独り言 その三百四十八

※2014/04/09 0:30 えりすさんのブログへのリンクを追加しました。
  (ただし、現時点での順序位置は仮のものです)



 大きいだけの鈴蘭です。

 前に触れた事があったようにも思いますが…。

 PSO2を始める前。
 鈴蘭はPSPo2iの住人でした。

 Huでソードを振り回すしか能のなかった、脳筋キャス子の鈴蘭。
 その頃はオンラインといっても、進んで人と組む事もなく。
 専ら一人で遊んでばかりいました。

 やがてレベルが100に到達し、次のレベル帯へと行けるようになったものの。
 すぐそこに壁の存在を感じるようになり。

 『…この辺が辞め時かな』

 そう思い始めるようになりました。


 …そんな頃です。
 一人のFoと出会ったのは。

 未明のソロPTに乱入してきたこの人は。
 自身のテクで頼りない前衛を支えながら、2人PTで壁を越えてくれました。
 その時に思ったのです。
 『ああ、これがネットワークゲームなんだ…』と。

 一人で出来ないことを、こうして協力して出来る。
 その実感を、この時に初めて得たように思います。

 それからの私はソードを手放し。
 テク遣いとしての道を進み始めました。

 テクニックへの適性が低いキャストでありながら、純正なテク遣いとしての戦法を採る変わり者。
 …周囲では、そんな評価だったように思います。

 乱入した野良PTで『キャス子でFo…?』『戦えるものなんですか?;』…そんな風に言われた事もありました。
 …確かに最大火力では、逆立ちしてもニュマには及びませんでした。
 でも、そこに求めているものがあった訳じゃありません。
 あの時に感じたものを得るために、得てもらうために、出来ることをしただけのこと。

 …変わり者で結構。
 出発から、転機を迎えて得たその在り方。
 それが、なにより楽しかったのですから…。


 …それが鈴蘭の原形、原点です。

 最近の防衛戦2を遊ぶ中。
 後衛として、前線で戦う皆を遠くに見ながら、改めて思ったのです。
 こうした在り方が自分には向いている、と。

 何かと言われる防衛戦2ですが。
 それをこうして思い起こせたのは、鈴蘭にとって間違いなく幸せです。



■今日のアークス
 出かける前の事。
 GJの一斉送信を行ったところで、フレさんから忠言を頂きました。
 『会話のドッチボールは止めてほしい』と。

 この言葉で思い返し。
 最近、忙しさを理由にGJへの返答が出来ていない状態が続き。
 それが当たり前になって、慣らされていた自分に気付きました。

 前に出来ていた事が、今は出来ていない。
 大事であることに、変わり無い筈なのに。

 優先順位が変わった…というにしても。
 この言葉の先には繋がる人がいる筈で。
 ただ投げつけるだけでは意味を成さないということを、自身でも解っていた筈なのに…。

 投げ付けるだけの言葉は、鈴蘭にとっては不実です。
 …改めて、大事にしなければならないと思った。
 そんなお言葉を頂けました。

 この場にて、もう一度だけ。
 …言ってくれて、有難うございました。



■業務連絡
 チームフラッグのデザインを、フレさんが考えてくださいました。
 皆さんで一度確認して、ご意見が頂ければと思いますので。
 宜しくお願いしますね。

 …作ってくれたフレさんに、改めて感謝を。



■リンク追加のお知らせ
 エリー’s ノート

 フレさんで、自キャラの容姿(キャラクタークリエイト、ファッション)にこだわる、えりすさんのブログです。

 自称『全く狩りをしない人』とのことですが…。
 思えば確かに、ロビーでの遭遇率が圧倒的ですね…(´・ω・`)
 でも、そうした方向性で楽しむのも、良いと思うの(´・ω・`)
 コミュニケーションツールとして突き詰めれば。
 結局、行き着く先は同じだと思いますしの(´・ω・`)

 お力になれるかは分かりませんけど…機会があれば、お話などお付き合いくださいな。

 改めて、リンク承諾してくれてありがとです、えりすさん(´・ω・`)b
 これからも宜しくお願い致します。



■コメントのお返事
 …また後程。
>蘭相如さん
 コメントありがとうございます。

 基本はその通り…楽しいことに越したことはありません。
 ただデジタルで繋がった先に在る、生身の人を意識せずにはおれない訳で。
 モニターの向こうの仮想だから…と、現実より軽んじるのは危険だと思っています。
 取捨選択の自由はあるでしょうが…。
 大事にすべきものを誤りたくはないものですね(´・ω・`)

 それでは、肝心の一期一会も、果たせなくなりそうですし;
スポンサーサイト

コメント

  • 2014/04/09 (Wed)
    00:58
    No title

    えっ?自分、鈴蘭さんの一言楽しみ・・・とまで行かなくても興味深いですけど?
    自分なんかFUN目的だけですからね(苦笑)
    GJとメールについては、送信先のグルーピングでも出来ればいいのに。
    ・・・よし!運営にメールだ!w

    藺相如 #- | URL | 編集
  • 2014/04/09 (Wed)
    09:56
    No title

    これは中々にデリケートな問題ですよね
    私は相手の顔を想像しながら考えてメールを送るタイプ
    だから、その相手から機械的な返信がくると温度差を感じてモヤっと
    しちゃう、面倒なタイプでもあるw

    これPSO2じゃなくてPSUの時の話なんですけどね…
    PSO2でも基本的なところは変わらないのですが
    GJ自体、一方的な雰囲気がありますからねぇ。。
    だからGJに関しては気づいたとき、気が向いた時でいいやって
    スタンスになってますね、貰う方も送る方も^^;

    あ、でもフレパ使うと必ずフレパありがとGJくれる人がいて、これは何気に嬉しいです
    今ではフレパ使用率No.1で衣装とかの感想添えてGJ返してますね
    ちなみに、野良で一度会ったきりの人ですw


    GJは貰ったかどうか一目でわかる仕様ではないですし
    かといってメールは使いにくいのがちょっとねー
    PSO、PSUは文字数少ない分手軽でよかったのですがね
    簡易メールという形で復活してくれないかな…うん、ないねw

    PLIN #JUGsyThY | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する