FC2ブログ

独り言 その壱千九百九拾九

 大きいだけの鈴蘭です。

 今日は殊の外、暖かい一日でした。
 日中は18℃、日が沈んで随分経つというのに、今も12℃はあります。
 雨の一日だったというのに、この陽気です。

 特に…冬の雨というと、冷たさを感じるものですが…。
 今夜の雨は、まるで春の雨のよう。
 雪解けを告げ、芽吹きを助けるかのような、温かさを感じます。

 立春もまだというのに…。
 気の早いこと。



■今日のニークス

 スマホゲームの近況。


 アズールレーンはのんびり周回中。
 META飛龍も完凸しましたし、第三期開発艦ももう少しで揃います。
 ペース的にはかなりゆっくりですが、図鑑達成率100%を射程圏内に収め、イベントを走るに十分な戦力を維持しつつ遊べているので、快適そのもの。
 基礎を作ってくれたからこその今と思うと、感謝しかありません;

 ありがたや。

 アズールレーンは、例年のように旧正月に合わせて色々と追加されるようですが、その辺はまた改めて…ですかね。



 一方のアークナイツの方も…。


 ガチャの引きは、まずまずと言ったところ。
 今回の目玉、このソーンズというキャラも良いのですが…。
 もう一人、ジェイというキャラが良い味を出してまして。


 龍門において『貧民窟の鼠王』と肩を並べる伝説的マフィア『菫』の弟子。
 …と言っても、裏社会の弟子ではなく、足を洗った『菫』の経営する魚団子の屋台の弟子で、戦闘技術などの持ち合わせはない、ただの一般人です。
 それが、知り合いの警官の紹介でロドス製薬の門を叩いて、何故か実戦部隊の隊員になってしまった…という。

 ゲーム中では、魚を捌く手際で敵を切り刻み、切った敵を料理として味方に振る舞って体力を回復させる、優秀なキャラに仕上がっています。
 (現実にされたら引いてしまう光景ですが;)

 しかし、そんな背景、性能などよりも。
 なんというか…野暮ったいのに存在感のある、このキャラクターの絵が良いですね。
 こうしたゲームのキャラクターの見た目というと、「格好いい」「強そう」というものが多く、果たしてキチンと差別化されているのか…一見すると分かりづらく感じることがあります。
 無理に違いを出そうとして浮いてしまったり、痛々しくなっているキャラクターを見るにつけ、こうしたものの制作は本当に難しいのだな…と思います。
 個人的には、「普通だけど普通じゃない」という、このキャラクターは良く出来ているなぁ…と。

 次に育成するのは、このキャラにしますかな。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する