独り言 その四十

 大きいだけの鈴蘭です。

 いやはや、人を探して歩くにはアークスシップは存外広い…。
 活動時間帯の違いとかもありますが、無策で臨んでも成果は得られませんでした。
 結局、アークスサーチで尋ね人を探し出してGJを送り付けるという…。
 なんの面白味もないですね。

 WISとか苦手な自分では、これが限界か…。


■考えすぎ?
 PSVitaで今冬稼動開始予定のPSO2。
 クローズドβテストの参加枠5万人に対して10万人が応募したと言われています。
 このブログを書いている段階で10人ほどのフレさんが応募しており、うち4名が落選していました。
 幸い自分は当選していましたが…本当に楽しみにしていたフレさんで、落選してしまった方もいるので、手放しで喜べない複雑な心境です。

 今回のテストでPSVita版の評価をして、気軽に楽しめる形にまとまっているのであれば、新たにアカウントを取って心機一転して頑張ってみるのもいいかな…などと思ってもみたり?

 とはいえ、今年はSA製作を頑張る上でクエストには行かない、と決めたばかり。
 朝令暮改なんてみっともないです。
 
 ところが今日のアプデで新緊急が実装され、好奇心に負けてチームの集まりに顔を出してしまったんですね。
 やはり一度決めたことですし、ここは帰ろうと思っていたところを皆に誤解されて気を遣わせてしまいました。
 単純に、引退を決めた自分がこんな所に出てきて、自分を取り繕っているのがみっともなかっただけなんですよね…。

 結局、そのまま流されるようにクエストに行った訳ですが…。
 こういう意志の弱いところは、どうにも治しがたいですね。
 敢えて思い切った決断をした意味がありません。

 新年を機に自分の為のクエストは引退を…と考えて、フレさんに倉庫の武器やユニットを差し上げたりもしたんですが…。
 やはり、わざわざ訪ねて来て下さるフレさんと回るクエストは楽しいですからね。
 新年からも、なんだかんだでクエストには出向いています。
 それに伴って、順調にSAが遅れて行く訳ですねw

 相手に望まれる、というのは有り難いことです。
 自分が誰かのためになる、というのは喜びに違いありません。

 我を通すことにこだわるあまり、それを忘れてしまわないように。
 マイルームに篭る鈴蘭は考えています。




 相変わらず、極端なんだろうかのぅ…?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する