FC2ブログ

独り言 その二百五十七

 大きいだけの鈴蘭です。

 今年も残すところ一月あまり。
 …と、言ったところで気が付きました。
 ウチの独り言…満一周年を、既に過ぎてるではないか…(´・ω・`)

 去年の11月23日の初投稿以来一年余り。
 こうして、自分と皆さんとの事を振り返ってみると。
 改めてブログを書き始めて良かったと思えます。

 時間の流れの中で朧げになっていた日々のことが、変わらず此処にある。
 こうして、何かを共有した皆さんと振り返ることができるのは…うん、悪くないです。

 無論、自分の中だけに仕舞ってある事もあります。
 このブログには書かれなかった日常のやり取りや、フレさんとの語らいもあります。
 PCが破損した1ヶ月は、ログすらありません。

 ただ、自分が辿ってきた道筋の中に確かに在ったことで。
 こうして形になってはいなくとも、今に繋がる何かがありました。

 この独り言が。
 それを示す道標…縁になれば何よりです。
 …まぁ、思い出話というには、此処は少なからず不向きと思いますが(´・ω・`)



 新しい一年に向け、三番艦の片隅で今日もひっそり呟いていきます。



■今日のアークス
 はてさて、イベントの進行管理とは、どのようにするのが適当なのか。
 年末に向けて、大きなユーザーイベントが控えている今。
 いろいろと考えさせられるものがあります。

 『お茶の間』の雛さんは、全員が参加者としてイベントに集中できる環境を…と望んでおいででした。
 その考えには共感しつつも、全員が等しく同じ楽しみを得る方法…というのは、実現が難しいと言わざるを得ません。

 規模の大きいイベントであれば、参加者を円滑にイベントに誘導するためにも、進行役が必要になってきます。
 この進行役も含めて参加者に出来るイベント…というのを考案するか。
 さもなければ、進行役に楽しみを見出だす人を『イベントの進行役』として『参加者』にするか。
 …そのどちらかになるように思います。

 企画されたイベントである以上、提供する側と提供される側が存在します。
 全員が等しく同じ楽しみを…というのではなく。
 全員がそれぞれに望む楽しみを…とするのが良いのではないか。

 少し寂しくも感じつつ、そんな風に考えた鈴蘭です。



■コメントのお返事
 Σ(・ω・;)noutさんのコメントに気付かなかった…!
 後ほどお返事致します;
>noutさん
 コメントありがとうございます。

 エンドレススピーカーの本領、見せて貰っても…あ、いえ…ほどほどで結構ですから(´・ω・`)

 アクセサリって、チームルーム獲得が前提でしたか。
 おのれ悪辣な…w

 今のチームルームでは、チームのカラーを出せないのが寂しい限り。
 折角のチーム専用船なんですし、もう少しカスタマイズの幅を持たせてくれても良いと思うんですよね…。

 ミウさんの部屋が完成したら、是非にお越しくださいな。
 (部屋主に断りもなくする発言か、躊躇いがありますけどw)
 そうして『遊びに来てもらえるチームルーム』というのを、目指すんですから。


 …鈴蘭の手腕は…あまり期待しないでください(´・ω・`)オオキイダケヨ?
スポンサーサイト



コメント

  • 2013/11/26 (Tue)
    15:49
    No title

    コメント失礼しますよ(*'ω'*)
    もう一年ですか・・スズックマさんの独り言いつも楽しみにしてますよ(∩´∀`)∩
    これからもご自身の視点で語って頂きましょう!

    イベントに関しては
    参加してくれる方を等しく楽しませるってことは難しいかなとは思います。
    でも出来るかぎりを尽くし終わった後みんなが楽しかったねって言える会を目指します((’’b
    お手数ですがご助力くださいな(’’

    Esuteru #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する