FC2ブログ

独り言 その二百二十三

 大きいだけの鈴蘭です。

 先日、PSO2サポーターズサイトの9月度のランキングが発表となっていました。
 この独り言は登録していないので、特に関係はないんですが…。
 ただ、ブロガーと呼ばれるような方達の記事、というのには関心があったりします。

 これもいい機会と思って、ランキング上位のサイトを巡ってみることに。
 …しかし、日に数千人が閲覧に来ているというのは、なんとも凄まじい…( ゚д゚)ポカーン

 そんなブログをいくつか見て回る中で目に止まった、ひとつの文章。
 「コメントに全てお答え出来ていませんが~」といったブロガーさんのコメント。
 
 有名になる…人の輪の中で一目置かれる存在になる、というのは誰しも持ちえる欲だと思います。
 程度の差はあれ「人に認められたい」という欲求は、自己を確立する上では不可欠でしょうから。
 ブログが多くの人に読まれるようになることに、憧れを自覚する一方で。
 望んでも対話が叶わない、その状況を思って悲しさを感じました。

 やむを得ないことなのかもしれません。
 それがある意味、有名になるという事なんでしょう。

 独り言の出発点は、フレさんとの対話…「鈴蘭」を伝え、知ってもらいたいというものです。
 より多くの人に…という欲求はあります。
 しかしその結果、お返事もままならなくなるというのでは。
 鈴蘭の考える『多くの人との関係』とは、違うように思います。

 自分の望む『多くの人』は。
 …多分、ずっとずっと少ないのでしょうね。

 ちょっとした憧れと、自分には厳しい現実を知った、そんな日でした。



■考えすぎ?
 君子の過ちは日月の食の如し。
 論語にある言葉です。
 君子は間違いを犯しても、日食や月食のように一時のことで、直ぐにそれを正す…という意味です。

 日月の如し…ですか(´・ω・`)
 在るべき正しい答えが明白であるのなら、正すのも簡単でしょうが…。
 万人の認める正しさ、なんてものは形而上にしかないようにも思います。
 
 目には見えなくても、形はなくても存在する何か。
 突き詰めると形を失ってしまう様は、まるで蜃気楼のようです。

 天に煌く日月のように、正しい在るべき姿が誰にも等しく見える存在であるならば。
 「戻る」だけで事足ります。
 ただ…時間とともに状況は変化します。
 人はもしかすると、「戻る」だけでは足りないかもしれません。
 あやふやな「正しさ」に戻ったところで、その姿がいま在るべきものであるのかどうか。
 それは多分、誰にも分かりません。

 …蜃気楼のように手に触れなければ、近寄らなければ其処に在り続けるもの。
 出発地も、目的地も、戻るべき場所も。
 常に求めて彷徨って、それをいつまでも続ける。

 形而上の「正しさ」は誰しもが持つのでしょう、
 ただ、形而下の「正しさ」は、形而上にあるものと解っていても求め続ける、その姿にあるように思います。

 諦めずに追い求める。
 形而下の「正しさ」は、動きの中にあると思う鈴蘭です。


  
■リンク追加のお知らせ
 『PSO2時々晴れ
 個人的に、思い出深い縁でお付き合いの始まったチーム「トリックスター」に所属するフレさん、リオ・ハスラーさんのブログです。
 チームでTwitterを利用したコミュニケーションをとっているそうで、今まではTwitterでの発信に限っていたそうですが。
 最近になって思うところがあったのか、ブログを始められたそうです。

 時間帯も合わない事が多く、随分と不義理をしていますが…;
 わざわざのお越し&リンクの申請ありがとうございました。
 普段お会いできない分を、ここでこうして補えれば…と思っております。
 
 宜しければ、こちらでもお付き合い下さいませ。



■コメントのお返事
 以下の「続き」からどうぞ。
 ※最近になって、お返事が見え辛いのではないかということに気付いた(´・ω・`)
  
>ナイトワイズさん
 コメントありがとうございます。

 一般的な機械は、人に比べて事を判断する基準が少ないですからね…。
 人は座るのに手頃な大きさ、高さを持つものを「椅子」と判断しますが。
 単純な機械では、予め「椅子」と決められたもの以外は「椅子」と判断できません。

 人ならではのそうした柔軟性が、対面でのコミュニケーションの空隙を埋めるものだと思います。

 …人工知能の実験だったと思うんですが。
 被験者である人間が、間仕切りされた向こうにいる人間とAI、それぞれと相手が判らないままに対話をし。
 AIとの対話の中で、相手を人間と認識すれば、被験者にとってAIは人間に等しい存在になる。
 …そんな話があったと思います。

 突き詰めると、なんとも背筋が冷たくなるような話になりそうですが…(´・ω・`)
 
 機械のような人間が好まれるのか。
 人間のような機械が好まれるのか。
 …或いは、個人に快楽を与えてくれる存在であれば、その中身を問う必要はないのか…。
 ちょっと…寂しい話ですね。


 わざわざお越し下さりありがとうございます;
 コメントは、どうなんでしょうね…?w
 個人的には、フレさん同士での繋がりがここで出来る…というのも良いな…と思ってもいるんですよね。
 確かに、鈴蘭のブログではありますが。
 鈴蘭との繋がりだけに終始するのも、ツマラナイと思うのです(´・ω・`)

 …いっそ、掲示板でも作ってみましょうか…;
スポンサーサイト



コメント

  • 2013/10/04 (Fri)
    02:23
    詳細決まりました

    バタバタとなってしまいましたが、トリスタのイベントの詳細が決まりましたので、ここに書きますね。
    10月5日、土曜日の22時から、終了時刻未定で、参加は自由です。一応、Vitaから、入る人もいると思うんで、場所をB214ブロックで開催します。それと、コンテスト終わり次第、ブーストイベントを考慮したマルチぐるぐるもする予定です。
    以上になります。
    WGさんに周知お願いします。

    リオでした。

    トリスタ@リオ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する