独り言 その三百七

 大きいだけの鈴蘭です。

 最近、独り言を聞いて頂いている方が増えました。
 この状況は嬉しくある一方で、不安もあります。

 鈴蘭の独り言…繰り言を呟くようなブログです。
 PSO2関連のブログとしていますが、内容的に相応しいのか書いている当人ですら、甚だ疑問に思っています。

 これはプレイ日記には違いありません。
 日々アークスシップで過ごす中、感じたこと、思ったことを書いています。
 ただ、『PSO2をしていて思うこと』というよりは。
 『ネットワークゲームをしていて思うこと』という方が近いでしょうか…。

 需要の有る無しに関係なく始めたものなので。
 こうして、三百を超える記事を上げることになった今となって、改めて思うのです。

 『読んでくれてる人は、ここに何を求めてるんだろう…?』と。

 …ただ…まぁ。
 誰に聞かせるものでもないのが独り言。
 これはこれで良いのでしょうかね…(´・ω・`)



■考えすぎ?
 現在の自分は。
 過去の自分の行動の、結果としての姿であり。
 未来の自分へ向けての、出発点でもある訳ですが。

 言葉を重ねて積み上げてきたこれまでを、過去の自分と現在の自分とを繋ぐ、道筋として振り返ることが出来るのか。

 齟齬は無いのか。
 語れない部分は無いのか。

 これまでの道筋が曖昧では、先へと伸びる未来への道筋も、曖昧になってしまわないでしょうか?。

 歩んできた道が険しく、苦しいもので。
 思い返すのにも、痛みを伴うのだとしても。
 それを自分の過去として振り返り、今の自分へと通じるものと確信出来なければ、先の道行に迷いが生まれるように思います。

 『今』という時間は大事です。
 ですが…『今』という時間が、ただ積み重なって過去となり。
 今まで『今』という過去が積み重なって来た…という、経験だけが見せる未来には。
 果たして何があるのでしょうか?

 自分の在り方を確かにするには。
 未来の自分に、残せるものを持つことが大事なのではないでしょうか。
 …それが何かは、人それぞれでしょうが。
 自身が積み上げて来たものの姿を、正しく見ることが出来ない人には。
 望む未来への道は、見ることが出来ないように思います。



■コメントのお返事
 …また後程。
>サギリさん
 コメントありがとうございます。

 TAも人数が揃えば、SH5種で1時間弱を目安に出来ます。
 ちょっとした時間にでも、ご一緒してくださると嬉しいです(´・ω・`)b
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する