FC2ブログ

独り言 その二百八十三

 大きいだけの鈴蘭です。

 新年が明けてからも、あれやこれやと考えてはいるものの。
 果たして今の自分が考えている…と、言えるのか。
 いつの間にか、それすらも分からなくなってきたりします。

 一度思考を切り換えて…とは言いますが。
 そう出来るほどに、器用な人間でもありません。

 思い返して同じ処をぐるぐる回る。
 一人思い悩んでいても、埒が開かないことはあると思います。

 自分自身で違う視点に立つ事が難しいのであれば。
 これと信じる人に、話してみるのが良いでしょう。

 私が此処に来て恵まれた幸運とは。
 そうして話すことの出来る人達と、巡り会えた事に他なりません。
 …まさに、それを実感した年末年始でした。



 …本当に、有り難いことです。



■考えすぎ?
 最近、フレさんがやる気を見せて、自身のプレイスタイルを見直しています。

 それまでは人との接点が無かった事と、プレイ内容に関しての考え方の違いから、セオリーから外れた戦術を採っておられた訳ですが。
 一つの転機を迎えてからは、目指すべき目標に向かって試行錯誤をしておられます。

 自分も、あまり戦術や装備にコダワリがある訳ではありませんが。
 身の回りに詳しい人も多いので、知識だけはそれなりにあったりします。

 自分でも気付いたことには、アドバイスめいた事を言ったりしますが。

 良かれと思ってしている、このアドバイス。
 過ぎれば、このフレさんが本来楽しんでいた『遊び』の幅を狭める事にも通じます。

 今、フレさんの目の前に提示された選択肢は、未知のものでしょう。
 この瞬間、フレさんの遊びの幅は広がったと言えるかもしれません。
 ですが、その選択の先にある場所は、果たしてフレさんにとって遊びやすい環境であるのかどうか…。
 それが鈴蘭には分かりません。

 このフレさんには。
 選択した先にあるものを見て、知って貰った上で。
 変わらず『自分であること』を、大事にして貰いたいと思うのです。

 人を染め上げて行くのは簡単ではありませんが。
 人は一点の朱で、知らず染め上がって行くものでもあるように思います。

 鈴蘭の言葉の意味を、鈴蘭自身が誤ってはならない…。
 未知に触れ喜ぶフレさんを前に、そんな風に考えた鈴蘭です。



スポンサーサイト



コメント

  • 2014/01/04 (Sat)
    00:31
    No title

    雛ですよー(*'ω'*)

    こちらでは今年度初なので、改めて挨拶を。
    あけましておめでとうございます(*'ω'*)
    今年もよろしくお願いしますね♪

    『考える』のと『悩む』はまた違くて、
    それこそ『何故悩んでいるのか』を『考えて』しまう故に、
    ぐるぐると回り続ける事にもなりかねます。
    『考えた』結果、一人で見出せない答えだと解ったのなら、
    一人『悩まずに』誰かに話すのが、案外と近道でベストなのではとも思う雛です。

    と言っても、私はどちらかというとループに陥るタイプなのですがねw

    そのフレさんがどのようなスタイルを楽しいと思うかにもよるでしょうが、
    好意が好意として取られない場面もありますし、この辺は難しいですねえ(´・ω・`)

    雛 #- | URL | 編集
  • 2014/01/05 (Sun)
    05:56
    No title

    わたしも234に混ざるまでは人との接点が少なくてタッグでの活動がほとんどでしたねぇ
    もっと周りに合わせた行動をとれるようにならないと・・・


    しかし団体となると付き合いが広く浅くになりますなやっぱ(・ω・`

    サギリ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する