FC2ブログ

独り言 その二百三十六

 大きいだけの鈴蘭です。
 
 イベント週間という感じのPSO2。
 ハロゥインというお祭りにちなんでなのか、連日インタラプトランキングが予定され、いつにも増して忙しないですね;
 短時間で複数回を回すイベントならではの感覚なのかも知れません。

 ちなみに、ハロゥインというのはケルト民族に古来から伝わるお祭りだそうで、日本で言うところのお盆に相当するものだそうです。
 死者の再生(転生)を否定するキリスト教の宗派が多数を占める地域では、ハロゥインを禁止する所もあるとか。
 宗教に疎い日本人には、今一つピンと来ないお話ですが;

 こうした異文化が現実でも混在する日本だからこそ、ネットに馴染みやすいのだろうか…、などと思ってもみたり。

 仮想現実に身を置いて。
 種族、性別、年齢、容姿、国籍、職業…あらゆるものを置き換えてみたところで。
 現実世界にある肉体と精神が置き換わる訳でもありません。
 生まれ育った人としての経験は。
 仮想現実で置き換えた人格にも表れます。

 全くの別人を演じる事もできるでしょうが。
 そのためには、日常の全てを別人で生きるだけの覚悟が必要になるでしょう。

 そこに価値を見出だす人もいます。
 そこに楽しさを感じる人もいます。

 それがその人にとっての遣り甲斐であるのならば、相対する人はソコに共感を覚えることでしょう。
 しかし、自らを詐る為であるとすれば。
 相対する人はソコに不安を覚えるのではないでしょうか。

 選ばれた在り方は、相手にとって決して無意味なものではないのですから。

 細かいことは気にしないのがネットの『お約束』ですが。
 自分の相対する人が、自分とは違う環境で生活し、違う価値観を持っている人であるかもしれない…そうした考えは、忘れてはならないでしょう。

 見た目通りの存在では有り得ないことが当たり前の仮想現実。
 言葉や所作の裏に何があるのか。
 それを見誤ると、取り返しのつかない事になるかもしれません。

 『お約束』は知ってて当たり前。
 そんな思い込みから、相手との行き違いが始まることもある。

 …そんなことを、ラタンラッピーを前に考えた鈴蘭でした。



 …戦闘中に何をしてるんでしょうね、私は(´・ω・`)



■コメントのお返事
 下記の続きからどうぞ。
>みうさん
 おっと…時間が前後してお返事が遅れました;
 コメントありがとうございます。

 確かに、主観だけの言葉になってますよね;
 ニュアンスが間違って伝わることに思い至りませんでした><。

 『皆が笑い合える場所をつくってほしい』
 『こだわるものを突き詰めてほしい』
 『人を思い、人の輪を作ってほしい』

 …こちらの方が、より良い…かな?
 言葉足らずで、申し訳ない;;


 明日から連休なので、自分の方で詰めて行けるところは詰めて行こうと思ってます。
 みうさんには、またお話を伺いたいと思いますので、その時は宜しくお願いしますね(´・ω・`)b
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する