独り言 その三百一

 大きいだけの鈴蘭です。

 定期メンテナンスの時間変更と延長の影響で、ほぼ丸一日アークスシップに足を運ぶことが出来ませんでした。
 クラフト実装に伴い、サーバーの設定を変更した影響でも出ているのか、はたまた機器のハードウェア的な不調なのかは判断がつきませんが…。
 …というか、公式の内容からすると、定期メンテナンスの時間を利用してサーバー機器メンテナンスを行い、終了後から時間を延長して定期メンテナンスを行っていたんでしょうか…?;

 何が原因で不自由をしたのか。
 「お詫び」ではなく、「説明」が欲しいところですね(´・ω・`)


 …そんなことをぼんやり考えて。

  さて、どうしようか…(´・ω・`)

 いつもインしている時間がポッカリと空きました。
 最近、なかなか時間が取れなかったし、落書きでも…と、考えたところで。
 PCを更新したタイミングで、手持ちのペンタブがフリーの描画ソフトと合わなくなっていたのを思い出しました。

  あー…、面倒で放ったらかしだったのを忘れてた…(´・ω・`)

 いい加減、フリーの描画ソフトでなくてもいいような気もするんですが…。
 自分の落書き程度に、投資するのも勿体無いような気がする訳で。

 …でも、考えてるばかりじゃ進みません。
 本職のミウさんに伺ってみて、ソフトの購入を検討しますかの…。

 そうしてあれこれ考えるうちに、時間だけが過ぎていった。
 そんな、物ぐさな鈴蘭の一日です(´・ω・`)



■考えすぎ?
 チームの在り方もそれぞれです。

 THSには、チームブログが存在しません。
 これは、メンバーの負担を考慮したものであることは、以前触れたように思いますが。
 もう一つ理由があります。

 それは、THSの『理念』の前に区切りは必要ない…そう考えるからです。
 ブログ形式での活動報告は、分かりやすいものがあると思います。
 ただ、ブログ形式は明確な『書き手』と『読み手』に分けられてしまいます。

 交流は、望む相手がいて。
 その相手と対等であり、双方向の関係が必要だと思うのです。

 チームでの事を語り、相手との繋がりを語るには。
 チームブログというものは、フェアではないのではないか。
 …そんな思いから、所属に関わらず、全員が参加出来る掲示板をチームサイトのメインに据えました。

 『参加したい』と望む人に、開かれた場所であるように…と。

 まだまだな部分もありますが。
 この『独り言』はチームやフレさんとの関係を、他でもない鈴蘭が思って呟く場所であり。
 掲示板『文読』は、皆が持ち寄った思いを共有する場所であって欲しい。
 …そんな風に考えている鈴蘭です。



 先週末より、他所のコミュニティで発生した事案に関わることになり、イオ横丁も留守にしがちになっています。
 TOPのイベントに顔ぐらい出そうと考えていましたが、所用で欠席。
 やむをえません。

 そんな私の状態を察したのか。
 知らない間に『鹿熊地蔵代行』という、謎な肩書きも出来ているようで…。
 何れ、お稲荷さんのように分社でも出来るんでしょうかね…(´・ω・`)




■コメントのお返事
 また後程…。
>リオ@トリスタさん
 コメントありがとうございます。

 気が付けば三百回。
 大体週五日ペースの更新で、一年と二ヶ月あまり。
 前にも触れましたが…積み上げようと意気込んでは、続かなかったでしょうね;

 日常の些細な事でも。
 その時々で感じた自分、思った自分を覚えている訳で。
 それを書き留めての三百回と考えれば。
 此処に来て良かった…有り難いことだと、つくづく思います。

 リオさんにも、そうした日々が訪れますように(´・ω・`)b



>雛さん
 コメントありがとうございます。

 三百記念で代行設置ですか(´・ω・`)
 それならいっそ、お社でも建てて例大祭でも催して下さい(´・ω・`)
 …もうそこまでされたら、諦めもつきますから…(´;ω;`)

 楽しさの定義。
 チームが提供する楽しさとは。
 メンバーの最大公約数的な楽しさに落ち着くのかもしれません。
 それが最も分かりやすい、『みんなで楽しむ』だろうと思います。

 ただ。
 皆が既に手にしている『楽しさ』を持ち寄って、追確認をするだけでは意味が無いとも思うのです。
 自身が思うそれは、本当に最大公約数なのか。
 そこに疑問を投げかけ、挑戦してみるのが『楽しい』のではないかな、と。
 …そんな風に思ってます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する