FC2ブログ

独り言 その百九十

 大きいだけの鈴蘭です。

 …気付けば独り言も二百回に届こうかとしています。
 主にフレさんに向けた一般性に欠ける…blogは本来そういうものですが…内容でここまで続くことになるとは;
 ゲームブログでありながら、ゲームそのものに触れない事が殆どですし…。
 正直、何処に需要があるのか…と思わなくもありません。

 至らぬ事に思い悩むのが人。
 似ているようで全く似ていないのが人。
 未知の知識、理解し得ない個性を持つのが人。
 そうした人との付き合いを、距離を無視して出来る此処はやっぱり楽しい場所です。
 …ブログの内容からは、分かりにくいかも知れませんが。
 鈴蘭は鈴蘭なりにPSO2を楽しんでいるんですよ(´・ω・`)?
 
 再三再四言っていますが、PSO2はハクスラです。
 レアアイテムを掘ってナンボのゲームです。
 しかし、流行りのレアは旬を過ぎれば忘れられてしまう存在です。
 そうした物言わぬモノよりも、人の個性が好きな鈴蘭です。

 自分に言葉を尽くそうという姿勢を示してくれる、そうした個性との出会いこそが。
 このゲームにおいて、最も有り難い存在だろうと思っています。



 …そういえば、独り言が百回越えるか越えないかの時に。
 『記念絵が…』とか戯言を言っていた自分がいます。
 しかし、気付けば倍です;
 流石にソロソロ…落書きでも描かないといけないですね;;;



 
■追記
 虚室、白を生ず。

 マイルームの改装に着手してみましたが。
 (A)ルームでモノを置いて、出来る限り自己主張した反動があるのか。
 窓から入る日光が、虚ろな室内を照らす様がなんとも…。

 この雰囲気を維持して、極力モノを置かない方向で、完成させたいところです。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する