独り言 その三百八十三

 大きいだけの鈴蘭です。

 梅雨も定かではないリアルでは、日中最高気温が早くも30℃越え…などと言われ。
 あっという間に梅雨を通り越して、真夏のような有り様です。

 …そんなリアルとは対照的に、PSO2ではナベリウスの雨が今なお降り続いています。

 鈍色に染まった仮想の空を見上げても、一向に晴れ間は見えてきません。
 何れ、この雨も上がるときが来るのでしょうが…。

 雨上がりに架かる虹。
 目にする機会に恵まれた方もいるかと思います。

 この雨の先に、美しい虹を見る。
 しかし、そのためには自身が仰ぐ太陽に背を向け。
 空を見上げて、望まなければなりません。

 雨雲の向こうに在るであろう、太陽にばかり意識が向いていては。
 たとえ雨が止み、空が晴れ渡ろうとも。
 どんなに望んでも、虹は見えてこないのではないでしょうか。



■考えすぎ?
 最近、ブログでお付き合いをしている無桜さんの悩みを拝見して、少し思うところを独り言。

 職で為すべき事、周囲から求められる役割。
 それと、自分のしたいこと、出来ることを天秤に載せて。
 そうして釣り合った所が、自身のスタイルというもであろうと思います。

 …しかしながら。
 とかく、火力優先で職の最適化が進められる昨今。
 個人レベルの育成は、ベースとなる構成に火力をどれだけ上積みできるか…というのが、一つの目標になっているように思います。

 前衛においての火力上昇は、敵の殲滅効率を上げる最も単純な解答でしょうが。
 後衛においての火力上昇は…果たして、最適解足り得るのでしょうか?

 …これは、私にはよく分かりません。

 ただ…少なくとも私の在り方は。
 世間で言われる『最適解』ではないかもしれませんが。
 私の考える『最善』であろうと信じています。

 鈴蘭の本職はFoです。
 それも、PSO2には珍しいと言われる、バッファータイプ。
 味方の回復、支援が信条です。

 『このゲームに必要なのか?』…そんな声は聞こえてきます。
 確かに、このゲームにおける支援効果は微々たるもので。
 そんなものより攻撃を…という意見が多数派でしょう。

 ただ、鈴蘭の場合。
 ご一緒する方達の多くが前衛で。
 この方達が敵の攻撃を防御/回避するタスクを、鈴蘭の回復で肩代わりできるのなら。
 鈴蘭一人が周囲の回復に専念することで、全体の殲滅効率を上げることに繋がる筈です。

 …これは、一人の火力を突き詰めるスタイルとは違います。

 ここでは、回復を例に挙げましたが。
 他にも、雑魚の誘引などで前衛の視界を広げる…そんな支援も有り得るのではないかと思います。

 …必ずしも、火力に拠らない遊び方。
 誰かに『これが楽しいのか』と問われれば。
 鈴蘭は迷わず、『楽しい』と答えられますが。
 これは、必ずしも万人が持ち得る解答ではないでしょう。

 故に、鈴蘭が信じる『最善』です。

 自分のスタイルに悩んでいるというのなら。
 まず、自分が何をしたいのか。
 立ち返って、そこから考えはじめるのも良いかも知れません。

 もしかすると。
 忘れていた、自分だけの『最善』が見つかるかもしれませんから。



■コメントのお返事
 …また後程。
 
>ククリーさん
 コメントありがとうございます。

 今のように余所見しつつ、ロビーでニコ生を試聴しても。
 映像を見たリアクションがズレたりして…醒めた雰囲気が漂っているようにも思うんですよね…;

 ロビーのスクリーンで放送する事に、技術的にどれだけの困難が伴うのかは素人に分かりませんが。
 出来れば実現して欲しい…と思います。

 ただ。
 ロビーでの動画再生を実現したとしても、vitaのユーザーが恩恵に預かれない形には変わりが無いので。
 もう一歩進んで、皆が同時に楽しめる形…というものを、実現して欲しいですね(´・ω・`)
スポンサーサイト

コメント

  • 2014/05/29 (Thu)
    02:14
    No title

    私はFo,Teでプレイすることがほぼ全く無いので、テク職の詳しいことは分かりませんが、
    いつもいいタイミングで回復してくださる後衛の方には頭が上がりませぬ。

    小生の頭の中にはキャス子の画像と炸薬しか詰まっていないので、
    誰よりも高い攻撃力で、誰よりも早く敵を倒すことが至上、だったのですが、
    最近はいかにスタイリッシュな戦闘を演出するかに重きを置いておいます(?)
    強いからといって同じPA連打とかは画的につまらないですし、
    折角作ったキャラが所狭しと動き回るのですから、カッコよく戦わせたいものです。
    楽しくなければゲームじゃありませんしねぇ。

    δにゃーそ #Trg0rusM | URL | 編集
  • 2014/05/29 (Thu)
    08:59
    No title

    突然の部屋の訪問を、思い立ったが!でやってしまった人です。
    失礼いたしました・・・<(_ _)>
    また、よろしくお願いいたしまする。

    プレイスタイルは、人それぞれでいいと思ってるので、私もどちらかとゆーと、最善はつくす・・・ですねぇ。
    おまけに?に、自掘りこそがこのゲームの楽しみだと思っているので、火力に関しては、以下略(笑

    よく言い聞かせてる言葉に似てますね・・・
    間違ったと思ったら、立ち止まって振り返ってみたらいいんやでー?
    ってねー・・・

    あ。去年の感謝祭の大阪に行かれたんですね・・・
    うちも、一家で行った口で、ひじょーに大変でした(^^;
    が、今年もそーなりそーな感じなので、時間的にはどーしよーかと考え中です・・・

    Kまめこ #q1cvaNjE | URL | 編集
  • 2014/05/29 (Thu)
    09:47
    No title

    火力特化が最適解!
    今のPSO2はそんなバランスに見えますが
    各職をやってると、そこまで極端でもないかなと感じることも…。

    私は新しいミッションが来るたびにいろんな職を試すタイプ、
    ちょっとありがたがられるニッチな職を選ぶ傾向にありますw
    (襲来はタリゾンテク系、アーム戦ではRaでWBみたいな)

    火力と支援のバランス、結局のところ自分で判断するしかないのですが
    ありがたい支援・脳筋とありがたくない支援・脳筋…
    いろいろ職をかえ、視点をかえるとおのずと見えてくることもあるのかなー

    PLIN #JUGsyThY | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する