独り言 その三百八十六

 大きいだけの鈴蘭です。

 こうしてブログを始めて。
 ナンバリングは四百に迫るところまで来ました。
 ユニークアクセスは二万を越えました。

 正直、こんなブログがよくもここまで…とは思います。

 フレさんが、更新の手間を嘆いているのを耳にしますが。
 『更新しなきゃ』で書いていては…恐らく長続きしないように思います。

 何も思わず、一日を過ごせるものでもありません。
 一日寝て過ごしたとしても。
 何故、寝て過ごすことになったのか。
 寝ている間に夢は見なかったのか。
 起きた時の自分と周囲はどうだったのか。

 …変化は、日常の何処かにあると思います。

 えてして、日常というものは、自身が『取るに足りない』と思えば、何の変化も見出だせなくなるのではないでしょうか?

 人は慣れる生き物で。
 慣れる事で、倦みを感じる生き物だろうと思います。

 日常に倦みを感じるのは。
 日常の中に在る小さな変化の積み重ねを、『取るに足りない』と思っているから。

 …『取るに足りない』という、その日常。
 本当に、そうなんでしょうか?



 『取るに足りない』何かを積み上げて、ここまで来た鈴蘭です。
 …あなたは、どうですか(´・ω・`)?



■今日のニークス
 犬も歩けば棒に当たる。
 週末、ロビーをフラフラとしていると、ご無沙汰していたフレさんと行き会いました。

 雑談をしていた所で、歯医者さんの往診時間が迫って来て。
 そのフレさんのチームでマルチを組むということで、お邪魔することに。

 かつて、ゆりかごで一度お世話になって以来のこと。
 その時のマルチでは、支援特化のテク遣いの方がおられ、ずいぶん良くして頂いた覚えがあります。

 歯医者さんにご一緒してみると。
 今回も支援特化スタイルの方がおられ、前線の下支えをされていたのですが…。
 改めて『特化』の存在感を実感出来ました。

 鈴蘭の支援は、やっぱり『なんちゃって』の域を出てないないなぁ…(´・ω・`)

 …そんな風に思い。
 なまじ装備だけが立派なので、身の置き所に困ってしまいました;
 ご一緒した方から、装備に触れられる度に『あ、いえ…(・ω・;)』と。



 もう少し。
 装備に負けない鈴蘭になろう…うん(´・ω・`)
スポンサーサイト

コメント

  • 2014/06/03 (Tue)
    01:04
    No title

    PT戦闘において連携を意識して行う場合、相手の職に対して自分がどうすれば相手は連携しやすいのか?
    連携までは行かなくても、PT全体でよりよい動きはどういうものなのか?
    という事を考えていくことになります
    一番手っ取り早いのは、その職を実際に自分でやってみる
    そうすればおのずと、こういう時にこうしてもらえると助かるというのが見えてきます
    逆にこうされると困るというのも見えてきますし、その職の得手不得手も実感できます
    とはいえ、そうそう時間も取れませんし、職を育てるのは大変ですし、職そのものへの向き不向きもあります
    きっちり装備整えようとすると、とんでもない量のメセタが消えますし
    あとは手の空いた時間に情報を集めて、自分なりに考察しておくとか……かな?
    支援の場合、バフの効力時間、周囲メンバーのHP、ザンバ、メギバを炊くのか、テリバで集めるのか
    PSO2の場合は攻撃すらも、攻撃して敵の頭数を減らすのか、複数エネミーのHPをまとめて削るのか、
    状態異常付与をするのか等々
    4人PT、マルチエリアでの12人でも動きは変わってきます
    (自分を含む)12人に対してレーダーを見て、エネミーの状況を見てどうするのが最善手か?
    どの職であろうと数秒から数十秒先、さらにその先を見据えて手を打てる人は本当にすごいと昔やったMMORPGでの感想でした

    ナイトワイズ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する