FC2ブログ

独り言 その二百五十三

 大きいだけの鈴蘭です。

 今日…というか、つい先ほどの事ですが。
 チームに新しい仲間を迎えることが出来ました。

 以前より、こちらの独り言にコメントを挙げて下さっていた、ハスワリさんです。

 こうも早くに、新たな仲間を迎える機会がくるとは思っていませんでした;
 チームと言っても出来たばかり。
 理念を掲げ、サイトを作り、お付き合い頂いている皆さんと日々を過ごしつつも、実際のチーム活動は…はてさて;

 こう言ってはなんですが、創設メンバーの3人は『身内』です。
 お互い、どんな人間かをある程度掴んでいるので、『仲の良いフレンド』と『チームメイト』の境界が曖昧になっています。
 これは目指すべき『チーム内でのフラットな関係』なのかも知れませんが、知らず歪んではいないか、当事者には判りにくいのです;

 新たに仲間を迎え。
 『身内』としての付き合いを始める上で。
 今まで我々のそれが、果たしてどのようなものだったのか。
 知ることが出来るかもしれません。

 併せてチームの在り方も、今一度話し合っておくべきでしょうね。
 …チームの理念を実現する上で、個人は日々をどう過ごすべきなのか。

 個人的には、チームの掲げている理念は、目的のための手段だと思っています。
 同じ手段を用いて、何かの目的を達成する…その機能を提供するのがチームであって。
 チームとして固有の目的を持ち、個人を縛るのは違うようにも思うのです。

 上手く纏まっていませんが…;
 少なくとも、チームというものが、個人を超えて存在するものではない…という考えを持っています。

 あー…いけませんね;
 この辺も話し合って、もう少し形にしないとです;
 なんとなく思っていたことを、こうして文字にしてみると…思っていた以上に自分自身で纏められていない事に気付かされました(´・ω・`)



 …そんな、混沌としてきた鈴蘭はさておいて。
 ハスワリさんご自身の考えるチームという疑問に、此処で何か答えが見つかれば…と、思います。



 記念すべき瞬間にSSを撮り損ねたことに、今気付く。
 …鈴蘭一生の不覚…(´・ω・`)グヌヌ
スポンサーサイト



コメント

  • 2013/11/20 (Wed)
    02:17
    No title

    いや・・・落ち着いて考えてみると
    せっかくフレンドになったけど
    あんまり関係のないチームに入って疎遠になっても嫌だなあって
    うまく両立できるほど器用でもないし
    ゲーム自体の結果とか得るものなんて時間で解決するけど
    人の輪は一瞬一瞬が大事なのです


    まあ何か文章が変なのは

    中の人の疲労がキャリーオーバーしてるからです

    ハスワリ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する