも書きましたが私は古風なRPGerなので
    寄せ集めた面子で、どうやってクリアしてやろうか!!
    手持ちの火力で最大効率を如何にして紡ぎだし、勝利するか…
    そういう挑戦的なプレイを一番好みますね^^

    PLIN #JUGsyThY | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する