独り言 その三百五十二

 大きいだけの鈴蘭です。

 少し前の事になりますが。
 Esuteruさんから『こんな人が居るよ』と教えられ、あるブログを訪ねました。
 その方は、鈴蘭と同じく自掘り縛りをしていて。
 毎日を桜を眺めて過ごす、怠け者の鈴蘭とは違い。
 欲しいものを目指して一直線。
 クエストに日々精を出しておられました。

 自掘り縛り…。
 マイショップで多くの武器や防具が取引出来る以上、『装備が無くて;』という言葉は『(買う)お金が無くて;』と言うに等しい現状です。
 そうした中、敢えて面倒な道を選ぶのは…余程の物好きと見られることでしょう;

 その時々の、流行りのアイテムを使用する事に意義がある。
 …今の風潮には、そうした面があるようにも思います。

 しかし、流行り廃りの入れ代わりは激しく。
 装備の更新を自らのドロップだけで賄うのは、余程の幸運に恵まれなければ叶いません。
 常に流行りの先頭に…というには、膨大な手間と暇が必要です。

 それを補うのが、アイテムの売買システム。
 手間と暇が掛けられない人が、メセタを代価にアイテムを得られる仕組みです。

 メセタさえあれば、たいていのものは揃います。
 この仕組みを見れば、『レアは買うもの』…そうした考え方も出来るかと思います。

 しかしそれは、普遍の価値をメセタに求めている事の裏返しではないでしょうか?

 その考えは、ハクスラにおいて私達が求めているであろう『アイテムを獲得する喜び』からは、離れてしまっているようにも思うのです。

 …確かに、『メセタを貯める』そこに喜びを見出だす在り方もあります。
 ただ、少なくとも鈴蘭は…それのみに傾倒できるほどに割り切れていません;

 獲得したアイテムを『商品価値』だけで計るのは…正直、寂しさを感じます。

 流行だから。
 高値だから。
 それは、アイテムを求める立派な動機です。

 ですが、思うのです。
 自分に素直に楽しめる在り方であるのか。
 何かを妥協して、結果を求めていないか。

 自分の認める何かを見極めて。
 メセタであれ、アイテムであれ、何かであれ。
 そこに、疑いのない『満足』を得たいと望む鈴蘭です。



 そのブロガーさんが、これからも楽しめる事を願っています。
 頑張ってくださいね(´・ω・`)b




 …またしても、まとまり切らなかった…ね(´;ω;`)
スポンサーサイト

コメント

  • 2014/04/15 (Tue)
    01:31
    No title

    (´・ω・`)人それぞれの楽しみ方があるものね。楽しもうとする心がdaijiだとおもうの。

    Eryth #- | URL | 編集
  • 2014/04/15 (Tue)
    20:38

    ヘッポコPSな上に装備すらポンコツなので強い防具購入して立派なARKSに成ったら結婚するんだ(´Д` )

    白ノ衣 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する