FC2ブログ

独り言 その二百六十一

 大きいだけの鈴蘭です。

 自分が管理人をさせて貰っている『文読』ですが。
 先日の『皆から等距離に』という部分を鑑みて、同じく掲示板を管理している雛さんにお願いして、チームサイトに掲載しているものと同じサイトパーツを、個人ブログの方に付けて頂きました。

 利用者間の共有物…ということで、印象付けが大事かな、と;
 形から入る、日本人らしい考え方かもしれませんね;

 他にも協力を打診していますが。
 この方法がベストなのかと問われると、自分にも分かりません。
 ただ、少なくとも『これで大丈夫』というものではありません。
 これに加えて、利用者の啓発を進めないといけないでしょう。

 具体案はまだ固まってはいませんが…。
 あくまでも、これらを皆で。
 …その考え方を、忘れないようにしたいと思います。



■今日のニークス
 上で触れた件で雛さんとやり取りする中で。
 『お茶の間』で開催されていた『かっこいい選手権』の結果が出た事を知りました。
 
 …おー…鈴蘭が一位か…。

 例のハトウリンドウの切り抜きSSが、好評だったようです。
 『狙ってみようじゃないか…(´・ω・`)フフフ』の言葉通りの結果になったのは、満足すべきところなんでしょうが。

 ただ、この手の演出効果を狙ったSSが、今後増える可能性が出てきた訳で。
 描画能力に依存する部分も大きいですし、手持ちの環境によっては参加者にとって厳しい事になるかも知れません。
 この辺は、もう少し違う形での工夫を考えるべきだったかな…と、省みたり。

 テーマを絞ったコンテスト開催も、雛さんは検討しているようですし。
 次は『絵として面白い』という部分に注目できる工夫を、考えてみたいものです。
 …すずっくまには、難しそうですがね(´・ω・`)



■今日のアークス
 チームサイトで触れていますが。
 土曜日にTOPのたいちょうさんのご招待を頂いて、イベントに参加してきました。
 先日チームに仮加入して頂いたハスワリさんや、そのフレさんは、こうしたイベントをこそ望んでいるんだろうと思い、お誘いして。
 直前に急遽参加の決まったフレさん達とミウさんとフィオナさん、野次馬に来たつもりが、そのまま参加してしまったEsuteruさんとエリさん。
 後は…雛さん達が途中参加(?)でしたでしょうか;

 気付けば結構な人数が来てますね…。
 事前に誘い合わせる事が出来れば良かったんでしょうが、この辺は鈴蘭が至らないところでした。
 次にはこの失敗を活かしたいです;

 イベントは参加人数70人と大変大きなものでした。
 しかしながら、流石に回を重ねたイベントだけあって、大きな混乱も無く、進行もスムーズであったように思います。
 こうした面は、参考にしたいですね;

 TOPの皆さん、進行おつかれさまでした。
 鈴蘭のお誘いに乗って下さった皆さん、ありがとうございました。
 お蔭さまで、良い週末を過ごすことが出来ました(´・ω・`)b



■コメントのお返事
 …朝までには必ず…;
>noutさん
 コメントありがとうございます。
 CCRや願い星でやっている画像投稿を、なんとか広められないかな…と前から考えていたんですよね。
 ホームページ作成が、一番凝った形を実現できるでしょうが、管理人が必須となり、『みんなで作る』という感覚から離れてしまうように思うんですよね;

 Flashの導入というのは、自分も考えて…同じように環境依存の問題が出る以上、みんなが見られるとは限らない、という点が気になっています。
 工夫すればイロイロ遊べそうなんですが、それはアルバムとはまた別のモノになりそうですし…;

 管理の手間なく、『これだっ!』というサービスが無いのが、悩み所です;



>ハスワリさん
 コメントありがとうございます。

 撮影のお題達成が、床掃除前提になるのは承知の上です;
 それでもなお…という、ノリを大事にしたいところですね。
 
 スキルアップを目的にするにしろ。
 普段の遊びの中では出来ないこと…という場を。
 真剣に馬鹿が出来る場を提供出来れば、万々歳だと思うんです。

 …私個人の考え方なんですけどね;



>雛さん
 コメントありがとうございます。

 はい、くまくま(´=ω=`)ノシ
 アルバムは…利用者の状況によっては、確かに上限数が少ないと、更新頻度が上がって、どのような管理形式であっても運営が難しくなりそうですね;

 アルバムのサイト作成は、余程凝ったものを要求されない限りは(THSのチームサイトぐらい)、対応できると思います。
 『文読』を取得したIDが、まだドメインを取得していないので、これを使って直ぐにでもサンプルは作成出来ます。
 仮にやるとしたら…という事で、実際に見てみたいというときは、改めて声を掛けてくださいな。

 …掲示板、利用促進の道は険しいですね;
 同様の悩みは、皆さん少なからず持っておられるようです;
 やっぱり、地道に人を育てるところからやらないといけませんかねぇ…(´・ω・)



>サギリさん
 コメントありがとうございます。
 
 自分撮りの戦闘SSが一番なのかも知れませんが…。
 そこを敢えて、他人が出来ないか? という考えなんですよね;
 デジイチがフィールドで使えれば、一気に解決する問題なんですが…。
 ままなりません…(´・ω・`)

 誰だテメェ、ってことはもう無いでしょう?w
 私達は知り合った訳ですし、SSの端に写ろうとも見分けはつくと思いますよ?
 そのコンセプトでキャラを作る…というなら話は別ですが…。
 
 …もしかして、沼男の存在感に迫れるか挑戦するおつもり…とか?;
スポンサーサイト



コメント

  • 2013/12/02 (Mon)
    17:45
    No title

    ハテ、沼男?

    タイマン撮影で一番危険で確実な方法はボスの後ろに隠れる事ですかねぇ
    解像度大きいモニターなら肩越し視点で撮影して編集するとかもアリかもです

    フレに別ゲーに誘われてなければ堂々と私もまぜてくれませんかーと言えるのですけれども・・・
    (OK、NGはおいといて
    まあ話す人がいるだけでも満足ですがw

    サギリ #- | URL | 編集
  • 2013/12/03 (Tue)
    15:18

    先日はありがとうございました!

    やはり、毎回のイベント参加者が流れを把握してくれてる、ってところがすごく大きいので、今回、初の試みとして、一部、エリアの担当をチーム外の方にもやってもらいました!理由として、☆TOP☆がエリアリーダーすると、☆TOP☆メンバーでパーティーを組みにくくなり、チームとしての交流が深められないため

    少しずつ、進歩していくのが、☆TOP☆のイベントです

    回数重ねるごとに、少しずつでも進歩してるからこそ、やはり、毎回大人数は集まらないと思います

    運営に関しては、まず、資金の準備がすごく楽になりました

    メンバーやフレンドさんからたくさんいただいており、最近は平均して7~10Mほど集まります

    まだまだ積めるべき点はたくさんありますが、まずはみんなが楽しく、それから頑張っていこうと思います!

    たいちょう #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する